自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【デリケートゾーンのケア方法#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【デリケートゾーンのケア方法#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

恥ずかしがらず自分の「膣まわり」に目を向けて

『潤うからだ』を出版してから本当に多くの場所でセミナーやトークショーをさせて頂きます。その度に参加してくださる方々に問いかけていること、それは「みなさんは、自分の膣まわりを見たことがありますか?」ということです。セミナーが終わった後にお一人お一人と話しているとわかるのですが、自分の「膣まわり」を見たことも、触ったこともない、という方が本当に多いのです。

これでは、いくら「膣まわり」のケアをはじめましょうと言ってもピンとこないはずですよね。自分の「膣まわり」がどんな構造になっているのか? 40代からでも遅くはありません。今こそ女性として最も大切にすべき場所に目を向けましょう。

そもそも「膣まわり」ってどんな場所?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それではまず初めに、一緒に膣の構造について確認していきましょう。まず膣とは、セックスの際に男性器が挿入される場所であり、筋肉層でできています。だからこそ、セックスや膣トレで収縮させなければ筋肉層は衰え、たるんでいきます。

膣の入口は膣口(ちつこう)と呼ばれ、それを囲むように小さなヒダ状の小陰唇(しょういんしん)、その外側には大きくふっくらとした大陰唇(だいいんしん)があります。膣口の前方には尿道口があり、小陰唇の前部分には突起状のクリトリス。お尻には肛門があり、膣口と肛門の間を会陰(えいいん)といいます。出産時の「会陰切開」を経験されている人もいるのではないでしょうか。

さて、ここまで読んで各部位が自分のどれにあたるか、わかったという方はいるでしょうか。「どこのことを言っているのか、さっぱりわからない!」という人は鏡を床に置いてじっくり観察して見ましょう。アンダーヘアがある方は少し見づらいかもしれませんが、ヘアをよけてしっかり見てくださいね。私は出産や介護のケアで、国内外2,000人あまりのデリケートゾーンを見てきましたが、日本人はどちらかというと大陰唇が大きく、ヒダ状の部分が浅黒い傾向にあります。肌がくすみ・黒ずみやすいのです。それに対し、ロシアや北欧の方々のデリケートゾーンは肌が白く、ヒダの部分もピンク色といったように、色や形は人によって多様性があります。

アンダーヘアを処理してみたら膣まわりがシワシワで黒ずんでいた…とショックを受けて悩んでいる方もとても多いようですが、しっかりとケアをすれば肌のターンオーバーによってツヤツヤで明るくなっていきます。ですからご自分の膣まわりから目をそらさず、まずは現状を見ることが大事です。

排泄・月経・セックス・妊娠出産。大切なことすべてに関わる大切な膣まわり

先ほどおさらいした「膣まわり」の構造がわかると、日々の排泄はもちろん、毎月月経がきたり妊娠出産をしたりする女性にとって、「膣まわり」がどれだけ大切な場所かわかったのではないでしょうか? しかし、にもかかわらず私たち日本人女性の膣まわりに対する認識は、世界と比較しても低いと言わざるを得ません。

家や幼稚園、小学校で正しい排泄後の拭き方を習うことはなく、月経についてもさらりと学ぶだけ…。「女性として妊娠できる体になった」ということを真剣に教えてもらったことがある人はどれだけいるでしょう。膣やセックスについて「恥ずかしいこと」としてきちんと教えられることがないため、なんとなくの知識のまま大人になってしまい、生理不順や重いPMSに悩んでいるのに婦人科には行ったことがない、という方も多いのです。

私が植物薬理学を学んだフランスでは、女の子が初潮を迎えるとお母さんと一緒に婦人科に行き、必ずマイ産婦人科を持ちます。女性として好きな人ができ、セックスをすれば妊娠する体になったのだということをきちんと教えられ、センシュアリティや性的な快感についても知ることになります。また、お母さんに恥ずかしくて聞けないことがあった場合でも、何かあったらマイ産婦人科の先生に相談できます。

今からでも遅くない“これから”が大切

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これまで「膣まわり」がどれだけ大切か意識していなかった、ケアしてこなかったという方も今後どうしていくかが大事です。デリケートゾーンケア専用のアイテムをオススメすると、「顔やボディにもそれぞれケアが必要なのに、デリケートゾーンまでケアするなんて大変」とおっしゃる方がいますが、みなさんは面倒だからと言ってシャンプーで髪を洗ったついでにその泡で顔を洗ったり、体を洗ったりしませんよね。

パーツに合わせて洗浄料を変えているのなら、デリケートゾーン用ウォッシュを取り入れるのも慣れれば苦ではないはずです。また、入浴後はタオルでさっと拭くだけという習慣をこのまま続けていたら、膣の粘膜は薄くなり、大陰唇は二重三重に垂れ下がり、まわりの皮膚は硬くシワシワになってしまうでしょう。顔のスキンケアをしないとシワが増えて頰もたるんできますよね。膣まわりの肌もそれと同じことなのです。

そして私がフランスで学んだ最も大切なことは、膣まわりのケアやセンシュアルなケアは、精神的な幸福感と深く結びついているということです。何よりもそのことを日本の女性たちにももっと実感してほしいと思います。次回はセックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。お楽しみに。

植物療法士 森田敦子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

日本における植物療法の第一人者。

関連する投稿


 「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【デリケートゾーンのケア方法#1】

「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【デリケートゾーンのケア方法#1】

いよいよ待望のデリケートゾーンのケア方法の連載が始まります!植物療法士であり「潤うからだ」の著者・森田敦子さんは様々なメディアでデリケートゾーンのケアがいかに大切か語っていらっしゃいます。その森田敦子さんにたっぷりとデリケートゾーンについて語っていただきます。今こそしっかり自分のデリケートゾーンに向き合いましょう!


【エモまと】2018年、女性としての自分をきちんと見つめてみませんか?

【エモまと】2018年、女性としての自分をきちんと見つめてみませんか?

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


膣内が硬くなる!? 年齢とともに変化するデリケートゾーン『ちつのトリセツ 劣化はとまる』著者 原田純さんインタビュー

膣内が硬くなる!? 年齢とともに変化するデリケートゾーン『ちつのトリセツ 劣化はとまる』著者 原田純さんインタビュー

年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


彼氏や夫のために 専門家に聞くデリケートゾーンのケア方法 ラブセラピスト 古山直美さんインタビュー

彼氏や夫のために 専門家に聞くデリケートゾーンのケア方法 ラブセラピスト 古山直美さんインタビュー

「デリケートゾーンのケアをしたい!」って初めて思ったのはいつでしょうか? 彼氏ができた時や異性を気にし始めた時ではないでしょうか? 大切な人のためにも自分のデリケートゾーンをケアすることはとても重要なことなんです。ラブセラピストの古山直美さんにパートナーシップにおけるケアの大切さについて教えていただきました。


おしえて!咲江先生(1) 「まさか自分が?」デリケートゾーンのにおいの悩み

おしえて!咲江先生(1) 「まさか自分が?」デリケートゾーンのにおいの悩み

親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。栄えある第一回目は“デリケートゾーンのニオイ”問題です。


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【4月23日(月)~4月29日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月23日(月)~4月29日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(6)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(6)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。健太の浮気現場を見てしまい動揺した今日子は交通事故にあい病院に搬送されてしまう。


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


夫が抱いてくれない…女として終わってしまったの?【大人の恋 悩める女たち #2】

夫が抱いてくれない…女として終わってしまったの?【大人の恋 悩める女たち #2】

アラフォーになっても恋の悩みは尽きませんよね…【大人の恋に悩める女たち】は“大人”だからこその恋に悩む女性たちの声を聞き、どう解決したのかを紹介する企画です。今、もしも大人だからこその恋に悩んでいるのなら…ここにそのヒントがあるかもしれません。第二回目は社会問題にもなっている「セックスレス」に悩んでいたAさん(44歳)


【特別対談】 女優・ヨガインストラクター 松本莉緒さん×ヘンケルジャパン(シュワルツコフ)代表金井博之さん~後半~

【特別対談】 女優・ヨガインストラクター 松本莉緒さん×ヘンケルジャパン(シュワルツコフ)代表金井博之さん~後半~

若々しく健康的な美しさで周囲の人を魅了する松本莉緒さんも、もう35歳! このたびシュワルツコフのアドバイザリーボードに就任されました。そこで、「日本のオトナ女性をサポートしたい」という熱い思いを持つ、ヘンケルジャパン株式会社 代表取締役の金井社長と“美しいオトナ女性とは?”というテーマで対談していただきました。









よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター