5歳の娘が? 「子どもの自慰行為」の対応法が知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#8】

5歳の娘が? 「子どもの自慰行為」の対応法が知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#8】

今回は知らない人が聞いたら少しびっくりしてしまうかもしれません。が、幼少期の自慰行為は男女問わずあるんです。しかし親としてそんな場所を発見してしまったら少なからずショックを受けると思います。そこで今回も助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんにお話を伺いました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

Q:5歳の娘が自慰行為をしているようです。びっくりしました…どうしたらやめさせられますか?

【お悩み】最近5歳の娘が自慰行為をしているようなんです。見つけるとやめて恥ずかしそうにしているので悪いことだと思っているようなのですが、注意してもまたこっそりしているようです。やめさせるにはどうしたらいいでしょうか?

我が子への大切な思い

Getty logo

なかなか切り出しずらいお悩みですね。このようなことをどこに相談していいのかわからなくて悩んでいる親御さんは多くいらっしゃり、性教育の講演などでも必ずといっていいほど、ご相談があります。

まず、お嬢さんが自慰行為をしていることに気づいたママは、それだけお子さんを想いをもって見つめているということを自覚してくださいね。そして、我が子への愛から大切に思うあまり、このことでなにか弊害が起きてしまうのではないか、というご心配をされているのだと思います。

まずは、こうして質問をしていることやお子さんをしっかり見つめている自分自身に花マルをあげてくださいね。

食欲、睡眠欲、性欲…“欲”は内側から引き起こされる体の声

まずは、自分の体に触れて心地よく感じるコト自体が親御さん自身がもしかしたら「いけないことだ」と誤解しているかもしれないので、その点についてお話しさせていただきます。日本は諸外国に比べて性の健康教育に大きな遅れをとっていると思います。海外では5歳でも信頼関係があるなかではセックスについての絵本などを一緒に読んでいる状況は当たり前ですし、自分自身の性器に触れることについても親から話があるのが当然な状況です。

多くの日本人にとっては初めて知ることだと思いますが、自分自身の体で触っていけないところがあるって、なんだか不思議な話ですよね。それこそ、ルールはあります。不潔な手で触れないことや、他の人がいる前では触れない。そういったことも5歳くらいで話してもいいんです。まだまだ日本は女性がセルフプレジャー(自慰行為、マスターベーションといわれていますが、本来は自分を喜ばせることの意味を持つセルフプレジャーとよぶのが相応しいと思います)をすることに関して抵抗感や誤解があります。男性だけが必要と思われていますが、人間にとって3大欲求の一つなんです。それは性別をこえて人間が持つ当然の「欲」なんですよね。“欲”とは“意欲”に繋がる様に、大切に扱わないといけないものですが、日本はまだまだ性の健康についての情報が少なく、この相談で初めて知る方も多いかもしれません。自分を愛するためのに自分の体を愛でていいのです。

セルフプレジャーはやってはいけないことではなく、自分自身の「心地よさ=快」に結ぶものにもなるのです。
ただ、ルールがあることや、お子さんだからこそ気にかけてあげてほしい事があります。

ルールを伝えカラダとココロを気遣うアプローチを

Getty logo

きっと心地よさを感じる「欲」と知っていただけたら、無理やりに止めようという考えではなく、さきほどお伝えしたルール「清潔な手で触れる」「ほかの人の見ているところでは触れない」を伝えたり、たとえば無意識にパンツのあたりに手が言ったときに「かゆくなってない?」「痛かったかな?」とちょっと気にかける程度の声かけでもいいですし、お子さんが夢中になれるような遊びに声をかけてあげることもおススメです。

年齢に合わせて好きな遊びってありますよね。お嬢さんの好きな遊びトップ3はなんでしょうか? お嬢さんと一緒に遊んで「いいね、いいね」と花マルをいっぱいつけてあげて下さい。またスキンシップも大切です。ハグしたり、髪を丁寧にとかしてあげたり、いいところを沢山伝えてあげてください。

もし、忙しいママで毎日「早くしなさい!」って言ってばかりならぜひ、お休みの日だけでもいいのでゆっくりお嬢さんのペースで好きな遊びを一緒にしてみてください。きっと心への気遣いが「心地よさ」になり、変化が訪れます。特別なお出かけよりも、「ほっとする」気持ちで過ごした何気ない日が実は子ども達にとってとても重要です。そして、5歳でも一人の女性(小さいけれど)としての部分を大切にしてあげるためにも、日々の寄り添い方をお互いが心地よいものにしていけるといいですね。

こんな風になったのは私のせい?

よくあるケースで「こういうことをするのって、私の育て方がおかしかったから?」と自分自身を責めてしまうママがいますが、それは違います。“子ども自身の内側から出る欲求”という成長なんです。すべて育て方のせいだったり、親の対応がまずかったから…ということではありません。

自分自身を責めるとどんどんマイナスな気持ちのループが発生してしまいます。

責めるのではなく、振り返り、今これからできること、笑顔になることをワクワク見つけていけば良いのです。どうぞ肩の力をどんどん抜いて、リラックスして子育てしていってくださいね。

最後にもう一つ、大切なルールとして“プライベートゾーン”についてお子さんに伝えてあげて下さい。水着で隠れる部分は他人に見せないし触らせてはいけない。自分は触れていいけれど、他者に触れさせてはいけないんだよ。ということを伝えてあげてください。性の健康教育がまだまだ日本は諸外国に比べて遅い現状、親御さんから伝えられる“自分を大切にするキーワード”として、ぜひこのことを同時に届けてあげてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

なぜ40男が嫌われるのか?40男たちの生きづらさとは?『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者 大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんインタビュー!親との関係、学校教育、就職氷河期、どんどん変わる社会…40男が嫌われる理由について率直に語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター