「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

頑張る女性を応援する「エイボン女性年度賞2017」

写真前列左から/映画監督・脚本家 荻原直子さん、十和田市現代美術館館長 クリエイティブ・ディレクター 小池一子さん、株式会社東横イン 代表執行役社長 黒田麻衣子さん、車いすテニス選手 上地結衣さん
写真後列左から/エイボン・プロダクツ株式会社 代表取締役社長 中陽次さん、キャスター 国谷裕子さん、作家 原田マハさん、評論家 大宅映子さん、元マラソン選手 有森裕子さん

「エイボン女性年度賞」は「社会のために有意義な活動を続け、人々に勇気や希望を与える女性たちの活動を後押ししたい」という願いの元、1979年にエイボン・プロダクツ株式会社によって創設されました。第一回目の受賞者は女性参政権運動を展開し実現させた婦人運動家であり政治家の市川房江さん。その後も作家の田辺聖子さんや女優の吉永小百合さんなどらが受賞する由緒正しき賞です。

38回目を迎える今回は、エイボン女性年度賞大賞に十和田市現代美術館 館長でありクリエイティブ・ディレクターの小池一子さん、教育賞に株式会社東横イン 代表執行役社長 黒田麻衣子さん、芸術賞に映画監督・脚本家の荻上直子さん、スポーツ賞に車いすテニス選手の上地結衣さんが選ばれました。

それぞれの授賞理由を審査員である、作家の原田マハさん、キャスターの国谷裕子さん、評論家の大宅映子さん、元マラソン選手の有森裕子さんが発表し、トロフィーを授与された受賞者の皆様が受賞の感想などを述べ、会場に訪れた関係者やマスコミが見守るなか華やかに行われました。

40歳で1年の休暇をとり新たなステージへと進んだ小池一子さん

第一線で活躍する皆さんのスピーチはどれも心に響き、自分もこうありたい、こんな風に考えられる人間でいたい、と感動しきりでしたが、特に心に残ったのは大賞を受賞した小池一子さんのスピーチでした。

小池さんは自分の生活のために“仕事をしてお金を稼ぐ”ということを当然のこととして大学卒業後、広告の仕事につき、編集や企画、コピーライティングの仕事に邁進しました。ずっと広告業界の一線で働き続け40歳になった時に、「このままこの業界でやり続けていくのかな?」とふと考えたそうです。「走り続けてきたけれど、いったんこの先の自分の人生を見つめるためにも立ち止まって考えてみよう」と一年弱に渡る長期休暇を取ることにしました。

その結果、小池さんは「美術の仕事をメインとしていこう」と心に決めます。そして「飛び立つ人を応援したい」という想いで十和田市現代美術館の館長を務めたり、日本初のオルタナティブ・スペース「佐賀町エキジビット・スペース」を創設・主宰していくことになります。

そして小池さんにはアートの世界で男性の下で働く“優秀な女性たち”への想いもあります。アートの世界には優秀な女性が多くいる。しかし、男性の陰に隠れて日の目を見ることが少ない現状もある。そんな女性たちをもっともっと表に出していきたい、と仰っていました。

まだまだ女性が男性と肩を並べて同等に評価されているとは言い難い時代。特に今年日本は、国際的な男女平等指数が過去最低の114位を記録しています。社会で、アートの世界の裏方で、働く女性として先陣を切って走り続けてきた小池一子さんだからこそ、感じる想いだと思いました。

同じく芸術賞を受賞した“かもめ食堂”などの作品を監督した荻上直子さんも「今夜は女性の映画仲間とお祝いの会をするのですが、そこで、映画業界の頭の固いおっさんたちの悪口をいっぱい言おうと思ってます」と力強くスピーチされていました。どの世界でも女性が第一線で働いていこうと思ったら、並大抵の苦労ではないですが、特に映画界のような男性社会が色濃い世界ではきっと辛いこともたくさん経験し、今もなお経験し続けているんだろうな、と感じました。

と同時に、こういう女性たちのおかげで私たちは素晴らしいものを観ることができ、また自分たちの人生の選択肢を増やしていくことができたのだな、と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

最後に小池さんは「芸術のインフラ側に光を当てることこそ、もっと日本独自の現代アート・芸術の姿が見えてくるはずです。そのために尽力したい」と仰っていました。小池一子さんはもう80代…ずっと第一線を走り続けてきた女性がまだまだ夢があり、やるべきことがあると仰る姿は本当に眩しく輝いていました。私もこうありたい…というのはおこがましすぎるので…こういう姿勢で仕事をし続けていきたいと思いました!

社会で活躍する聡明かつ美しい女性たちに触れることができた貴重な授賞式となりました。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


エイボンのピンクリボン活動2017が東京ミッドタウンで開催されました!

エイボンのピンクリボン活動2017が東京ミッドタウンで開催されました!

「口紅一本でできるボランティア」として、エイボンの「the company for women」の企業理念の基、2002年にスタートしたピンクリボン活動。今年は靴職人の花田優一さんを迎えて東京ミッドタウンで開催され、多くの人が参加しました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター