「私なんて…」謙遜はもう卒業! もっと自分を“肯定”して【自立美人のススメ#02】

「私なんて…」謙遜はもう卒業! もっと自分を“肯定”して【自立美人のススメ#02】

自分に自信がありますか?「私はコレができる!」と言えることはありますか? 多くの方が「ありません」と答えます。「あなたの〇〇はとても魅力的ですね」と伝えても、なかなか受け取ってくれないのです。魅力的で多くの「できる」を持っているのに。今回は「私なんて」と考えてしまいがちな方の「できる」を見つける力についてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

学校の成績が良かった人ほど陥りやすい「私なんて」

「私なんて…」という方に共通する特徴、それは自分ができていること、できることを認めていない人なんです。できていることはたくさんあるのに、そのことには目を向けずできないことばかりに目を向けて「自分は何もできない」「私なんて」と思ってしまっているんですね。しかし、そういう方はとても真面目で、頑張り屋さんで、責任感が強く、学校の成績は優秀だった方が多いです。

学校のテストは基本的には点数、数字で評価されます。ですから、優劣を意識しやすくなります。点数が良ければ優れているように感じ、点数が悪ければ劣っているように感じてしまいやすいんですね。“優越感と劣等感の世界”に陥りやすいんです。

確かに数字で評価される成績は自己評価もしやすく「私は90点を超えている!私は〇〇が得意なんだ!私はできるんだ!」とすぐに自信に繫がりますが、人間の魅力、素晴らしさは数字では表せられないことが多いのです。

結婚して子どもを育てている。それってすごいことなんです

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先日、勉強会を開催しました。参加者は全員主婦の方たちだったのですが、そこでも「私たちなんて何もできない」という相談が寄せられました。でもね、私から見ると素晴らしい方ばかりです。「できる」をいっぱいもっています。子どもを産んで、育てている。それはとても素晴らしいことじゃないですか。子育てもできているし、家事もちゃんとできている。ご主人が気持よく仕事に行けている、家族を守っている。

パーフェクトじゃなくていいんです。だって人を一人育てることって、とっても大変なことでしょ? みんなその大変なことができている人たちなんです。なのに、それを当たり前だと思って「私なんて…」と思ってしまっているんですよね。自分で当たり前だと思ってやっていることは、当たり前ではありません。それは“できる”ことなんです。子育ての前の、“結婚”だってそうですよ。私は婚活の仕事もしていますが、綺麗で可愛くても、婚活を頑張っていても、なかなか結婚ができない人だってたくさんいるんです。

けれど何もないと言っている主婦の皆さんはその結婚ができているんですよね。だから「私は結婚できているんだ」と結婚できている自分を認めて、私はすごいと思っていいんですよ。

自分の“できること”にきちんと目を向けて

また別の場面でもこんなことがありました。 結婚相談所のマリッジアドバイザー新人研修をしていたとき、ひとりの新人マリッジアドバイザーさんから 「私は55歳でこういう仕事は初めてで不安だらけです、やる気はあるのですが、独身の方をサポートする自信がまだないんです」 という相談を受けました。

彼女は結婚生活35年。私からしたら結婚の大先輩です。パートナーに長く愛され続けることが幸せな結婚の目標だと思います。それを実現できている人なんですよね。そこにいくまでには色々なご苦労があったと思うし、色々なことを乗り越えてきたからこその今があるはずです。ですから「自分の人生に自信を持って、自分の経験からのアドバイスやサポートをしていいんですよ」と私は伝えました。

そうしたら「そんなことを言われたのは初めてです。私にもちゃんとできることがあったんですね」と、とても喜んで頂けました。自分の「できていること」を認めた時から、その方の表情は変わり、自信が笑顔に表れてました。

独身の40代女性も「できていること」はいっぱいありますよね。「仕事ができている」ことは素晴らしいことですよ。 「毎日会社にちゃんと出勤している」 「パソコンで資料を作れる」「ExcelやWordが使える」「接客できる」「事務ができる」「営業ができる」いっぱいありますよね。そういう「できる」を会社に評価されて雇われているわけですから、そこにも自信を持ってください。「私は人に必要とされている人間のなんだ!」と自信を持っていいんですよ。

“悲しみ”や“悩み”を「楽しみ」に変えられるのが自立美人

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「そんなこと、他の誰でもできるでしょ?」 それは違いますよ。 自分の「できる」は誰でもできることではありません。結婚したくてもできない人もいる、子どもを産みたくても産めない人もいる、働きたくても働けない人もいる、自由になりたくてもなれない人もいる、自分の「できる」は誰でもできることではないんです。特別なんです。

「私の変わりはいっぱいいるでしょ?」その言い訳を言い始めると、全ての人が無価値になってしまうわ。人気者とされているアイドルだって芸能人や有名人、作家や漫画家だって、心のどこかでは「私の変わりはいっぱいいる」「また若くて素敵な次のスターは必ず出てくる」という危機感は少なからず持っていることでしょう。

でもね、そんな姿を表に出していないだけ。不安や不満、自己否定は、いくらでも無限に出てきます。けれど悩むことが、真面目に生きることではないわ。「悲しみ」や「悩み」を「楽しみ」に変えられるのが大人。それが自立美人です。他人が見て楽し「そう」でなければ大人ではないと、私は思います。それが「大人の覚悟」だと。これは私がまだまだ未熟だったときに尊敬するマチュアな女性から教わりました。 あ、マチュアというのは「成熟した」という意味です。

上を見て自分ができていないことを並べたらきりがありません。もしあなたが「私なんて…」と思ってしまっているのであれば、まずは自分ができていることに目を向けてみませんか? 自分ができていることを「私はできている」と認められるかどうかは自分次第なんです。それこそ、このコラムを読んでいるのだって、あなたは自立美人になりたくて「読む」「学ぶ」という「行動」をしてくれた結果でしょ?

それって一歩踏み出しているってことなんですよ。その一歩踏み出した自分を、認めてあげませんか? これからも自立美人のススメの記事で色々なことを話していく予定ですが、自分を責めたり反省材料に使っては欲しくないんです。 反省ではなく、これからは自立美人を目指している私は素敵なんだ! と思いながら読み進めていってほしいなと思います。 この記事を読んで感じたこと、気付いたこと、実践してみたこと、私に聞いてみたいことなども、ぜひ聞かせて下さいね。LINEに送ってくれると嬉しいです。美しく生きましょう♪

コミュニケーション講師 吉井奈々



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

元男性。10代から水商売・ショービジネスの経営にも携わり、結婚を期に水商売を卒業し、現在はコミュニケーション講師として活躍。

関連する投稿


あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

「自分らしく生きる」ってどういうことだと思いますか? 自分を大切にするということと、社会の中で自分“らしさ”を大切にするということはイコールなのでしょうか? 大人の女性として求められる素養とはいったいどんなことだと思いますか?


40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】

40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】

皆さんは「自立している女性」というとどのようなイメージを抱きますか?強い女性?バリキャリ?この連載では“自立”そして“美しく生きる人”をテーマにお話していきたいと思います。決して容姿だけの“美人”ではないから誤解しないで下さいね♪ 今回の自立美人のススメは、そもそも自立美人ってなあに?というお話です。


夫に話を聞いてもらうとっておきの方法【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#3】

夫に話を聞いてもらうとっておきの方法【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#3】

職場のこと、子どもや、ママ友、親戚のお付き合い・・・自分の身の回りでおきた出来事は夫にも聞いてもらいたい! と思いますよね。しかし、夫の反応はイマイチ…。それどころか、聞いてくれていない気もする・・・。そんな夫婦間でのコミュニケーションのお悩みをロジかわで解決します!


【新春企画】WOMe読者はどんな記事読んでる? 人気記事まとめ ~ 夫婦コミュニケーション編 ~

【新春企画】WOMe読者はどんな記事読んでる? 人気記事まとめ ~ 夫婦コミュニケーション編 ~

WOMe新春企画!WOMeではどんな記事が良く読まれているのでしょうか。WOMe読者の皆さんから特に注目度の高い記事をランキング形式でご紹介します!


【エモまと】今年こそ頑張るぞー! そんな気持ちにやる気スイッチ押しちゃいます♥

【エモまと】今年こそ頑張るぞー! そんな気持ちにやる気スイッチ押しちゃいます♥

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【4月23日(月)~4月29日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月23日(月)~4月29日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(6)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(6)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。健太の浮気現場を見てしまい動揺した今日子は交通事故にあい病院に搬送されてしまう。


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


夫が抱いてくれない…女として終わってしまったの?【大人の恋 悩める女たち #2】

夫が抱いてくれない…女として終わってしまったの?【大人の恋 悩める女たち #2】

アラフォーになっても恋の悩みは尽きませんよね…【大人の恋に悩める女たち】は“大人”だからこその恋に悩む女性たちの声を聞き、どう解決したのかを紹介する企画です。今、もしも大人だからこその恋に悩んでいるのなら…ここにそのヒントがあるかもしれません。第二回目は社会問題にもなっている「セックスレス」に悩んでいたAさん(44歳)


【特別対談】 女優・ヨガインストラクター 松本莉緒さん×ヘンケルジャパン(シュワルツコフ)代表金井博之さん~後半~

【特別対談】 女優・ヨガインストラクター 松本莉緒さん×ヘンケルジャパン(シュワルツコフ)代表金井博之さん~後半~

若々しく健康的な美しさで周囲の人を魅了する松本莉緒さんも、もう35歳! このたびシュワルツコフのアドバイザリーボードに就任されました。そこで、「日本のオトナ女性をサポートしたい」という熱い思いを持つ、ヘンケルジャパン株式会社 代表取締役の金井社長と“美しいオトナ女性とは?”というテーマで対談していただきました。









よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター