差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】 | 大人のワタシを楽しむメディア
差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

なぜ「結婚していないこと」で後ろ指をさされなくてはならないのか

あなたは自分が若い時に社内にいる独身のお局さまを横目でみながら「いい年して余ってる女性ってキツイよね」「ああは、なりたくないね」と陰口を叩いたことはないだろうか?

もしくは今あなたが既婚者だとしたら40過ぎで結婚していない人を知ると「え? ○○さんって独身?」「やっぱりね~」と噂話しにしていないだろうか。

そう、世間的には「独身」であることがウィークポイントになることが多い!
しかも、男性より女性にその矛先は向けられる。

「結婚していること」で後ろ指をさされることなど決してないのに、どうして「結婚していないこと」で後ろ指をさされるのかは“独身者にとってまさに不条理な話し”である。

しかも「結婚することが自分にとっての幸せではない」と独身でいることを選択したとしても、まわりがそれを「良し」とみなさない風潮がある。

だが、もしかして人々が口にする「やっぱりね~」「……だから未だに独身なんだね」は
既婚者達からすると独身者のこんな思考癖や行動パターンやから言われているのかもしれない。

「だから独身なんだよ」と思わせる女性は、今の生活や今の自分を変えたくないという頑ななオーラが出ている

Getty logo

・「『あ~だから独身なのね~』って言われてる人って、頑固なんですよ。今の生活や自分の習慣を絶対変えたくない、これは絶対曲げないって頑なさがハンパない。月水金は必ずスポーツジムで汗流さなきゃいけないだとか、週一はどこどこ行って○○料理を食べなきゃ気が済まないとか、そういうこだわりが強すぎ。以前社内の歓送迎会で『今日はヨガの日なのでパス!』って飛んで帰った独身女性がいました。周囲への気配りもしないで自分のしたいことを優先するっていうのは『だから独身なのよ』と言われて当然」(43歳女性/保険)

――独身者の多くは自分の生活習慣と結婚してしまう。

自分の生活のスタイルが確立されてしまうことで「いまさら男と暮らすなんて煩わしい」と結婚しない道を選ぶ女性は少なくないだろう。

しかし、“自分のライフスタイルが何より第一”というポリシーを周囲に知らしめるのは「わたし人に合わせる気など毛頭ありません」と宣戦布告しているのと同じ。

「自分のペースを乱されたくない」オーラをまとっていては、たとえ仕事の能力が高かったとしても人としての評判はダダ下がり……。

“一人に慣れてしまう”のが危険なのは“常に自分が主人公”となってしまうことである。

他人への配慮が抜け落ちてしまったり、相手に花を持たせることができなくなるのだ。

そのまま歳を重ねていけばいくほど「私はこういう人間なんで」と頑さが増し、孤立してゆくことに……。

「だから独身なのね」と言わせないためには、人と折り合いをつけること

我道をゆく主義であったとしても“ココぞ”というときの協調性は忘れてはならない。
この先、同じ仕事で食べていきたい、同じ会社でやっていこうと思えばなおのこと。

たとえ揺るぎない自分の信条は持っていても、人への柔軟性は失われてはならないのだ。

「だから独身なんだよ」と思わせる女性は話しづらい、こっちが気を使いすぎて疲れる

・「『これだから結婚できないんだよ』という人は、オープンにならない女性。『この人にこういうこと言うとマズイんじゃないか?』ってこっちが気を使っちゃう。昔からよく“隙のない女はモテない”とかいうけど、それって要は心が狭いということだと思う。いい感じでくだけてくれる女性は既婚者でも年齢いっててもモテますからね。気楽に世間話もできない女性は“心開く気ない感”が出ててホント感じ悪い」(42歳男性/医療関係)

――あなたは会話するときに相手に気を使わせていないだろうか?
「こっちが話題を選ぶのが大変だ」と周囲に思わせていないだろうか?

人が声をかけることを躊躇してしまうのは、他でもない自分がそういう雰囲気を醸し出しているからだ。

例えば自分が店員さんに声をかけるときを思い出してほしい。きっと声をかけやすい相手を選んでいるはずだ。それは笑顔のある人、親切そうにみえる人であって冷たそうに感じる店員さんにわざわざ声をかけたりはしないだろう。

こちらがなにか聞いてもいい感じで受け答えしてくれそうな相手のところに行きたくなるのは自然の理。
“話しかけやすい相手”というのは、話しかける人間からしたら“それだけの度量を持ち合わせている”ということである。

だからこそ、年齢を重ねているのにもかかわらず“それなりの会話”ができないと「あ~だから独身なんだよね」と言われてしまうのだ。

たとえそれが自分に関係ない話だろうが、相手の旦那の愚痴だろうが子供の話しだろうが、大事なのは会話についていこうとする姿勢なのだ。

立場や環境や状況が違えど「なにそれ?」と相手に興味を示すのが大人のたしなみである。

年齢や既婚未婚の問題ではない!“人たらしな人間”は男からも女からも好まれるのだ。

「どうせ独身はそんなことやらないよね?」と思われることをやってのける

Getty logo

・「社員食堂でのお昼休み。いつもの既婚者のパート仲間とお弁当を広げていたら正社員の女性が『コレ、田舎の母が沢山送ってきたから作ったの。良かったら食べてください』と“新じゃがの煮ころがし”を差し出してきた。正直、外食ばかりで気ままな独身生活を送ってる人だと思ってたからビックリ。しかもその新じゃが煮の美味しいこと。甘辛い田舎風の醤油味にみんなホッコリ!『手羽先で煮ても美味しそうだね』と話しは盛り上がり……今ではその独身の正社員女性を見る目は変わり、一緒にお茶したりスイーツ食べたりしてます」(45歳女性/パート)

――既婚者が「だから独身……」と言いたくなるのは、独身女性は「水回りの仕事を進んでやろうとしない」「料理ができない」「倹約しない」という先入観があるからだ。

「独身だからやらないんでしょ」「どうせ独身だからできないんでしょ」と、同じ女として、“家事能力がないこと”で敵意を抱く。

世間からは独身女性なら「結婚していない分、仕事はできて当たり前」と思われる傾向にある。
特に既婚女性からはなかなか認めてはもらえないだろう。

だからこそ、他のことをやって評価してもらうしかないのだ。

それは自分磨きや習い事などではない。
結婚している女性たちが普段こなしていることである。
料理でも掃除でも節約でも家計簿をつけるでも、生活感のあることが大事なのだ。

女性というのは“同じことをしている”ということで安心感を得る。
女性は共通点を見出すことで距離が縮まるのだ。

もし“料理をしている”となれば、主婦の知恵からさらに美味しいレシピや時短料理なども教えてもらえるかもしれない。

お互いが情報を出し合いリスペクトし合えるようになればVSはとっぱらえるのだ。

「だから独身なんだ」でなく「なんで独身なんだろ?」と言わせること

とかく人間はカテゴリ化したがるものだ。そして、自分とは違う属性の人の陰口を言いたがる。

しかしどうせ噂されるなら
「あ~だから結婚してないんだ」「やっぱり独身なのね~」でなく「なんで独身なんだろ???」のほうがいいではないだろうか。

「あんな素敵な人なのになんでだろうね」
「いい人なのにもったいないね」……と。

たとえ“独身であること”を世間に揶揄されたとしても、“自分”という人間自体を否定されないような生き方をするべきである。

「なにさ、性格悪くても結婚してる人もいるでしょ」と開き直るのは簡単だ。
しかし「あんな素敵な人なのになんでだろうね」と言わせる努力をするほうが自分の人生に“大きなプラス”をもたらすのである。

恋愛コラムニスト 神崎 桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

「不倫なんて絶対しないって思っていたはずなのにいつの間にか…」。誰しも最初から「不倫の恋がしたい!」なんて思っていないでしょう。しかし思いがけないきっかけで始まってしまうのが不倫。あれよあれよという間に始まり、抜けられなくなって辛い思いをしているあなたへ。不倫の実態を恋愛コラムニスト神崎桃子さんが教えてくれました。


恋愛には安心感♡ アラフォーに“年上男性”が向いてる理由【神崎桃子の恋愛指南 #4】

恋愛には安心感♡ アラフォーに“年上男性”が向いてる理由【神崎桃子の恋愛指南 #4】

女だもん。やっぱり守られたいし大切に扱ってほしい…けど、アラフォーになってそんなこともとんとなくなった…。なんてお嘆きのあなた! 大丈夫!年上男ならその望みかなえてくれます♡ 恋愛コラムニスト神崎桃子さんにそのワケを教えてもらいましょう♪


アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

婚活を頑張って見つけた年下彼とのデート。ですが、ひとつふたつならともかく5歳以上年下の男性となると自分と彼がどう周りから見られているのか気になりますよね。色気たっぷりのお姉さまに従う年下男性、なんて見られるのもどうかと思うし…年下男性とのデートで成功する秘訣を恋愛コラムニスト神崎桃子さんから教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google