夫と会話していると「結論は?」と言われてしまいます【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#8】

夫と会話していると「結論は?」と言われてしまいます【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#8】

旦那さんに話を聞いてもらいたいのに、ちゃんと聞いてもらえない・・・途中ですぐに「結論は?」と言われてしまう…。せつないですよね。男性と女性の会話に対する認識の違い、話し方の癖をしり、どうすれば異性のパートナーに話を聞いてもらえるのか、ロジかわ思考で解決します!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】夫に話を聞いてもらうにはどうしたらいいのでしょうか

【お悩み】主人と話をしていると、ついあれこれ細かい話をしてしまい、途中から全く聞いていない様子。「ダラダラ話さないで結論から話して!」とせっつかれてしまいます。夫に話を聞いてもらうにはどうしたらいいのでしょうか。(42歳 Kさん)

なぜ、話が長くなってしまうのか?

旦那さんに限らず、誰かに話を聞いてほしいとき・・・細かい状況や心境を私たちは話してしまいがちですよね。これは、聞き手により共感をしてもらいたいため、詳細を話すんですね。とくに女性は男性よりもおしゃべりに「共感」を求めます。なにかあれば、「大変だったね~」「それはすごいね~」と共感をしてもらいたい。

だから、つい一言で終わる事実も、過去の経緯を話したり、登場人物の背景情報や自分の気持ちも伝えたくなります。そうすることで、感受性の高い女性同士であれば、話し手の思惑どおり「共感」して盛り上がります。しかし、旦那さんが同じように「共感」するかというとなかなか難しいものです。

私たちは、子どもの頃から国語の教科書をはじめ、小説、ドラマ、映画・・・とオチが最後にくるストーリー型の展開に慣れています。結論から話す話し方よりも「起承転結」で話すことに慣れているのです。これは、女性だけでなく、日本の教育環境で結論から話すという機会が少なかったからです。
結論から話す癖がなく、より共感を得たいと思うとどんどん話が装飾され長くなってしまうのです。

一方的に話を聞くのはだれでも苦痛

コミュニケーションは、会話のキャッチボールをするから面白いのです。
一方的に話をされるとどうでしょうか。例えば、学生時代、学校の先生の中でも淡々と一方的に話をする授業というのは飽きませんでしたか。
また、周囲でも一人で自分の自慢話や、趣味のことを永遠に話す人がいたら、ちょっと・・・となりますよね。

女性同士の会話では、話の合間にポンポンと合いの手をいれることが多いです。質問をしたり、途中で共感をしたり、自然とキャッチボールが成立します。しかし、男性の場合だと、話を聞く体制ができていても、「聞く」ことだけに集中すると、途中で口出しもせず、とにかく「聞く」のみ。そうすると、一人で一方的に話していた・・・ということはありませんか?

人の集中力は3分で切れます。ずっと話つづけることはできても、話を一方的に聞いている人は飽きますよね。
飽きさせないためにも、相手に質問を投げかけたり、途中で相手が話す隙間をつくることも大切です。会話は、二人で話して楽しむものです。
間違っても「ねぇ、聞いてる?」はダメです。ちゃんと「聞いている」から黙っていることが多いのも男性の特徴です。

ゴールが分かれば、話を聞いてもらえる!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、どうやって旦那さんに話を聞いてもらうといいのか。

まず、相手の集中力が切れる前に、最初に結論を話します。もちろん、うまく結論が言えないことだってありますよね。それであれば、それを伝えればいいのです。

「話を聞いてほしいんだけど、結論はなくて。ママ友のことなんだけどね、ちょっと考え方があわなくて聞いてほしくて」
「今日あった○○のことで、私の気持ちを共感してほしくて話すけど、聞いてもらってもいい?」

いちいちそんなことを言わなくても、察してよと思うかもしれません。でも、男性は、女性ほど察することはできないのです。
男性は「会話」は目的や用件を伝えるものと考えており、「共感」をするための会話という認識は低いのです。

あわせて時間もお伝えできるといいでしょう。

「○○のことで、10分くらい話を聞いてもらいたいんだけど」

どんな話の内容で、どれくらい話を聞くといいかが分かれば、多くの男性は聞く体制をとってくれるでしょう。男性は、ゴールの見えない会話を嫌がります。
ゴールがみえれば、いいのです。また、飽きないように一方的に話さずに、相手にも話す隙間を作って会話をすることが大切です。

最後に必ず感謝の気持ちを伝える

友人であれば、「話を聞いてくれて、ありがとう!すっきりした」と言葉をかけたり、お礼を伝えることは多いでしょう。

しかし、一番近い関係である旦那さんだと話を聞いてもらうのが当たり前になっていませんか。むしろ、「やっぱりこの人に話をしても、ちゃんと聞いてくれてない!」と不満そうな顔をしていないでしょうか。相手の反応に関わらず、話し終わった後は、「聞いてくれてありがとう。聞いてもらえるだけでストレス解消になったの。あなたにしか言えないかったから」とお伝えしましょう。

また、あなたご自身も旦那さんが話すときは「聞く」ということを心がけてみてください。男性は、女性ほど話そうとしないかもしれません。しかし、男女関係なく自分に共感をしてくれたり、話を聞いてくれるのは嬉しいものです。せっかく旦那さんが話をしているのに、自分の意見を強く言ったり、自分の話にもっていったりと話を聞かないとなると、よくありませんよね。ふだんから話ができる関係性をつくることが大切です。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


“デキる風”から“デキる”に変わる! 部下を育てる魔法の言葉【“ロジかわ”で世渡り上手に!#12】

“デキる風”から“デキる”に変わる! 部下を育てる魔法の言葉【“ロジかわ”で世渡り上手に!#12】

会社の後輩に、用件を指示出ししているのに伝わらない・・・。自分の伝え方が悪いのか、それとも相手の受け取り能力の問題なのか。円滑なコミュニケーションをとるために、少しロジカルに考えて話し方を工夫すると劇的に変わります。明日からすぐに実践できる方法をご紹介します!


反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


いや~なセクハラ上司は“ロジカル”に対処すべし!【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#10】

いや~なセクハラ上司は“ロジカル”に対処すべし!【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#10】

職場にいるセクハラ気味の上司や苦手な相手。できれば、距離をとりたくても共に仕事をしなければいけに相手だと困りますよね。上手な距離感でうまくお付き合いしていくにはどうしたらいいか、ロジかわ思考で解決します。


何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#9】

何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#9】

自分のことを心配して接する母親に、悩んだりストレスを感じることはありませんか。母親の愛情の現れだと十分にわかるからこそ、ないがしろにできず、負の感情をいだく自分にも罪悪感を覚え関係性について悩むことも。今回は、母親とどのように接していけばいいのかロジカルに解決します。


女だらけの職場 正直やりにくい! 【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#7】

女だらけの職場 正直やりにくい! 【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#7】

「新しい職場環境で頑張ろう!」と思った矢先、想定外の職場環境だと身構えてしまいますね。今回は、女性だらけの職場で周囲とどのようにコミュニケーションをとればいいかというお悩みでご相談です。職場で円滑なコミュニケーションをとるための方法をロジかわ思考でお伝えします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター