"スル妻”より“サレ妻”になる可能性大? 男が浮気や不倫に走る理由【神崎桃子の恋愛指南 #30】

"スル妻”より“サレ妻”になる可能性大? 男が浮気や不倫に走る理由【神崎桃子の恋愛指南 #30】

今回は世の奥様方にはしっかり読んでいただきたい記事です! 少なくとも離婚をすでに考えている方たち以外は…。あなたが“サレ妻”になってしまうかどうかはあなた次第なのです。恋愛コラムニスト神崎桃子さんが今回もリアルな現実を厳しく教えてくださいます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

妻にストレスを抱えて「よそ見」してしまう男たち

浮気や不倫はなにも“する側”とは限らない、自分が“される側”に回る場合もある。

あなたは自分の旦那やパートナーに対して

「そんなナイナイ!うちの人に限って」
「冴えないしどちらかというと地味だし……」
「絶対モテないから、平気平気」
「彼はそんな性欲ギラギラじゃないし、どっちかというと草食系だから大丈夫」

な~んて根拠なき自信をもってはいないだろうか?

旦那やパートナーが“女好きである”とかは関係ない。
浮気や不倫はなにも“モテる男”や“肉食男子”がするものというワケではないのだ。

安心しきっていたら、いつの間にかあなたは“サレ妻”になっているかもしれない。

サレ妻になる原因~ 男の不満「休みの日にゴロゴロしていると邪魔にされる」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「休みのときくらい何もしたくないのに、家のリビングでテレビやスマホを眺めていると“邪魔!”といわんばかりにガーガー掃除機をかけ出す妻。『も~いつまでもダラダラしないでよ』って言われるけどゴロ寝しながらスマホいじってるのがそんなにも気に食わないものなのか。最近では休みの日には出会い系で知り合った一人暮らしの女性の部屋でくつろがせてもらってますよ」(38歳男性/医療関係)

――あなたは「私はすることが沢山あるの!」と猛アピールをしていないだろうか?

いつもなにかしら家においてやる仕事がある妻にとって「何もしていない夫」はイラつきの対象になるのかもしれない。
しかし、週末くらいしか家でのんびりできない普通のサラリーマンにとっては「何もしないでテレビを眺めていることで邪魔者扱い」なんてされたらかなわない。

男性にとって家とは「ダラダラするところ」「ゴロゴロするところ」である。
休みのときくらい自分の自由にさせて欲しいのだ。

ショッピングしたり友達とランチやお喋りするのが女性の楽しみならば、男には「何もしないこと」こそが至福の時間。

グータラしてるからって「ちょっと車だして頂戴」「コーヒーが切れてるから買ってきて」「○○が壊れてるからちゃんと直しておいて」などとアレコレ要求されたり、ここぞとばかりコキ使われてばかりでは男は家に居たくなくなるもの。

本来ならば、仕事の疲れをとって羽を休めるためのくつろぎの場所であるべき自分の家が、この世で一番居心地の悪い場所になっては本末転倒だろう。

サレ妻になる原因~ 男の不満「褒めてもらえないどころか感謝さえされない」

・「昇進が決まって奥さんに真っ先に報告メールしたら『今、忙しいから……』のひと言だった。数日後、辞令が出てそれまで一緒に仕事をしてきた部下達と飲みに行くことに……。労いの言葉さえかけてくれなかった妻とは違い、みんな俺の栄転をとても喜んでくれた。帰り際にひとりの女性社員が追いかけてきて『私、ずっと尊敬してたんです。○○さんの仕事への姿勢を見て私も頑張ってこれたんです。ありがとうございました』と言われジーンと熱いものが込み上げてきた……今、その彼女と付き合ってます」(43歳男性/メーカー)

――男と女が暮らしていると、ついつい“相手がしてくれてることが当たり前”になってしまうもの。“慣れっこ”になることで感謝の念が損なわれ、相手を敬うことを忘れてしまう。

「お金を運んでくるのは当たり前」
「仕事ができて当たり前」
「昇給できて当たり前」

旦那をただのATMとして取り扱っていては「いつでも浮気心を芽生えさせる状態」にさせているようなもの。

男性は子供の頃から本質は変らない。いくつになっても「頑張ったね~」「偉いね~」と褒められたいのに、その承認欲求を満たしてもらえなきゃ非常に面白くない。

男が「さすが~」「信じられない」「すごい~」「センスいい」「そうだったんだ!」という女性からの“感嘆の言葉”に簡単に反応してしまうのは自尊心がくすぐられるから。

自分をプラスに評価してくれる言葉や自分を称賛してくれる言葉にはめっぽう弱いのだ。

男の“欲しくてたまらないもの”をくれた女性に対して好感をもってしまうのはある意味とても自然のなりゆきである。

サレ妻になる原因~ 男の不満「笑顔より不機嫌な顔ばかりしてる」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「付き合い出した時は彼女の笑顔にすごく癒やされて『あ~この笑顔をいつもみていたい』と思って一緒に暮らしはじめたのに……今の彼女はいつも怒ってる。『そこ、汚さないで!』『テーブルの上が散らかっている』『便座は下げて』『私のシャンプー使わないで』『水出しすぎ』などなど、とにかく口煩くて辟易する。女性にはいつも笑顔でいて欲しい。結婚も考えて同棲したけど、笑顔のない家庭なんて地獄だよ」(41歳男性/損保)

――あなたは最近、笑うよりも不機嫌な顔でいることが多くないだろうか。
長く付き合っているパートナーや夫の生活習慣や癖ばかりが目についてしまい、いつもイチャモンをつけてはいないだろうか。

あれやっちゃダメ、それもダメ、これもダメ、それムダ……と、相手のやることなすことへのダメ出しの連発。

結婚は生活習慣の調教の場ではなないのに……。

職場では上司に怒鳴られ、家では妻に叱られ……な~んてことではたまったもんではない。

会社だけでなく家にも上司がいては男は逃げ出したくなるも当然。

会社から一歩外に出たら、それまで張り詰めてたセンサーをオフにしたいのに、仕事場で気を使い、さらに家でも気を使え!……では参ってしまう。

外で働く男性は家に帰ったら何よりも明るい笑顔で迎えて欲しいと望んでいるのだ。

男は自主的に浮気や不倫に走っているというワケではない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性もなにも「よそ見」したくてしているわけでもない。

浮気の虫がウズウズして自分からそのチャンスを常に狙っている男性も確かに存在するが、今の生活や家庭に不満があって「ついそうなっていた」というパターンの方が正解だろう。

普段奥さんにはむかえない優しい夫だからこそ、かえってそうなってしまったのだ。

人はそんなに強くない。

「わたしは、この瞬間あなたと一緒にいられるだけでいいの」「あなたがいてくれるだけで嬉しい」などと何も要求せずに、でも、自分のことを必要としてくれる女性が出てきたらそっちになびいてしまうだろう。

“家が一番心休まらない場所”になってしまえば他に居場所を求めたくなるのは当然だ。

旦那やパートナーの心がぐらつくのはそこにやすらぎがないから。

あなたが“サレ妻”にならないことを願う。

この記事を書いたのは… 恋愛コラムニスト 神崎 桃子

https://wome.jp/users/41

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

【関連】WOMe編集部チェック!「浮気“サレ”妻より、愛“サレ”妻になろう!」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

何かを“サレ”るなら、浮気“サレ”妻ではなくて、愛“サレ”妻になりたいですよね!そこで、浮気“サレ妻”の特徴を5つご紹介します。

こんな態度をとっていたら、いつの間にかあなたも浮気“サレ”妻になってしまうかもしれませんよ…⁉

そもそも“サレ妻”とは?

身も蓋もありませんが、“サレ妻”とは“浮気をされた妻”という意味です。

なんとも残酷なネーミングです。

ちなみに、言わずもがなですが“スル妻”とは“浮気をする妻”のことです。一応覚えておきましょう。

サレ妻の特徴5選!

【サレ妻の特徴:1】やたら高圧的

「お風呂洗って」
「ゴミ捨てて」
「たまには子どもの面倒くらい見たら?」
「は?そんなことも知らないの?」

こんなセリフ、夫に言っていませんか?

お風呂洗ってやゴミ捨てては別にいいんじゃない?と思ったそこのあなた。よーく考えてみてください。これ、自分がこんな風に断定的に誰かから言われたら腹が立ちませんか?上司と部下ではないのですから(上司と部下でもアウトですね)、対等な関係性のなかでこの言い方はないですよね。

「たまには子供の面倒くらい見たら?」

も、実はなかなか辛辣です“たまには”には嫌味が込められ、“面倒くらい”で“こんなカンタンなことさえできないのか”という馬鹿にした気持ちが透けて見え、さらに“見たら?”という上から目線…これをあなたが言われて、カチンとこないというのなら、それはなかなか特殊です。

最後の

「は?そんなことも知らないの?」

は、説明なしにアウトですよね。こんな高圧的な妻と一緒にいるより自分を慕ってくれる別の女性と楽しみたい、と思うのが当たり前です。

【サレ妻の特徴:2】無視する

忙しい日々の中でつい夫への返事が「ああ」や「うん」など適当なものになっていたり、話を聞いているのかいないのか分からない態度になっていたり、無視したりしていませんか?

“無視される”ということは、「完全に拒絶された」と捉えられてもしょうがありません。それが一度や二度ならともかく、毎日のように続いてしまった時…。

自分を受け入れてくれる他の女性のもとに走ってしまってもしょうがないと思いませんか?

【サレ妻の特徴:3】子どもばかりを優先する

週末の予定や食事、日々の生活はすべて子ども優先。夫のご飯は残り物状態…週末の予定も子どもに合わせて。

そんな状態は夫に“自分はいらない存在なんだ”と思わせるのに十分です。家族のために頑張っているのは、あなただけではなく夫も一緒です。

「そんなこと言ったって子どもが大切だし、何より夫だって私に何もしてくれない!」

そう思うなら、まず、あなたが夫に何かしてみてあげてはどうですか?

「あなたのために好きな料理をつくったの」
「今週末はあなたが行きたいところにみんなでいかない?」
「たまには週末ゆっくり家で過ごしてね」

など、行動を起こしてみてください。するときっと夫にも変化が起こるはずですよ。

【サレ妻の特徴:4】結婚当時より○○㎏太った

結婚し気が緩み、好き放題食べてぶくぶく太ってしまった…。

産後、体重が戻らなかったけど子育てが優先と言い訳をしてダイエットをしなかった…。

わかります。それはしょうがないことです。

ただし、夫の周りにはたくさんの女性がいることを忘れないでください。部下にはお肌ピチピチの可愛くて若い女性がいるかもしれないのです。

「そんな若い子が夫を好きになるはずがない!」

と、思っているあなた。自分の20代の頃を思い出してください。別に大してかっこよくもない上司と不倫している友人、いませんでしたか?もしかしたらご自身に思い当たる節があったりして…?

とにもかくにもオンナを捨ててしまったかのような妻に魅力を感じる夫がいるのか?ちょっと考えてみてください。

【サレ妻の特徴:5】セックスを拒否する

「夫に男としての魅力を感じていない」

という理由からセックスを拒否するなら、もうこれは不倫されても自業自得ですし、もしかしたらその方が楽だと思ってる妻もいるかもしれませんね。

しかし、

「疲れているからしたくない」「性欲がわかない」「面倒くさい」

などの場合は危険です。この違いが夫にはわかりません。男性にとってセックスを拒絶されるということは、人間としてのすべてを否定されたと思うほど傷つくことなのです。一度や二度ならともかく、毎回セックスを拒否されたら…。

どんな男性にも必ず性欲はあります。ある調査では男性は1週間に平均1,2回はマスターベーションを行っています。つまり、射精しているわけです。

セックスを妻が拒むなら、他の女性で満たそう。そう思うのは自然な流れではないでしょうか。

目指せ!愛サレ妻♡

いかがでしたでしょうか?

「当てはまっている…」

という妻の皆さま。今からでも遅くありません!できる努力から始めてみてください。

特に、特徴1,2,3はすぐにでも改善できることです。妻の態度が変わり、自分を受け入れてくれていると感じた時、夫はきっとまた昔のように妻を愛してくれるはずです。

間違っても浮気されたからといって、自分も浮気をしたり、食べ物に何かを混ぜたり、会社バラすなど復讐はしないでくださいね。離婚を決意するならともかく、夫との人生はまだまだこの先長いのです。

出会った時のときめきをもう一度!ラブラブ夫婦を目指しましょう♡

ーWOMe編集部ー



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

そんなつもりはなかったのに、ふいに訪れた出会いに心が揺れてしまう。夫以外の男性に関心を向ける瞬間も、長い結婚生活ではあるかもしれません。でも、本当に不倫に走ってしまうのはまた別の話。多くの妻が安易に流されずに踏みとどまっています。実際に不倫に走りそうになった瞬間にはどんなものがあるか、エピソードをご紹介します。


「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

ただの友達だったはずなのに…男友達が女友達を“女性”として見てしまう瞬間とは⁉ 恋愛コラムニスト 神崎桃子さんに教えていただきましょう。


なぜ夫婦はセックスレスになるのか 原因や改善・解消法をご紹介【特集】

なぜ夫婦はセックスレスになるのか 原因や改善・解消法をご紹介【特集】

WOMeでは今まで数多くのセックスレス記事を公開してきました。そこには人生100年時代といわれる今、生涯女性として輝き幸せな時間を過ごしてほしいという想いがあるからです。“たかがセックス”と思わないでください。人間の三大欲の一つである性欲は人として生きる上でとても大切なものなのです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター