自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】 | 大人のワタシを楽しむメディア
自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

恥ずかしがらず自分の「膣まわり」に目を向けて

『潤うからだ』を出版してから本当に多くの場所でセミナーやトークショーをさせて頂きます。その度に参加してくださる方々に問いかけていること、それは「みなさんは、自分の膣まわりを見たことがありますか?」ということです。セミナーが終わった後にお一人お一人と話しているとわかるのですが、自分の「膣まわり」を見たことも、触ったこともない、という方が本当に多いのです。

これでは、いくら「膣まわり」のケアをはじめましょうと言ってもピンとこないはずですよね。自分の「膣まわり」がどんな構造になっているのか? 40代からでも遅くはありません。今こそ女性として最も大切にすべき場所に目を向けましょう。

そもそも「膣まわり」ってどんな場所?

Getty logo

それではまず初めに、一緒に膣の構造について確認していきましょう。まず膣とは、セックスの際に男性器が挿入される場所であり、筋肉層でできています。だからこそ、セックスや膣トレで収縮させなければ筋肉層は衰え、たるんでいきます。

膣の入口は膣口(ちつこう)と呼ばれ、それを囲むように小さなヒダ状の小陰唇(しょういんしん)、その外側には大きくふっくらとした大陰唇(だいいんしん)があります。膣口の前方には尿道口があり、小陰唇の前部分には突起状のクリトリス。お尻には肛門があり、膣口と肛門の間を会陰(えいいん)といいます。出産時の「会陰切開」を経験されている人もいるのではないでしょうか。

さて、ここまで読んで各部位が自分のどれにあたるか、わかったという方はいるでしょうか。「どこのことを言っているのか、さっぱりわからない!」という人は鏡を床に置いてじっくり観察して見ましょう。アンダーヘアがある方は少し見づらいかもしれませんが、ヘアをよけてしっかり見てくださいね。私は出産や介護のケアで、国内外2,000人あまりのデリケートゾーンを見てきましたが、日本人はどちらかというと大陰唇が大きく、ヒダ状の部分が浅黒い傾向にあります。肌がくすみ・黒ずみやすいのです。それに対し、ロシアや北欧の方々のデリケートゾーンは肌が白く、ヒダの部分もピンク色といったように、色や形は人によって多様性があります。

アンダーヘアを処理してみたら膣まわりがシワシワで黒ずんでいた…とショックを受けて悩んでいる方もとても多いようですが、しっかりとケアをすれば肌のターンオーバーによってツヤツヤで明るくなっていきます。ですからご自分の膣まわりから目をそらさず、まずは現状を見ることが大事です。

排泄・月経・セックス・妊娠出産。大切なことすべてに関わる大切な膣まわり

先ほどおさらいした「膣まわり」の構造がわかると、日々の排泄はもちろん、毎月月経がきたり妊娠出産をしたりする女性にとって、「膣まわり」がどれだけ大切な場所かわかったのではないでしょうか? しかし、にもかかわらず私たち日本人女性の膣まわりに対する認識は、世界と比較しても低いと言わざるを得ません。

家や幼稚園、小学校で正しい排泄後の拭き方を習うことはなく、月経についてもさらりと学ぶだけ…。「女性として妊娠できる体になった」ということを真剣に教えてもらったことがある人はどれだけいるでしょう。膣やセックスについて「恥ずかしいこと」としてきちんと教えられることがないため、なんとなくの知識のまま大人になってしまい、生理不順や重いPMSに悩んでいるのに婦人科には行ったことがない、という方も多いのです。

私が植物薬理学を学んだフランスでは、女の子が初潮を迎えるとお母さんと一緒に婦人科に行き、必ずマイ産婦人科を持ちます。女性として好きな人ができ、セックスをすれば妊娠する体になったのだということをきちんと教えられ、センシュアリティや性的な快感についても知ることになります。また、お母さんに恥ずかしくて聞けないことがあった場合でも、何かあったらマイ産婦人科の先生に相談できます。

今からでも遅くない“これから”が大切

Getty logo

これまで「膣まわり」がどれだけ大切か意識していなかった、ケアしてこなかったという方も今後どうしていくかが大事です。デリケートゾーンケア専用のアイテムをオススメすると、「顔やボディにもそれぞれケアが必要なのに、デリケートゾーンまでケアするなんて大変」とおっしゃる方がいますが、みなさんは面倒だからと言ってシャンプーで髪を洗ったついでにその泡で顔を洗ったり、体を洗ったりしませんよね。

パーツに合わせて洗浄料を変えているのなら、デリケートゾーン用ウォッシュを取り入れるのも慣れれば苦ではないはずです。また、入浴後はタオルでさっと拭くだけという習慣をこのまま続けていたら、膣の粘膜は薄くなり、大陰唇は二重三重に垂れ下がり、まわりの皮膚は硬くシワシワになってしまうでしょう。顔のスキンケアをしないとシワが増えて頰もたるんできますよね。膣まわりの肌もそれと同じことなのです。

そして私がフランスで学んだ最も大切なことは、膣まわりのケアやセンシュアルなケアは、精神的な幸福感と深く結びついているということです。何よりもそのことを日本の女性たちにももっと実感してほしいと思います。次回はセックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。お楽しみに。

植物療法士 森田敦子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

日本における植物療法の第一人者。デリケートゾーンケアの重要性を説いて話題となった『潤うからだ』の著者。

関連するキーワード


森田敦子 デリケートゾーン

関連する投稿


顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


 「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーン&膣ケア#1】

「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーン&膣ケア#1】

いよいよ待望のデリケートゾーンのケア方法の連載が始まります!植物療法士であり「潤うからだ」の著者・森田敦子さんは様々なメディアでデリケートゾーンのケアがいかに大切か語っていらっしゃいます。その森田敦子さんにたっぷりとデリケートゾーンについて語っていただきます。今こそしっかり自分のデリケートゾーンに向き合いましょう!


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google