小5息子がアダルトサイトを見ている!? 性教育どうしたらいい?【アラフォーからの性教育 Q&A#6】 | 大人のワタシを楽しむメディア
小5息子がアダルトサイトを見ている!? 性教育どうしたらいい?【アラフォーからの性教育 Q&A#6】

小5息子がアダルトサイトを見ている!? 性教育どうしたらいい?【アラフォーからの性教育 Q&A#6】

シングルマザーから、男の子の性教育をどうしたらいい? というお悩みです。3人に1人が離婚しているという現代、シングルマザーも増えています。母と父、両方の顔をもたなければいけないママのシビアなお悩みに助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんにお答えいただきます。


Q:小5の息子がアダルトサイトを見ているようです…

【お悩み内容】小学校5年生になる息子が最近どうもアダルトサイトを見ているようです。成長するに従って当然でてくる欲求ですし、しょうがないと思うのですが、過激なものなどを見て性に対して誤った思い込みをしてしまわないか心配です。元夫には相談できませんし、実の父親に相談するのもはばかれます…。彼氏や親しい男友達もいないので、実際どんな風に男と子が情報を得て成長していくのかわからないので、とても不安です。母親として何がしてあげられるでしょうか?

思いを伝えるコトはいつでも、何度でもできる!

シングルマザーとして子育てとお仕事の両立をしながら、父親の顔も母親の顔もお一人で担っている日々。ほっとする時間もないくらい頑張っていらっしゃると思います。毎日お子様のため、ご自身のために頑張ってくださってありがとうございます。

息子さんが子どもから「男性」へと変わってくる思春期を迎えて戸惑うことは沢山あると思います。すぐに相談できる男性のパートナーや信頼できる方が近くにいないとどうしたらいいのか途方に暮れてしまいますよね。今日はそのことについて今からできることをお伝えします。

まずは「息子さんを大切に思っている」ということを毎日、何度でも伝えてください。それは言葉でというわけでなく、ちょっとしたことを「思いを込めて」やってみたり、息子さんを「気遣ってみること」です。たとえば、帰宅したときの様子を見つめてあげて、いつもよりも元気がない時などは「どうしたの?元気がないね。大丈夫?」などの言葉をかけたりすることです。ついつい「宿題やったの?」「また片づけない!」とか声をあらげてしまうことがありますが、できてないことより、小さなことでもできていることや頑張っていることを認める声掛けを増やしてみてください。

性の話だけを切り取るのではなく、人生を考えて語ってみる

Getty logo

小学校5年生ならばお子さんによっては、まだお母さんとの会話で何でも話してくれる子もいます。ただ、男性ホルモンが少しずつ分泌されていくので母の“女性”としての部分に反応してしまい、距離を置きたくなってくるかと思います。しかしそれは自然な心身の発達です。

男の子は中学生になると思春期の性発達が本格化します。その頃に「性について話そう」と言っても当然恥ずかしいでしょうし、ただでさえ母親と距離をおきたいと思っているので「聞きたくない!」と思ってしまうでしょう。なので、今は絶好のチャンスです。ぜひ“性の話”と切り取った形ではなく、「人生を考える」テーマの一つとして「性の健康教育」という視点でお話しをしてみてください。

たとえば、将来のこと。職業だけでなく、「どんな暮らしがしたいのか?」「その時にパートナーはいるのか?」そんな話しをしてみるといいかもしれません。また、なぜお母さまがシングルマザーとして生きる選択をしたのか、や、息子さんが生まれてきた日のことを思いをもって伝えることも、とても大切なことだと私は思います。

すでに見てしまった動画について

日本は大人が鑑賞するものに対して、「子ども達の目に触れないようにする」という配慮がまだまだ行き届いていない現状だと思います。たとえばコンビニの雑誌の棚には“成人コーナー”がありますが、完全に表紙は誰の目にも触れるようになっています。悪いことにトイレの前あたりにあったりして小さな子どもがトイレを借りるときに目に触れる、と問題になったこともありますね。

ほかにも電車の中吊り公告などもちょっと際どい水着の写真が多くあります。ネットに関してはアダルトサイトなどは「18歳ですか」という質問をされたり生年月日を入力するような画面がありますが、数字は誰でも正直に入力するとは限らないですよね? 「我が家はセキュリティーをかけてるから」と言ってもお友達の家のPCで見ていたりスマホをもっていてフィルターがかかっていないこともあります。

観てしまったのなら、それを罰するのではなく「これは大人のために作られたフィクション」であることをしっかりと伝えてほしいと思います。その時に、ぜひお子さんに「今の日本はこのように子ども達が簡単に18歳以上の情報を手に取ってしまうような状況になるけれど、それについてどう思うか?」と問いかけて一緒に考えてみるのはいかがでしょうか? そして、改めて男の子への性の健康教育についての本を渡すなどして、「一緒に考えてみよう」と話すことも大切だと思います。

同時に精通のこと、夢精の事などもお母さま自身も本を通して学んでみてはいかがでしょうか?

学校や地域のコミュニティーでの大人の姿をロールモデルに

さらに学校などでどのような性教育が行われているのかを知ることも大切です。身近に相談できる男性がいないようでしたら、学校や地域のコミュニティなどで話ができる男性を探してみたり、お子さん自身が「この人なら話やすい!」という相談相手を見つけてあげることも大切です。

性のことだけでなく、これから思春期になり、友達や恋愛についての悩みも増えていきます。そんな時、お母さんにすべてを話せるかといえば、そうではないご家庭のほうが多いでしょう。母親以外にも頼れる大人の存在があることは困ったことを相談できる力である、“援助希求能力”にも繋がっていきます。男の子でも性被害にあうケースはあります。多くの人に支えられ守られていることを知ると心の安定力を高めることができます。それは不安定な思春期を乗り越える力になってくれることでしょう。ぜひ、親子で地域のコミュニティにアクセスしてみてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

毎月の生理周期で気分にムラがある、体調が悪くなる。女性なら一度はこうした症状を感じたことがあるのではないでしょうか。アラフォーになるとホルモンバランスの変化から、急にPMS(月経前症候群)の症状が出る場合があります。今回は「吐き気」に悩まされる女性のお悩み相談です。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google