徹底小じわケア!目元のたるみ プリンと上がるマッサージ方法 | 大人のワタシを楽しむメディア
徹底小じわケア!目元のたるみ プリンと上がるマッサージ方法

徹底小じわケア!目元のたるみ プリンと上がるマッサージ方法

目は心の窓と言いうとおり、年齢が最も顕著にあらわれやすい部分といえば、目元ではないでしょうか。シミやしわ、たるみなどがあると、なんとなく見つめられるのが恥ずかしくなってしまいますね。そんな目元のトラブルをケアするスキンケアとマッサージ方法をご紹介します。


なぜ目の周りは老化しやすいの?

同じ皮膚でも、一番最初に老化があらわれるのは目元。

その理由はいくつかありますが、まず、目の周りの皮膚はとても薄くデリケートだから。他の部分に比べ、皮脂腺が少ない為、環境や体調の変化ですぐに水分が蒸発してしまう傾向があります。

また、毎日アイメイクをしている人は、毎日リームバーなどでメイクを落としていると思いますが、そのリムーバーの洗浄力の強さや摩擦などで、皮膚のキメが荒れて乾燥の原因に。

十分なケアがなされないままだと、皮膚が更に薄くなり、真皮層までにダメージを与えてしまう場合もあり余計目元がダメージを受け、垂水の原因になってしまいます。
 
また、意外と忘れがちなのが、紫外線。紫外線が目や目の周りに刺激を与えると、皮膚のたるみにつながったり、目の疲れ、シミなどが発生しやすくなります。

そのほかには、寝不足や疲れなどもダイレクトに目元にあらわれてきます。このように、目の周りはデリケートな上に、老化によるたるみにつながりやすい原因がたくさんあるのです。

目元のたるみをぷるんと上げるツボ

目の周りをはじめ、顔には沢山のツボが集まっています。ツボは東洋医学では、気の通り道とも言われ、適切な方法で刺激を与えることで老廃物や毒素を排出し、新陳代謝を高めると言われています。

特に顔や目の周りのツボは、エイジングケアに高い効果を発揮してくれますので、覚えておくと良いですよ。

【目元のたるみをぷるんと上げるツボ】
印堂(いんどう):シワ、ハリ
頭維(すい):血行促進
晴明(せいめい):シワ、ハリ
太陽(太陽):シワ、シミ
球後(きゅうご):目の下のクマ、小ジワ
四白(しはく):シミ、シワ、むくみ、くすみ

目元のたるみに効くマッサージ方法

目の周りのツボの位置を抑えたら早速マッサージに入りましょう。

目の周りの皮膚は非常にデリケートなので、過度な摩擦ず、ツボを押す時は、力を入れ過ぎないように注意しましょう。特に四白、承泣などの目の真下にあるツボは、強く押しすぎることであざになってしまったり、目自体に痛みを感じることもあります。

【マッサージ方法】
両手で目を覆うようにし手の温かさで血行を促進させます。
目はつぶったままで、瞼の部分は擦らずにその周囲をゆっくりとマッサージしていきましょう。
基本は内側から外側の方向で手を動かしますが、ツボの部分は2~3秒ほど長めに押すようにすると効果的。

老廃物を流すように、内から外へとゆっくりと手を動かし、最後に首筋や鎖骨、脇の下の順にさすっていくと、更に効果が高まります。これはリンパ管が通る道筋で、この管を通って顔の老廃物が排せつされていきます。

マッサージをする際は、化粧用のオリーブオイルや100%の天然のキャリアオイルを使用すると滑りが良くなり、保湿効果もあるのでおすすめですよ。

目元のマッサージの効果はスキンケアでより高める

一度マッサージをしただけでずいぶんと目元が生き生きしてくるのを感じるでしょう。

たるみが改善するスピードには個人差があり、数回で劇的に改善する人もいれば、なかなか改善のスピードがゆっくりの方もいます。

大切なのは毎日継続して行うということで、焦りは禁物です。もともと顔がむくみやすい人や冷え性の人、代謝が悪い人は老廃物が多く、リンパの流れが滞っているケースがあります。

マッサージの効果を高めるコツとしては、よりリラックスした環境の中で、身体を温めながら行うということです。湯船につかりながらでもOKですし、夜寝る前でもいいでしょう。また、きちんとメイクを落とした清潔な肌の上で行って下さい。
 
メイク落としのオイルやクリームを使って洗顔がてら行う人もいますが、それはNG。たるみ改善どころか、老化を早める原因になります。特に目のまわりはデリケートなので、メイクの成分や化学成分が皮膚を傷つける恐れがあります。

清潔な肌の上で良質なオイルを使うということをしっかり守り、丁寧に行うことが、美への一番の近道です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

新連載、アラフォーから始める美肌作り。第一回目はズバリ“クレンジング”です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに美肌の秘密をたっぷりと語っていただきます。


洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

肌の調子が整わないとき、多くの人は美容液をつけたりクリームを変えてみたりして、「上からつけるケア」をどうにかしようと思います。しかし、本当に大切なのはクレンジングなのです! そのわけと、おすすめ商品をご紹介します。


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデ?と思わせるような素肌っぽい美肌をキープできている女性っていますよね。ファンデーションを使わないって実際どうなんでしょう。シミやくすみは大丈夫か気になりますよね。でもノーファンデは肌への負担も少なく、化粧直しも簡単というメリットも。“ノーファンデライフ”をあなたも始めてみませんか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google