「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーンケア#1】

「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーンケア#1】

いよいよ待望のデリケートゾーンのケア方法の連載が始まります!植物療法士であり「潤うからだ」の著者・森田敦子さんは様々なメディアでデリケートゾーンのケアがいかに大切か語っていらっしゃいます。その森田敦子さんにたっぷりとデリケートゾーンについて語っていただきます。今こそしっかり自分のデリケートゾーンに向き合いましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

膣まわりのケアで体の不調を改善!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

みなさんは、「あなたの膣まわりは潤っていますか?」と聞かれたら、なんと答えますか?「え…どうかしら」と返す言葉に困ってしまったり、「なぜ、そんなことを聞くの?」と驚いてしまう方もいるかもしれませんね。日本では、女性同士でもなかなか「膣まわり」の話はしません。でも、もしもこの事実をフランスの女性たちが聞いたらとっても驚くはず。「女性にとって、とても大切なケアなのに、なぜしないの?」と。

「膣まわり」つまりデリケートゾーンは、女性の月経や排泄、セックス、妊娠、出産や閉経まで、長い人生のどのタイミングにおいても関係する、とても大切なゾーンです。しかし、自分では見たことも触ったこともない、という方もいらっしゃいますよね。顔やからだの他の部分は丁寧にケアをしているけれど、「膣まわり」は何もしていない、という方が多いのではないでしょうか。

そういった方も、今からでも遅いということはありません。これまでケアをしてこなかった方も、ぜひ始めるべきです。なぜなら、年齢を重ねるにつれて顔にシワやシミが増えるように、実は「膣まわり」も加齢とともに変化していくのです。「膣まわり」をケアしなければ、ムレやかゆみなどの症状からホルモンバランスが崩れてPMS(月経前症候群)が酷くなったり、膣の乾燥や萎縮によってセックスレスにつながっていくのを、知っていますか?

一方で、ケアをきちんとすれば、ニオイやかゆみの軽減はもちろん、冷え性の改善や尿漏れや子宮脱の予防、さらには肌や爪、髪のツヤ・ハリにもつながります。また、膣の委縮を予防することによってセックスレスの解消や、生理痛の軽減、更年期症状の緩和にも繋がるのです。なんとなく感じていたあなたの不快な症状や悩みも、膣ケアで改善できるかもしれません。

膣まわりは健康のバロメーター

植物療法をフランスのパリ第13大学で学んだときの私の恩師であり、産婦人科専門医の世界的権威であるベランジェール・アルナル先生も、「膣まわりは、あなたのセックスや妊娠・出産に関わるだけでなく、からだの健康や精神バランスを推し量る大事なバロメーターなのよ」と仰っていました。
アルナル先生をはじめ、フランスの女性が「膣まわり」のケアをあたりまえの習慣にしているのは、それだけ女性のこころとからだの健康、ひいては幸せに直結するケアだということを感じているから。

だからこそ、大人の女性にこそ「膣まわり」のケアを知ってほしい、そして始めてほしいと思っています。皆さん、顔には専用のクレンジングやフェイスソープ、髪にはシャンプーやコンディショナーを使っていますよね。パーツに合わせて洗浄料や保湿ローション、クリーム、美容液をしっかりと使い分けているはずです。はじめは慣れなくても、膣ケアも日々の習慣になれば面倒ではなく、当然やるべきことになります。。さあ今こそ、「膣まわり」のケアを始めましょう!

膣まわりのケアは4ステップ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「膣まわり」の基本のケアは、次の4ステップです。

1)脱毛などアンダーヘアの処理をして、ケアをしやすい状態に整える 
2)専用ソープで洗って清潔にする
3)専用のクリームやローションで保湿をする
4)骨盤底筋群を鍛え、膣まわりの筋力をつける

ケアを始めるにあたって、自分の「膣まわり」をみたことも、触ったこともない!という方は、恥ずかしがらずに手鏡で観察してみましょう。膣まわりの色や形は、顔やからだの他の部分と同じで、人それぞれ違います。まずは自分の「膣まわり」に目を向け、意識を向けることです。色や形が気になる人もいるかもしれませんが、最終的には“粘液がでてしっとりと潤っているか”をチェックできるようになると良いでしょう。

実際に自分の「膣まわり」を見てみて、どこがなにかわからない・・・! と思った方は、次回の連載でご説明しますのでご安心を。次回は“膣まわりってどんな場所?“という素朴な疑問にお答えいたします。お楽しみに!

植物療法士 森田敦子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

日本における植物療法の第一人者。デリケートゾーンケアの重要性を説いて話題となった『潤うからだ』の著者。

関連する投稿


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


あなたは読んだ? 2018年版 WOMe 反響のあった記事ランキング【ベスト5】

あなたは読んだ? 2018年版 WOMe 反響のあった記事ランキング【ベスト5】

今日は2018年大晦日。WOMeでは今年も様々な記事を公開してきました。中でも今年反響の大きかった記事を厳選してご紹介! WOMeの読者の皆さんにどうしても読んでいただきたい!まだ読んでいない方はぜひ読んでくださいね。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター