「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

最初のきっかけが大切です

ダイエットも貯金も最初のきっかけが大切です。言い換えれば、どれだけ本気で取り組むことができるか、ということです。

ダイエットを行うのも、お金を貯めるのも、今までの生活スタイルを変えるということですので、最初はガマンをしないといけない場面が出てきます。

ここで、「今回はしっかりと結果を出すぞ!」という強い意志がなければまたいつもの体重や、お金の使い方に戻ってしまうのです。

目標値を設定しましょう!

Getty logo

ダイエットも貯金も、成功の秘訣はしっかりと「目標値」を掲げることです。

ダイエットも貯金も、これまでの生活スタイルを変えることになるのでどうしてもストレスが発生してしまいます。ストレスに負けてしまうとリバウンドしてしまい、せっかくがんばってきた苦労が水の泡になってしまいます。

そこで、最初に目標値を設定しましょう。数字があることで、ゴールまでの距離が明確になります。徐々に目標に向かって近づいていることを実感できると、ストレスより嬉しさの方が勝り、ダイエットや貯金そのものが楽しいと思えるようになります。

目標値は、最初から頑張りすぎず、まずはできそうな小さな目標を立てて、できたらレベルアップさせていくとよいでしょう。

あなたは無理なくスローペース派?それとも一気にハイペース派?

ダイエットをする場合、夕食後のデザートをガマンする、といったような軽いものからゆっくり始める方法もありますし、断食のような厳しい方法で一気に体重を減らす方法もあります。

貯金も同じです。ちょっとだけ自動販売機のジュースをガマンして、家からお茶を持っていく方法で節約を始める方法もありますし、極限まで支出を減らす方法もあります。

しかし断食が体に大きな負荷をかけるように、極限まで支出を減らすことも心に大きな負荷をかけてしまいます。目標が達成できた瞬間に散財してしまっては何のために努力を続けてきたのかわからなくなってしまいます。

自分にあった方法で継続できるやり方をしていきましょう。

成功の鍵は目標達成のための戦略設定

ダイエットの王道は入ってくる数字(カロリー)よりも出ていく数字(消費カロリー)を増やすことです。

この単純なことを実現するために世の中には様々なダイエットの方法があふれています。それはそれだけ多くの人が失敗しているからなのです。ある人にとってはうまくいく方法も、他の人にとってはうまくいかないことも多いので、様々なダイエット法が編み出されているのでしょう。

例えば、「夕食に食べたものは体に取り込まれやすいので夜は軽めにしたほうがよいですよ」と言われて、朝・昼しっかり食べて痩せられるならこんな楽な方法はないと感じる人もいるでしょうし、一日の終わりにビールを飲むことが一番の楽しみだった人はそれができないのはすごく辛いと感じるでしょう。

また、消費カロリーを増やすためにランニングを始めてみたところ、走ること自体が楽しくなってどんどん痩せていく人もいます。

貯金の方法も同じです。

入ってくるお金(収入)より、出ていくお金(支出)を小さくするほど、お金は貯まります。自分に合う戦略を考えていきましょう。

そこでまずは今の支出の割合を分析して理想の家計割合と見比べてみましょう。

例えば理想の家計割合よりも、住居費の割合が多いと分かったら、住居費を見直すことができそうなのか考えてみます。見直しが難しいようであれば、ほかの費目で考えてみます。自分にとって優先順位の低い支出を減らすのがポイントです。

同じ1万円を貯金に回すのも、お小遣いを減らすのと、支出している意識がない銀行口座から引き落とされている固定費を減らすのとでは、ストレスのかかり方は大きく異なります。

体質改善が健康への近道

究極の理想の状態はダイエットも貯金も「考える必要がない」状態です。

お酒もほどほどで、普段から運動をして暴飲暴食しない生活をしている人はダイエットを考える必要はほとんどないでしょう。

その人がそのことに対して無理をしているかと言われると、そんなに無理をしているようには見えないはずです。きっとその人は甘いものを食べ過ぎるよりもスリムな体でいるほうがずっと心地よいと思っているからでしょう。

貯金も同じです。いつも「頑張って貯金しよう!」と決心しなくても貯金ができている健康な家計状態になっていればおのずと貯金が増えていくのです。

FP事務所アイプランニング代表 飯村久美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまでの家計診断は800世帯。セミナー回数は年間100回を超え、女性の幸せなマネーライフをサポートしている。

関連する投稿


投資の基本「お金に働いてもらう」という考え方【ぐうたらさんでもお金が増える#01】

投資の基本「お金に働いてもらう」という考え方【ぐうたらさんでもお金が増える#01】

こんにちは家計研究家の氏家祥美です。お金はコツコツと貯めるだけじゃなく、“お金にも働いてもらう”という発想を持つと、可能性がぐんと広がります。リスクを抑えたコツコツ投資をまずは小さく始めてみませんか?


万が一に備えて…大切なペットの将来に財産を残す“ペット信託”

万が一に備えて…大切なペットの将来に財産を残す“ペット信託”

「ペットは家族! この子がいなくなったら生きていけない…」なんて思っているあなた。ペットこそ、あなたがいなくなったら生きていけません。そんな時が万が一くるかもしれないことに備えていま、ペット信託なるものがあります。それはいったいどんなものなのか?今回は、大切なペットのために知っておきたいペット信託についてご紹介します。


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。


お給料が減った! 見直すべきは“お小遣い”ではなく“〇〇費”【簡単シンプル貯蓄術#3】

お給料が減った! 見直すべきは“お小遣い”ではなく“〇〇費”【簡単シンプル貯蓄術#3】

皆さんのご家庭は、お小遣い制ですか?シングルの方はお小遣いという項目を別にしていますか?あまり意識していないかもしれませんが、自分用に自由に使えているお金=お小遣いとして考えてみてくださいね。今回はそんなお小遣いを給料が下がったからと言って減らしてはいけません。というお話です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。


まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期って一体何歳から始まるの? 日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第一回目は“肩こり”です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google