更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

眠い! とにかく眠い

40代になると、睡眠に関する悩みを抱える人が増えてきます。「眠れない」という悩みがある一方で、「朝起きられない」「眠っているのに眠い」「日中に強烈な眠気がやってくる」ということもあります。新種の金縛りではありません。実は、女性特有の理由があって「眠気」が起こっているのです。

更年期は誰もが通る道ですが、この時期は女性ホルモンの急低下から自律神経が乱れやすくなります。自律神経は大きく「交感神経」と「副交感神経」に分かれています。「交感神経」は興奮を司る神経です。活発に活動するときや、運動をしているときに優位にはたらいています。「副交感神経」はリラックスを司る神経です。休んでいるときや、睡眠時に優位にはたらいています。

この2つの神経のバランスが乱れてしまうと、さまざまな不調があらわれます。日中なのに強烈に眠いという場合は、交感神経が優位であるはずの時間帯に副交感神経が優位になってしまっている証拠です。他にも、自律神経の乱れによって、夜眠りたいのに眠れなかったり、深夜のホットフラッシュで目が覚めてしまったり、朝起きたいのに起きられなかったりということがあります。

カラダに素直に休んでみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日中ついつい眠ってしまうと、周りから「怠けている」と思われているんじゃないか? と思ってしまう辛さがありますよね。眠気をなんとかするために、カフェインや栄養ドリンクを試したくなりますが飲み過ぎはオススメできません。過剰摂取で疲労感が増したり、しっかり眠りたい夜の時間帯に質の良い睡眠が得られなくなってしまいます。

眠くなったとき、休める場合は、目を軽く閉じたり仮眠をすることをオススメします。特に車などを運転している時や、食事を作っているときにくる眠気は命がかかっていますから、眠気くらい大丈夫とは思わず、休んでから次の行動をしましょう。

動いて自律神経を整える

対策としてオススメなのは、カラダを動かすことです。運動には「自律神経を整える」効果があり、更年期症状が緩和されることも認められています。ウォーキングや10分程度のかんたんなストレッチでも効果があります。

仕事中などで、カラダを動かすことが難しい時は、両手の指を組んで手の平を天井に向けてグググっと、両腕を上に伸ばしてみてください。これだけでも血流が良くなり頭もスッキリします。

眠気と病気

日中眠くても、日常生活に支障がない場合は自然にまかせて過ごしてみてください。しかし生活に支障が出るような眠気の場合は、もしかすると他のカラダの異変が起こってるのかもしれません。

人は強いストレスを受けていると脳を守るために眠ってしまうことがあるそうです。日中の異常な眠気の背景にはうつ病や自律神経失調症、甲状腺異常が隠れている場合もあります。必要なときには病院へ行き専門家を頼ることも、更年期を乗り越える大切な知恵です。

体調を改善しようとする過程でカラダが変わる

「更年期なんて気の持ちよう」という言葉をしばし耳にしますが、自分の意思ではコントロールできないことがあります。「眠い」「だるさ」などは、見た目では分からないこともあり、周囲の人たちに理解してもらえない辛さもあります。

悩んでいるときは、信頼できる人にその悩みを相談するというのも手です。更年期はさまざまな症状に悩まされることもあり、心とカラダと向き合わざるを得ない時期です。しかし、それをきっかけに生活リズムを整えたり、運動習慣を取り入れてみたり、体調を改善しようと工夫を重ねる過程で、カラダは確実にいい方向に変わって行きます。ここで身につけた心や体をいたわる工夫は、今の体調改善だけでなく、将来の自分を輝かせる力になるはずです。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

「まさか夫が?」今回は男性の更年期のお話です。更年期障害は女性だけに起ることではないのです。パートナーや周囲の人がなるかもしれない男性更年期について、気を付けなければいけないポイントや対処法とは?女性も知っておきたい男性の更年期についてご紹介します。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

「わたしには更年期はなかった」といった話を先輩方から聞いたことがあるかもしれません。その一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方もいらっしゃいます。全員が通る道なのに、いったいこの差はどうして起こるのでしょうか? できるなら更年期をラクに乗り切りたいですよね。その秘訣を教えていただきます!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター