ラブラブ夫婦は寝室で何をしているのか? 40代からのセックス観【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

ラブラブ夫婦は寝室で何をしているのか? 40代からのセックス観【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

「幸せな夜の夫婦生活」とはいったいなんでしょう? やはり愛ある“感じる”セックスを“定期的”にすること? 必ず挿入しなきゃダメ? すずね所長の見解は少し違うようです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

まずはセックスの定義を崩しましょう

“アラフォーもオバフォーも、セックスから遠ざかってはいけません”というのが私の提言であります。セックスの定義をとっても広くしておくと、気持ちが楽になります。パートナーと組み合って前戯→挿入→絶頂というセックスの定義は崩してください。脳のセクシースイッチをオンにすることが大事と散々唱えています。相手に対して

ドキッとする。
ウフンとする。
ジュンとする。


それがセックスの入口なので、相手に異性を感じたらセックスの初期段階はクリアしたとカウントしていいのです。2002年から行われているセックスレスに関する調査。最近の結果だとセックスレスカップルは47.2%です。これはおそらく挿入を伴うセックスをイメージした回答と思われます。私が以前協力したプレジデント誌の40代以上夫婦セックス事情では7割の夫婦がセックスレスでしたので、年を重ねた夫婦はしなくなるというのが一般的な見方でしょう。なぜでしょう? 飽きるから? マンネリ化でつまらないから? 異性として思えないから? 色っぽくなくなるから?

ほんとに年を重ねるとドキリもウフンもしなくなるのか。そんなことはないという事例も少なくありません。

幸せな夫婦生活の実態

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

【とある事例 その1】
藤香さん(48歳 仮名 夫59歳)の場合


藤香さんの旦那さんは、11歳年上です。白髪も出てきてちょっぴりメタボ。50代前半から会社のストレスでED気味。旦那さんから夜のお誘いをすることはありません。藤香さんは年上の男性に憧れて結婚したので旦那さんのことが大好きです。甘えられる、世の中のことをよく知っていて知的、経済的に余裕がある。セックスも20年前は濃厚で、藤香さんが知らないプレイをいろいろ教えてくれ、前戯も元彼とは比べ物にならないくらい長くて丁寧。セックスは大満足でした。でもこの10年のセックスレス。普通、この状態ですと妻側が欲求不満で悶々するのですが、藤香さん夫婦はちょっとした日々のスキンシップを忘れずにとり、週末の夜は挿入はないものの手技でお互いを楽しませています。かならず藤香さんはオーガズムを味わいます。藤香さんはセクシャルなアクションがあることで満足し、特に挿入はなくても「年上夫に愛されている感」が継続しています。ウフンとジュンという感覚があれば、夫婦は男女の関係を忘れずにいることができるのです。


【とある事例 その2】
果耶さん(43歳仮名 夫43歳)の場合


果耶さんは中学生の二人の子供の部活と塾に振り回されるかたわら、ネット関連の在宅ワーカーをしています。忙しすぎてセクシースイッチがはいらなくなり、旦那さんのお誘いにすべてNO出し。自室でパソコン仕事をするので寝室も別です。またたくまにセックスレス歴2年。ある日、旦那さんがエッチなグラビア付きの雑誌を買っていたのを見つけたので「やだあーエッチー」と言ってしまいました。すると「俺、まだ枯れてないし。果耶とできないなら五反田の回春マッサージ行くからな」とふてくされてしまいます。ギャグで返してくれない旦那さんを見て、ハッとしました。「まずい、私の方こそ枯れてきてる。旦那が風俗や浮気に走ったらいやだ」と反省し、週末の夜中に旦那さんの部屋に忍び込み、旦那さんに乗っかりました。そこで見事セックスレス解消。2年ぶりのセックスは新鮮で、意外にも燃え上がり「こんなによかったっけ?」と果耶さん自身がびっくりするほど滴りました。その日を復活祭と名付け、今では子供が塾に行ってる早い時間でもチャンスがあれば旦那さんの部屋に遮光カーテンをひいて励むことになりました。

既成概念は捨てて ふたりのルールでセックスを楽しめばいい

挿入をともわずとも性的関係を維持し、お互い男と女の役割を把握している藤香さん。セックスレスだったけれど、夫の性の欲求に気づき、復活に向かった果耶さん。セックスの定義を広げたり、タイミングをみはからって再開したり、いずれもハッピーな夫婦関係を築いています。セックスレスが当たり前の風潮になっている我が国ですが、セックス観を自由化し、ウフンとジュンを忘れないよう心がけていると、浮気や風俗通いの心配から解放され、女性側も現役感が倍増してゆきます。つまり、きれいに年を重ねられて、おじさんっぽいおばさん化を防ぐことができます。

参考:一般社団法人日本家族計画協会調査

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


「太ももが硬い夫」となら素敵なセックスができるかも⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#13】

「太ももが硬い夫」となら素敵なセックスができるかも⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#13】

前回からセックスレスになると妻が損する理由を夫婦仲研究所所長の三松真由美先生に教えていただいておりますが、この記事を読んで「夫と抱き合うなんてありえない!」あるいは「夫の誘いにしぶしぶ応じてるものの、できれば寝かせて」という方もいらっしゃるでしょう。そんな方々に「喜んでいたしましょう」となる秘策をお伝えします。


妻が得するセックス好循環!“夫の老化”は妻が予防しよう【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#12】

妻が得するセックス好循環!“夫の老化”は妻が予防しよう【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#12】

夫のオッサン化を防止すると妻にもいいことがたくさん⁉大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情第12回目は、夫のオッサン化防止についてです。


“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情。今回は我々アラフォー女性の“性欲”についてのお話です。年齢を重ねると性欲はなくなる?いやむしろ閉経前は性欲が増すの?1万組以上の夫婦のセックス事情を聞いてきた三松先生に教えていただきましょう!


人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#10】

人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#10】

前回より人生100年時代の性への向き合い方について三松先生にお話いただいたいておりますが、今回はより踏み込んで40~79歳のセックス事情とシニア、高齢者セックスについて語っていただきます。「もうセックスしなくてもいいや」と思っている皆様。アラフォーでセックスを諦めてしまって本当にいいのでしょうか?


セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

もはや社会現象ともいえるセックスレス問題。多くの家庭で多くの夫婦がこの問題に直面していることでしょう…そんなセックスレスに美髪がどう関係するのか⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美先生にお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター