42歳 生理不順です… もしかして閉経?【アラフォーからの性教育 Q&A#9】

42歳 生理不順です… もしかして閉経?【アラフォーからの性教育 Q&A#9】

女性ホルモンのバランスの崩れと共に生理が不順になる女性も多いそうです。このまま閉経してしまうの…? となかば恐怖に感じている人も多いかもしれません。それを踏まえて


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

Q:最近生理がどんどん不順になってきてしまっています。このまま閉経してしまうのではないかと不安です。

【お悩み】
ストレスのせいなのか加齢のせいなのかわからないのですが、最近どんどん生理が不順になってしまっています。まだ42歳のなのにこのまま閉経してしまうのかと心配です…。42歳で閉経することってあるのでしょうか? またこれって更年期なのでしょうか?

女性ホルモンの波を知ることで見えてくる自分の変化

42歳。私も同じアラフォー女性として同じような経験があります。すべての女性がこんな風に自分の月経(生理)の変化を見つめる時期にちょうど入るサインなんです。なによりも、こうやって自分自身の変化に疑問をもったり、不安になれるってそれだけ自分のことを見つめているという結果ですよね。気が付いて主体的に女性ホルモンについて知っていくことで、自分の変化を丁寧に見つけるようになれます。素晴らしい質問をありがとうございます。

第一回目にも書かせていただいたように、女性ホルモンには波があります。一つは小さな波として、毎月毎月訪れる月経の波と大きな生まれてから人生を閉じる時までにあるホルモンの波です。

今、月経サイクルが長くなって来たり、経血が少なくなったり、逆に1か月で2回も月経がきてナプキンにかぶれてしまった、2か月以上月経がない…などの変化が起こったのは大きなホルモンの波が下り坂になってきたよ。というお知らせの一つでもあります。

基礎体温を測っているとそのホルモンの波の把握がよりシンプルにわかりやすくなったりもします。自分の体の声のような形で月経の変化が自分の変化を教えてくれるのです。

閉経って怖いこと?答えはNO!change of lifeの人生のシフトチェンジ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大きなホルモンの波の低下はどんな女性にだって訪れるものです。そして、閉経の平均年齢は50歳。その前後5年の期間のことを更年期といいます。どんな女性にも訪れるモノです。「更年期=具合が悪く、辛く苦しそう、大変そう」というイメージがあるかもしれませんが、英語では「change of life」といいます。日本でも「更年期」を「幸年期」に変えたほうがいいと思います。ちょっと気をつけなきゃいけないのは「幸せ」という字も一本足りないと「辛い」になってしまいます。

実はそのイメージや一本足りないって、「知識や経験」だったりするのかな、と思っています。閉経や更年期は体を今まで健康にするようにサポートしていた女性ホルモンが減少することで「未病から病気」へ傾きやすくなる傾向にありますが、それを知っていると知らないでは大きく違います。

怖がらず、自分の体をしっかりと知りながら、人生を楽しむためのシフトチェンジのチャンスが訪れたと思ってみましょう!

かかりつけ婦人科との出会いを楽しむ

以前の記事でも婦人科への敷居の高さをたびたび書いておりますが、自分の体のことを知るために、ぜひ婦人科を受診することを恐れないでください。自分の体のことを知っていきることはプラスの効果がたくさんあります。特に、このホルモンバランスっていうのは目に見えるモノではないです。

逆に採血をするとわかることがあります。ホルモンの波の時期もありますから、採血時期で多少ホルモンの数値的には変化があるかもしれませんが、今の自分のホルモン状態を知って、必要があればホルモンをサポートしてもらう治療もありますし、漢方薬などの治療もあります。

また、平行して自分の人生のために自分でエクササイズや栄養面などで出来るケアももちろんあります。

病院にかかりたくないから、自分で出来るコトだけ…、と必死になる前に、いったん「今、どんな状況?」と把握することがスタートになります。またがん検診にいかれてなかったりしたら、なおさら一度この機会にチェックしてみてくださいね!

最近は女性専門外来やアロマを取り入れた診察をされている先生など、先生たちも女性たちの健康のためにたくさんの角度からサポートをしてくださっています。

病院受診の際は自分の最終月経の日の把握や、もし可能であれば基礎体温表などもあるとより月経リズムが先生にも共有しやすいです。体温を測って自分自身が自分のことを把握できるという長所もあります。妊活おわったからもういいや~。ではなく、習慣として月経リズムが気がかりな時はぜひトライしてみて下さいね。

人生100年時代の今、QOL(クオリティーオブライフ)を考えたときに、閉経前後に婦人科をリラックスした気持ちで受診することが当たりまえという文化がこれからの日本には必要だと思います。

ぜひ素敵な婦人科医との出会いを探してみてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーを発症すると当然のことながら、コンドームは使えませんよね。他に避妊の方法はいったいどんなものがあるのか?助産師でバースセラピストのやまがたさんに教えていただきます。


“LGBT”友人が同性愛をカミングアウトどう接すれば?【アラフォーからの性教育 Q&A#13】

“LGBT”友人が同性愛をカミングアウトどう接すれば?【アラフォーからの性教育 Q&A#13】

性的マイノリティの方々の情報が世の中に出てくるようになりました。しかし、LGBTの友人がいるという方は少ないのではないでしょうか?告白することはとても勇気がいることです。勇気をもって伝えてくれた友人にどう接すればいいか。変な偏見を持つことなく、友人として大切に関係を育みたいですよね。そんなヒントを教えていただきます。


親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

様々な情報があふれる昨今、子どもに早いうちからきちんと性教育をしたいと思う親が増えています。しかし実際どのようにいつから始めたらいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきましょう!


産後、歯が弱くなったかも… 出産と歯の関係とは?【アラフォーからの性教育 Q&A#10】

産後、歯が弱くなったかも… 出産と歯の関係とは?【アラフォーからの性教育 Q&A#10】

歯と出産には関係があるのでしょうか? 今回は二人目出産後、歯が弱くなったと感じている40歳の方からのお悩みに助産師でバースコーディネーターのやまがたてるえさんにお答えいただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター