女だらけの職場 正直やりにくい! 【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#7】

女だらけの職場 正直やりにくい! 【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#7】

「新しい職場環境で頑張ろう!」と思った矢先、想定外の職場環境だと身構えてしまいますね。今回は、女性だらけの職場で周囲とどのようにコミュニケーションをとればいいかというお悩みでご相談です。職場で円滑なコミュニケーションをとるための方法をロジかわ思考でお伝えします。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】女性ばかりの職場で正直やりづらいです。周囲とどのようにコミュニケーションをとればいいですか?

パートで働き始めたのですが、職場の人間関係に悩んでます。女性ばかりで10代後半の子から60歳の人までいます。お局の方々がいて、その人たちに目をつけられると大変なようですが、私は人と積極的にお喋りができないし、お世辞を言ったりもできません…。どんな風に周囲とコミュニケーションをとればいいでしょうか?(39歳 Yさん)

なぜ、女性ばかりの職場は大変だと思われるのか?

女性だらけの職場・・・と聞くと、多くの方が「大変そう」「めんどくさそう」だと思いますよね。Yさんも、まだなにかが起きたわけではないと思いますが、漠然と不安に思っていらっしゃるのだとおもいます。

実際に私も前職は全員女性のみの部署でした。当時、社内で根拠のない噂話が流れたり、女性同士の小さな嫉妬心から大きな派閥ができたといったことが身の回りで起きていたのも事実です。そんな話をきくと、「大変そう・・・」と思ってしまいますよね。しかし決して、女性だけの職場が大変なわけではありません。

女性の特徴として察する能力が高く、共感力がはたらきやすいので、助け合いの精神が強かったり団結力があったり、些細な部分まで配慮が行き届くなどのメリットもあります。しかし、男性に比べると“おしゃべり好き”な女性が多いので、情報が多く飛び交います。仕事の情報共有は早いですが、仕事以外の必要のない話やうわさ話、事実でもない情報までもが流れ、勘違いやトラブルが発生することも起きやすいと言えます。

そんな環境の中で、周囲と上手にコミュニケーションをとっていくにはどうすればいいのか、ロジかわ思考でお答えいたしますね。

苦手な人とも上手に付き合うためには

Getty logo

「あの人に目をつけられると大変」とか、「他人の話をすぐに言いふらすスーピーカータイプの人とどう接していいかわからない」など一度、苦手意識をもってしまうと、どうしても会話や対面の機会を避けてしまいがちです。しかし、社会人としてフォーマルな対応は必要です。
無理をして仲良くするのではなく、会話する内容を整理します。たとえば、どんな相手でも職場であれば、このようなコミュニケーションは必要です。

・挨拶をする
・無視や避けることはしない
・仕事で必要な情報を共有する/(上司部下であれば)報告・連絡・相談をする

嫌な感情が湧き、“ふつう”に接することができなくなるからこそ、挨拶や最低限のコミュニケーションをとることを心がけます。自分が避ければ相手にも伝わりますよね。女性はとくに敏感です。自ら関係が悪化するようなことは禁物です。そのうえで、話す内容には注意をします。例えば、

・感情的な話は控える
・冗談は言わない
・合いそうな話題は避ける

こういった話は、“事実”よりも“意見”が多く、感情的になったり誤解が発生しやすいものです。話す時間、接する時間も短くしつつ、きちんと対応することがポイントです。

相手のタイプを見極める

さまざまな女性がいる中で、相手がどのタイプかを見極めておくといいでしょう。

物事を事実で判断する人なのか? 感情で判断する人なのか? また、ポジティブにとらえるのか? ネガティブにとらえるのか?

私は、これを「ロジかわ」「ロジぶさ」「エモかわ」「エモぶさ」と4つのタイプに分けています。(参照:“ロジかわ”ってなあに?【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#1】

見極めるポイントは、たとえば、仕事でミスをして上司から注意をうけたときの反応でわかります。

注意されたことを怒られたと逆ギレしたり、極端に落ち込み、感情的になって周囲に愚痴を言う人は要注意です。もちろん、誰でも一瞬は感情的になりますが、自分がミスをしたから指摘された、ととらえることができるかどうかはとても大切です。なので、感情で判断し、ネガティブな発言をする「エモぶさ」の人には、特に注意が必要です。情報の受け止め方が事実からずれ、自分の意見を主張してしまいがちです。また、自分の意見に共感してほしくて、オーバーに話をふくらませ、味方をたくさん作ろうとします。

このようなタイプの方とはコミュニケーションをとるときに誤解をまねかぬよう、言葉を省略せずに会話をしていくのがおすすめです。

円滑なコミュニケーションをとることも“仕事”

Getty logo

職場は必要最低限の情報共有だけでいいのでは? と思う方。理屈では確かにそうかもしれません。

しかし、それだけでは女性の世界でうまくいかないことを女性のあなたもわかっているはずです。私は、論理的に考えかわいげのないこの思考を「ロジぶさ」思考とよんでいます。「ロジぶさ」思考の女性は、感情ではなく理屈だけで考え、愛想がないので女性に敵対視されることも多いです。

挨拶をする、笑顔で接する、表面的な雑談するという風に「ふつう」に接すること。わざわざ嫌いだと勘違いされるような接し方はせずに、仕事を円滑にまわすために必要なコミュニケーションだと思って接してみてください。ただし、不必要すぎる感情的な会話は極力避け、上手にお付き合いができるといいですね。

職場の中にいる、声の大きな「エモぶさ」の女性の意見ばかりに振り回されないことも大切です。感情的な意見にふりまわされずに、ロジかわ思考で職場の方との人間関係もうまくつくっていきましょう!

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

すれ違い夫婦 結婚している意味ある?【夫婦問題お悩み相談室 #42】

結婚はゴールではなく、パートナーとともに人生を歩み始めるスタート地点。自分の問題だけでなく相手のあることだからこそ、あれこれ考え、悩みも生じます。あなたにとっての「結婚」とはなんですか。改めて「結婚」について振り返ってみました。


外面ばかりいい夫にイライラ… どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #28】

外面ばかりいい夫にイライラ… どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #28】

お付き合いしているときと違って、結婚すると相手を見る目が違って来ることも…。「こうであってほしい」と理想の結婚スタイルがあるがゆえに期待度が増して、浮上する悩みもいろいろ。今回寄せられたご相談もそんな悩みのひとつです。


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google