勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】 | 大人のワタシを楽しむメディア
勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】フェイスブックやインスタなどに無断で家族の写真をアップする夫。私はSNSが好きではありません。どうしたらやめてもらえますか。

夫は、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSが大好きです。自分一人で楽しむならいいのですが、知らない間に私や家族の写真を撮ってあげているんです。写真を撮るのはいいのですが、いつも私の許可なくアップしています。正直、私はSNSが好きではないし、恥ずかしい気持ちもあります。夫は「お前の友だちとは繫がってないし、見られてないんだからいいじゃん」と聞く耳をもってくれません。そもそもそういう問題ではないと思うんですが…。どうしたらいいでしょうか。(Gさん・39歳)

ここ数年で大きく変化したネットの世界

Getty logo

時代は変わりました。今の世の中、すべての情報がインターネットに集約され、何をするにも、パソコンやスマホが欠かせない存在となりました。
連絡を取り合う大切なコミュニケーションツールであり、地図や交通案内、店舗や会社情報をはじめとする、あらゆる情報を必要な時に瞬時に手に入れることができます。

フェイスブック、インスタ、ツイッターなどのSNS も盛んで、今は動画も主流になっているようです。よりリアルに双方向性の交流ができるようになり、世の中の変化の速さには驚くばかりです。
ほんの数十年前、まったくネットがない時代を過ごした私には、まるで別の星に住んでいるような隔世の感があります。

こうした流れになんとかついていこうと、私もSNSを利用していますが、コラムの告知やカウンセリングの案内、セミナーランチ会などの宣伝など、SNSは確かに便利なツールです。遠く離れていても、繋がっている人の近況がわかり、親近感が得られるのも魅力です。

なぜSNSが嫌なのか、自分の気持ちを分析する

さて、Gさんは、なぜSNSが嫌なのでしょうか。何がどう嫌なのか、自分の気持ちを分析することから始めてみましょう。

Gさんが、SNSが好きではない理由としてあげているのがこちらです。

「写真を撮るのはいいのですが、いつも私の許可なくアップしています。正直、私はSNSが好きではないし、恥ずかしい気持ちもあります」。

自分や家族の写真がネット上であがり、見られるのが恥ずかしいとのことですが、恥ずかしさをクリアすれば大丈夫なのでしょうか。
それとも、ご主人が、許可なく勝手に写真をアップする行為に対して抵抗があるのでしょうか。Gさんの許可を得て、事前に把握していればアップはOKなのでしょうか。
それとも、何かほかに抵抗を感じる理由があるのでしょうか。

SNSがなぜ、どのように嫌なのか、自分の本当の気持ちを再確認してみてください。

文面からは詳しい情報が伝わらないのと同じように、ご主人にもGさんの本当の思いが伝わっていない可能性があります。
自分の気持ちを整理することで、ご主人に思いが伝えやすくなりますよ。

インターネットは危険と隣り合わせ

ポチッとクリックするだけで、あっという間に世界中に発信されるSNSの世界。たとえ、きちんと管理規制され、閲覧できる人を限定したとしても、家族の写真や個人情報などをどこの誰が見ているかわかりません。何が起こるかわからないのがネットの世界です。

私は、仕事で幼稚園の取材をしていますが、今は、子どもを危険から守るために、幼稚園のH.Pのイベント写真も、パスワード無しでは閲覧することができません。また、個人情報の管理も厳しく、他人には安易に知られないシステムが構築されています。
考え方は人それぞれ異なり、保護者のなかには、「我が子をもっと知ってほしい! 見てほしい!」と積極的に誌面掲載や公開を望む方がいる一方で、「絶対に顔出しはNG!」「スナップ写真もお断り!」と、ガードの堅い慎重な方もいます。

子どもの人権を守るのも親の役目です。
想像以上に影響力があることを、利用する側も意識する必要があります。便利なだけでなく個人情報漏洩などの危険とも隣り合わせであることを知っておきたいものです。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、何事も行き過ぎはよくない、と私も感じていますが、Gさんはどのようにお考えですか?

このあたりについて、ご主人とは情報共有できているでしょうか。

自分の気持ちや考えを丁寧に説明する

Getty logo

夫婦間では、「伝え方」がとても大切です。
心は見えないので、コミュニケーションが必要になるのですが、自分の気持ちや考えを言語化しても、こちらが思うように伝わっているとは限りません。むしろ、ほとんど伝わっていないと認識しておいた方がよさそうです。

単に「いやだから」「やめてほしい」と言うだけでは、残念ながら相手に伝わりません。こちらの考えを知ってもらうには、根拠と具体性が必要です。とくに男性は、気持ちを察するということが苦手なので、噛んで含めるように、丁寧に説明する必要があります。

パートナーの言動に違和感があったり、嫌な思いをしている場合は、その思いを相手に伝える作業が必要です。避けている限り、現状は何も変わらないからです。

さきほど、「SNSが嫌い」な自分の気持ちを分析しました。それを言語化して、Gさんが嫌だと感じる根拠と理由をパートナーに具体的に伝えてみてください。ポイントは決して感情的にならないことです。
「やめてほしい」と頑なに主張すると、反発される可能性大です。ご主人なりの理由があると思いますので、ご主人の思いも受け止めてあげてほしいと思います。ご主人がSNSが好きなのは、写真をアップする事で反応があるのが嬉しいのかもしれませんね。または、家族の思い出記録として残しておきたいのかも……。
いずれにしても、そんなに妻や子どもの写真をアップしたがるなんて、家族のことが大好きなんですね。

「我が子の安全」を第一優先に考えたテーマを設けると、話しやすいかもしれませんね。また、「この条件なら大丈夫」「ここまでならOK」、回数や期限、プライバシー設定などの妥協ラインを視野に入れておくと、不満が残りにくい穏やかな話合いができますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連するキーワード


家族 写真 SNS

関連する投稿


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


嫉妬しない スルーもしない 他人のキラキラ投稿を受け入れながらSNSを上手に楽しむ方法

嫉妬しない スルーもしない 他人のキラキラ投稿を受け入れながらSNSを上手に楽しむ方法

毎度SNSにアップされる友達の「キラキラ投稿」。美味しいスイーツ、大人買いショッピング…など。「楽しそうだなぁ、リア充だなぁ」なんて、冴えない日常の自分と比べてしまったり、果てはなんだか自分が情けなくなってしまったり…しかしちょっと待ってください! それは違います。大人の女性としてSNSと上手に付き合う方法教えます☆


セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

夫から求められなくなって数ヶ月。楽だな~と思っていたら、ある日いきなり夫の浮気が発覚! これってセックスレスを放置していた私のせい? 夫の浮気は誰でもショックを受けますが、そんなときこそ冷静な行動が必要です。いきなり夫を責め立てるのは避け、まずは自分が今後どうしたいかを考えましょう。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google