セックスに淡泊な夫… 私から誘ってばかりで辛い【夫婦問題お悩み相談室 #13】

セックスに淡泊な夫… 私から誘ってばかりで辛い【夫婦問題お悩み相談室 #13】

夫婦問題カウンセラーの私のところに寄せられる相談で、「妊活」や「セックスレス」に関するご相談が最近とても多くなりました。誰にでも話せる内容ではないので表面化していないだけで、案外多くの女性が一人悶々と悩み苦しんでいるのかもしれませんね。今回は、そんなセックスレスの悩みをもつ妻からの相談です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】 セックスレスになってしまいました。私は性欲があるのに、夫からは誘われないので辛いです。浮気はしたくありません。

39歳の主婦です。結婚当初からあまり夫とはセックスがなかったのですが、子どもが生まれてから、ますますなくなってしまいました。今は一か月に一度あればいい方です。それも私から誘うばかりで夫から誘われることはありません…。私はもっとセックスしたいなと思っているのですが、浮気はしたくありません。どうしたら夫が積極的にセックスをするようになるでしょうか?(Bさん・39歳)

「セックス」や「妊活」で悩む妻が増えている!?

ひと昔前に比べ、だいぶオープンになってきたとはいえ、日本では、まだまだ性に関する話題はタブー視されています。誰にも相談できないと一人モヤモヤと悩んでいる女性は意外と多いのではないしょうか。最近、カウンセラーである私のところに寄せられる相談も、「妊活」や「セックスレス」など、性に関する内容が増えています。

Bさんのお悩みを整理してみます。
「性欲があるのに、夫が応じてくれない。浮気はしたくないがどうしたらいいでしょうか」という内容です。性欲があるのにセックスレス状態で満たされない。もっと、夫が積極的になってくれたらいいのに、と望んでいます。自分の性欲を満たすための浮気はしたくない、と考えているBさんですが、その心の奥にある本音について探ってみましょう。

「セックスレス」の定義とは?

そもそも「セックスレス」とはなんでしょう。一般的なセックスレスの定義は、「特殊な事情が認められないにも関わらず、カップルの合意した性交、あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想される場合」(日本性科学会)とあります。

セックスの頻度は各家庭によって異なり、何年もの間、セックスレスの夫婦もいます。私の過去のご相談で、お付き合いから結婚後5年もの間、一度も肉体関係がないという方がいらっしゃいました。夫婦の一方に不満があるのなら問題となるのですが、こちらの場合は、夫婦関係として成り立っていたのです。ご相談者は、「我が家はこれでいいけれど、よそと比べておかしいのでしょうか」と不安を感じてのご相談でした。

これは特殊なケースかもしれませんが、このような例もあり、夫婦によってセックスに対する解釈や捉え方は異なります。レスだからといって、悪いわけでも間違いでもないないのです。

Bさん夫婦の場合は、一ヶ月に一度程度は性交渉があるので、セックスレスと断定しなくてもいいのではないでしょうか。ご主人は、Bさんからの誘いを拒否するのではなく、応じているのですから、望みはあると思います。

「浮気はしたくない」に隠された本当の気持ちとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「浮気はしたくない」というBさん。その言葉の奥にある、Bさんの本当の思いとはなんでしょう。性欲があるので、他の男性と関係を持ちたいけれど、不倫によって家庭を壊したくない、ということでしょうか。この辺りは、詳しくお話を聞いてみないとわかりませんが、いまの結婚生活は壊したくない。つまり、ご主人ともっと仲良くしたい、そして、ご主人にもっと愛されたい。ご主人に抱かれたいというのが、Bさんの本心ではないでしょうか。

それができなくて「寂しい」のではないかと思います。ご主人への思いがあるとしたら、その気持ちをもっともっと大切にしたいですよね。

夫が大切にしてくれないからと、他に目を向けるのではなく、「夫からもっと愛されたい」という自分の気持ちを大切にして、アクションしてほしいと思います。

「夫は大切な人」と自覚して、コミュニケーションをとる

夫婦関係はやはり、コミュニケーションが基本です。

何も聞かずに「夫は淡白」「セックスレス」と結論づけるのは、一人よがりかもしれません。まずはBさんの「寂しい」気持ちを伝えてみてください。そして、夫が考える「セックス」とは何か。どんなセックスを望んでいるのかリサーチしてみることも大切です。男性からはなかなか言いだせないことなので、ご主人が言いやすい雰囲気づくりを心がけてくださいね。

また、ご主人が積極的になれないのは、別の理由があるのかもしれません。仕事のストレス、体調不良、環境、メンタル面などが影響していることもあります。思い当たるフシはありませんか。二人の話合いの中で、こちらも確認できるといいですね。

多くの情報を得ることで視野が広がります。今はネットからも性やセックスに関する情報が得られますし、専門のカウンセラーも大勢います。
Bさんの本心である「夫は大切な人だ」ということを認め、夫婦で情報を共有し、夫婦間のコミュニケーション力を高めてみてください。お互いの気持ちを確認して歩み寄ることで、これからの関係性と展開が変わってくると思いますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


「太ももが硬い夫」となら素敵なセックスができるかも⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#13】

「太ももが硬い夫」となら素敵なセックスができるかも⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#13】

前回からセックスレスになると妻が損する理由を夫婦仲研究所所長の三松真由美先生に教えていただいておりますが、この記事を読んで「夫と抱き合うなんてありえない!」あるいは「夫の誘いにしぶしぶ応じてるものの、できれば寝かせて」という方もいらっしゃるでしょう。そんな方々に「喜んでいたしましょう」となる秘策をお伝えします。


義理の両親の介護問題に頭を悩ませています【夫婦問題お悩み相談室 #18】

義理の両親の介護問題に頭を悩ませています【夫婦問題お悩み相談室 #18】

夫婦だけでなく、家族同士のつながりでもある結婚。配偶者の親族とのお付き合いが始まります。実の親と同じように、義理の両親も歳を重ねると、やはりいろいろと心配ですよね。老後についても考えなくてはなりません。今回は、義理の両親の介護問題についてお話します。


気づけば結婚10年以上!いつまでも夫婦仲良くいるために【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76】

気づけば結婚10年以上!いつまでも夫婦仲良くいるために【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76】

愛する夫との生活も、気がつけば10年以上。慌ただしい毎日だけど、何とかここまでやってこられたなあ。なんて感じているアラフォー女性も多いのではないでしょうか。たまには一息ついて、今までのふたりを振り返ってみましょう。思い出を整理してみると、次の10年も夫婦仲良く幸せに暮らしていくヒントが見つかるはずですよ。


妻が得するセックス好循環!“夫の老化”は妻が予防しよう【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#12】

妻が得するセックス好循環!“夫の老化”は妻が予防しよう【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#12】

夫のオッサン化を防止すると妻にもいいことがたくさん⁉大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情第12回目は、夫のオッサン化防止についてです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター