「感情的に仕事をするな」と言われても…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#6】

「感情的に仕事をするな」と言われても…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#6】

自分では感情的になったつもりはないのに、周囲からそう思われている…。特に迷惑をかけているわけではないつもりなのに、そう指摘をされたらどうしたらいいのか?今回は、そんな職場でのお悩みをロジかわ流に解決します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】「感情的に仕事をするな」と上司から指摘されました…どうすればいいでしょうか?

自分ではそんな風にしているつもりはないのですが「感情的に仕事をするな」と怒られてしまいました。機嫌が悪くなると周囲への態度がきつくなると言われたんです。でも仕事をするために会社に来ているんだし、友達作りに来てるわけではないのだから仕事ができていればいいですよね?(38歳 Tさん)

感情が湧き出ると、体は自然と反応する

今回、Tさんが上司からご指摘された「感情的に仕事をするな」の背景には、「感情的になることで、周囲への態度や行動が変わり影響している」ことを指摘されたのではないでしょうか。

自分では態度に出しているつもりがなくても、感情が動くと体は自然と反応するものです。

たとえば「好きな人と、今一番行きたい旅行先で、すごく食べたかった美味しい料理を目の前にしている」シーンを想像してみてください。反応の仕方は人それぞれですが、嬉しいとか幸せと感情がわくと、顔の表情や声のトーンが自然と変わります。

ただ、そんな風に体が反応したとしても、仕事とは関係ないのではないのか?ということをTさんはおっしゃりたいのですよね。その通りですね。職場には友達を作りにきたわけでも、みんなで仲良くなるために働いているわけでもありません。しかし、感情的になるとどうしても仕事に影響が出てしまうんです。それがどういうことなのか解説しますね。

「エモぶさ」思考は人間関係が悪くなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しかし、仕事であまり感情をださないようにといっても人間ですから湧き出てきてしまうものですよね。

ポジティブな感情はいいですが、ネガティブな感情がわき出るときはご注意です。感情をコントロールせずに、そのまま出してしまうのは子どものわがままと同じです。

私は、感情的でネガティブな発言や態度をとるかわいげのない女性を「エモぶさ」と呼んでいます。(参照:“ロジかわ”ってなあに?【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#1】

たとえば毎朝、出勤より3時間以上早く起きて家族の朝食や弁当の準備、家事をして時間ぎりぎりに出勤しているとします。小走りでかけこんだ満員電車ではもみくちゃにされながら通勤。会社に出社するころには、髪も服ぼさぼさになり朝からイライラしました。そんなとき、優雅にコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる上司が「君も朝活をやるといいよ。早く出勤して勉強すると余裕が生まれておすすめだよ」と言われたら、どうでしょう?

(私だって、できるならそうしたい!なにもこの人わかっていない)

と、心の中では怒りの感情が爆発しますよね。当然です! その時に「エモぶさ」思考の女性は、感情をむき出しにしてあからさまに冷たい態度をとります。しかし、アドバイスをした上司は出勤前のあなたの状況を知らないのですからよかれと思って言っているわけです。

こんなとき、「ロジかわ」思考でいったん冷静になって切り返すことが大切です。自分の今朝の状況と、上司の発言は別の話ときりわけます。そして「朝活いいですね!ありがとうございます。」とかわすが大人の対応です。

職場で感情的になったときの対処法

感情的になった場合、そのままの状態で物事をすすめると上記のように周囲の人へ悪い影響を与えてしまいます。たとえば、職場の中でも一度気持ちを切り替えて仕事をすることが大切なのです。そのためには落ち着く方法を知っておくといいでしょう。

私がおすすめしているのは感情的になった場合には

1、深呼吸する
2、感情的になった場所から一度、移動する
3、違うことを考えることができるアイテムを身に着けておく

という3つの方法です。

機嫌が悪くなったり、イライラしたり落ち込む時に、無理に親し気な態度をとる必要はありませんが、ふつうに接することを意識しましょう。

組織のなかで働いている以上、一人で仕事をしているわけではありません。会社で仕事をしているのであれば同じ目的に向かって成果をだす努力は絶対に必要です。目的達成・成功のためにはチーム力は欠かせませんから、わざわざ悪い関係性をつくらないようにする努力をしてみてくださいね。
 
ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもの「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<第三回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。世界にあって日本にない避妊具も含めてご紹介いただきました。スウェーデンでは避妊は女性が主体的に行うもので、そのための選択肢が用意されていて、情報提供もされています。日本の女性たちはそもそも選択肢があることも知らされず、選択できていないのです。第三回目は、避妊具と避妊方法について伺いました。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター