夫がこっそり“セクシー動画”をみる理由 男の性を知る(2)【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#5】

夫がこっそり“セクシー動画”をみる理由 男の性を知る(2)【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#5】

ありとあらゆるセックスレス改善法が手軽に読める昨今ですが、すべてが自分のパートナーにピッタリの処方箋というわけではありません。気をつけないと外しまくってドン引きされることだってあるのです…。そこで今回はそのあたりの事情をちょっぴり刺激的な内容と共に、すずね所長に教えてもらいましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

セックスレス改善は心して取り組まなければ“外しまくる”

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ウェブサイトや本で「セックスレス改善方法」をいつでも読める昨今ですが、とはいえ、それが自分のカレシや旦那さんにドンピシャ当てはまっているわけではないので「注意しましょう」とアドバイスしております。ダイエットもしかり。糖質オフが向いている人もいれば、筋トレや朝食抜きが合っている人もいます。風邪の治し方もしかり。市販薬飲んで熱いお風呂に入る人も入れば、生姜湯飲んで首に温湿布する人もいる。人によってそれぞれです。セックスレス改善は、ダイエットや風邪を治すより超難関な案件ですので、心して取り組まなければ“外しまくる”のです。

自分のパートナーの個性を知る以前にやること、それは男性全般のエッチな感覚は全然違うということを学んでおくこと。前回はマスターベーションで射精するまでの時間に焦点を合わせました。今回はマスターベーションをする姿勢を見ていきましょう。

パートナーの分身に愛を込めて接していた?いる?

TENGAが行った調査結果では男性が試みたことがあるマスターベーションは“手を上下にピストンさせペニスを刺激する”が97.5%でダントツ1位、王道です。男性はめんどくさがり屋さんが多いため、寝る前に手軽でチャチャっとできるのが手によるピストンです。几帳面な男性や、クリエイティブ精神がある男性、ひとりエッチに情熱をそそぐ世代の男性ですと、こんにゃくを茹でて穴をあけたり、お気に入りのハンカチを巻きつけたり、シャワーの水圧を使ったり、エッチな穴あき抱き枕を買ったり・・。あの手この手で快感を追求します。

TENGA調査では、“肛門や尿道に何かを入れる”というものもあります。これは泌尿器科の医師からもよく聞く話です。何を入れるかは、女性にとってはサプライズなものばかりです。(もちろん女性も様々なものの挿入にチャレンジしている人もいますので非難してはいけませんが)。尿道には靴紐、竹串、綿棒。肛門はここでは挙げませんので想像してください。入れたものが出なくなって病院に搬送されている男性も存在するのです。マスターベーションの嗜好は実に様々なのです。本当に「そこまでするか!」というほどのバリエーションがあります。

さて、2位は“射精の前に寸止め”が30.3%。これは、私の周りの男性に尋ねてみますと、「気持ちのいい時間をなるべく長引かせたい」「長時間キープできるよう鍛えたい」「瞬間のこらえる感覚を1回で終わらせたくない」など、かわいらしい男心が吐露されました。続いて3位は石鹸利用、4位はローション利用です。

やってみたいひとりエッチ1位は“TENGAを使用したい”でした。2位は普通のオナホールを使用したい。これはTENGAがすこしお高いからかもしれませんね。3位はローションを使いたい。

注目すべき4位は“自分で舐めたい”の7.4%です。2,000人の母数ですから13人に1人です。まるでティーンエイジャーへのアンケートかと思うほどの回答。彼女や奥さんがいても“マスターベーションはする”のが男の性です。そこで自分で舐めたいという人が少なからずいるということは「舐めてもらうのが好き♡」とも取れるではありませんか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここで、我々女性は自分を顧みなければなりません。相手がそれほど好きな行為を、過去、心をこめてしていたか? そして現在はどうだ? 私は昔から風俗のおねえさんたちをリスペクトして「風俗に学ぼう」と伝えています。カレシ、旦那さんの分身に愛を込めて接していたか。触れていたか。口に含んでいたか。いつくしんでいたか。

チクリと心が痛んだ場合、男性全般が好きなオーラルセックスを怠っていたと反省してください。「セックスレスの原因はわたしにもある?」と自問自答の1歩です。

わかっているようでわかってないのが“夫のエッチのツボ”

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そしてマスターベーションの時に見ているものの首位は圧倒的に実写アダルト動画(無料有料含む)です。他の項目の追随を許しません。有料動画に関しては30~40代男性が24.8%で高い比率をキープしています。さて、ここが重要です。まさにアラフォー、40代女性のパートナーの年代ですね。

「お金を払ってでも良質のセクシーな動画を見たいんだ!」

あなたとセックスをしていても、3ヶ月セックスレスでも、そんなの関係ない。

「お金を払ってでも良質のセクシー動画を見たいんだ!」

女性にはよくわからない男性のエッチな形態がぼんやり見えてきませんか。男性は、興奮する動画と粘膜感覚の接触がだーいすき。ということはセックスレスで悩む女性はどう動けばいいのか? 私が夫婦間セックスレスで悩める女性に必ず尋ねるのは「旦那さんはどんな動画に萌えてるの?」ということです。“あらゆるジャンルすべて”という人ももちろんいます。着物の人妻、OLもの、寝盗られもの、ソフトSM、ストッキングものetc…。

困る回答は「夫はそんなもん見ません」です。

確かに。清純な男性はエッチな行為に背徳感を感じたり、自分の世界とは違うものとバリアを貼るでしょう。しかし、人生で一度はセックスしているはず。マスターベーションもしているはず。ならば一筋の光が見えるではありませんか。「夫は性欲がまったくない」と思い込まず、徐々に性の芽生えを感じた若い頃にフラッシュバックするようなお膳立てを進めていくことが必要となります。

夫がセクシャルコンテンツにまったく関心がない、思い込んでいるのは妻ばかり…という場合もあります。「夫はそんなもん見ません」と言っていた主婦が夫のスマホに意外な画像を見つけてショックという事例をいくつも見てきました。夫は家では経済の本ばかり読んでいると言っていた主婦が、書斎の引き出しから若い女性の制服写真を見つけて失神しそうになった、という話も聞きました。

「わかっているようでわかってない夫のエッチのツボ」

これを認識するかどうかでセックスレス改善への道が少し明るくなるのです。
エッチのツボは、若い時から変わらないものもあれば、上司に連れて行かれたとある店で初めて目覚めてしまったという“遅咲きツボ”もあります。そう!エッチのツボは男性に限らず女性もなにかの「きっかけ」で変わるのです。


夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

TENGA(テンガ)公式サイト

https://www.tenga.co.jp/

参考:全国男性自慰行為調査 2017 株式会社TENGAヘルスケア



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松まゆみ先生。特に先生のセックスレス解消記事は大人気で多くの方に読まれています。しかしいったいなぜ夫婦はセックスレスになってしまうのか…刺激的なインタビューの第二回目です。


夫の股間を撫でてみよう「モーニングエレクションチェック」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#23】

夫の股間を撫でてみよう「モーニングエレクションチェック」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#23】

セックスレスの専門家、夫婦仲研究所 所長 三松まゆみ先生。毎回ビビットなテーマで大人気ですが、今回もまたとがっています! 朝こそ夫の股間を撫でてみようとはいったい…!?


【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松真由美さん。数万組の夫婦のお悩みに答えてきた三松さんがなぜ今のようなお仕事をしようと思ったのか、今、アラフォー夫婦たちになにが起こっているのか、セックスレスとはなんなのか、なぜセックスが大切なのか、などについてお話いただきました。刺激的なインタビュー第一回目です。


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター