「感情的に仕事をするな」と言われても…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#6】

「感情的に仕事をするな」と言われても…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#6】

自分では感情的になったつもりはないのに、周囲からそう思われている…。特に迷惑をかけているわけではないつもりなのに、そう指摘をされたらどうしたらいいのか?今回は、そんな職場でのお悩みをロジかわ流に解決します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】「感情的に仕事をするな」と上司から指摘されました…どうすればいいでしょうか?

自分ではそんな風にしているつもりはないのですが「感情的に仕事をするな」と怒られてしまいました。機嫌が悪くなると周囲への態度がきつくなると言われたんです。でも仕事をするために会社に来ているんだし、友達作りに来てるわけではないのだから仕事ができていればいいですよね?(38歳 Tさん)

感情が湧き出ると、体は自然と反応する

今回、Tさんが上司からご指摘された「感情的に仕事をするな」の背景には、「感情的になることで、周囲への態度や行動が変わり影響している」ことを指摘されたのではないでしょうか。

自分では態度に出しているつもりがなくても、感情が動くと体は自然と反応するものです。

たとえば「好きな人と、今一番行きたい旅行先で、すごく食べたかった美味しい料理を目の前にしている」シーンを想像してみてください。反応の仕方は人それぞれですが、嬉しいとか幸せと感情がわくと、顔の表情や声のトーンが自然と変わります。

ただ、そんな風に体が反応したとしても、仕事とは関係ないのではないのか?ということをTさんはおっしゃりたいのですよね。その通りですね。職場には友達を作りにきたわけでも、みんなで仲良くなるために働いているわけでもありません。しかし、感情的になるとどうしても仕事に影響が出てしまうんです。それがどういうことなのか解説しますね。

「エモぶさ」思考は人間関係が悪くなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しかし、仕事であまり感情をださないようにといっても人間ですから湧き出てきてしまうものですよね。

ポジティブな感情はいいですが、ネガティブな感情がわき出るときはご注意です。感情をコントロールせずに、そのまま出してしまうのは子どものわがままと同じです。

私は、感情的でネガティブな発言や態度をとるかわいげのない女性を「エモぶさ」と呼んでいます。(参照:“ロジかわ”ってなあに?【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#1】

たとえば毎朝、出勤より3時間以上早く起きて家族の朝食や弁当の準備、家事をして時間ぎりぎりに出勤しているとします。小走りでかけこんだ満員電車ではもみくちゃにされながら通勤。会社に出社するころには、髪も服ぼさぼさになり朝からイライラしました。そんなとき、優雅にコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる上司が「君も朝活をやるといいよ。早く出勤して勉強すると余裕が生まれておすすめだよ」と言われたら、どうでしょう?

(私だって、できるならそうしたい!なにもこの人わかっていない)

と、心の中では怒りの感情が爆発しますよね。当然です! その時に「エモぶさ」思考の女性は、感情をむき出しにしてあからさまに冷たい態度をとります。しかし、アドバイスをした上司は出勤前のあなたの状況を知らないのですからよかれと思って言っているわけです。

こんなとき、「ロジかわ」思考でいったん冷静になって切り返すことが大切です。自分の今朝の状況と、上司の発言は別の話ときりわけます。そして「朝活いいですね!ありがとうございます。」とかわすが大人の対応です。

職場で感情的になったときの対処法

感情的になった場合、そのままの状態で物事をすすめると上記のように周囲の人へ悪い影響を与えてしまいます。たとえば、職場の中でも一度気持ちを切り替えて仕事をすることが大切なのです。そのためには落ち着く方法を知っておくといいでしょう。

私がおすすめしているのは感情的になった場合には

1、深呼吸する
2、感情的になった場所から一度、移動する
3、違うことを考えることができるアイテムを身に着けておく

という3つの方法です。

機嫌が悪くなったり、イライラしたり落ち込む時に、無理に親し気な態度をとる必要はありませんが、ふつうに接することを意識しましょう。

組織のなかで働いている以上、一人で仕事をしているわけではありません。会社で仕事をしているのであれば同じ目的に向かって成果をだす努力は絶対に必要です。目的達成・成功のためにはチーム力は欠かせませんから、わざわざ悪い関係性をつくらないようにする努力をしてみてくださいね。
 
ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


“デキる風”から“デキる”に変わる! 部下を育てる魔法の言葉【“ロジかわ”で世渡り上手に!#12】

“デキる風”から“デキる”に変わる! 部下を育てる魔法の言葉【“ロジかわ”で世渡り上手に!#12】

会社の後輩に、用件を指示出ししているのに伝わらない・・・。自分の伝え方が悪いのか、それとも相手の受け取り能力の問題なのか。円滑なコミュニケーションをとるために、少しロジカルに考えて話し方を工夫すると劇的に変わります。明日からすぐに実践できる方法をご紹介します!


反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


いや~なセクハラ上司は“ロジカル”に対処すべし!【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#10】

いや~なセクハラ上司は“ロジカル”に対処すべし!【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#10】

職場にいるセクハラ気味の上司や苦手な相手。できれば、距離をとりたくても共に仕事をしなければいけに相手だと困りますよね。上手な距離感でうまくお付き合いしていくにはどうしたらいいか、ロジかわ思考で解決します。


何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#9】

何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#9】

自分のことを心配して接する母親に、悩んだりストレスを感じることはありませんか。母親の愛情の現れだと十分にわかるからこそ、ないがしろにできず、負の感情をいだく自分にも罪悪感を覚え関係性について悩むことも。今回は、母親とどのように接していけばいいのかロジカルに解決します。


夫と会話していると「結論は?」と言われてしまいます【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#8】

夫と会話していると「結論は?」と言われてしまいます【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#8】

旦那さんに話を聞いてもらいたいのに、ちゃんと聞いてもらえない・・・途中ですぐに「結論は?」と言われてしまう…。せつないですよね。男性と女性の会話に対する認識の違い、話し方の癖をしり、どうすれば異性のパートナーに話を聞いてもらえるのか、ロジかわ思考で解決します!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター