“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

“性欲”は人間が持つべき本能であり、欲なのです

「あなたは最近、いつセックスをしましたか?」「最近セックスしたいと思ったのは、いつですか?」こんなことを突然聞かれたら、驚いてしまう人がほとんどでしょう。女性同士でもなかなかしない、セックスの話。日本においてセックスや性の話は“下ネタ”とされ、話すのを恥ずかしがったり、茶化してしまったりと、自分のそういった本能的な欲求に「蓋をしている」女性が多いと感じています。

しかし大人なら誰もが知っている人間の3大欲求とは何でしょう そう、食欲・睡眠欲・性欲です。性欲は男性のもの、なんて思っていませんか。そんなことはありません。女性も本能的に男性の精子を欲し、肌の触れ合い、つまり「セックスをしたい」というタイミングが定期的にあって当然なのです。

セックスは日々のストレスを撃退し幸せにしてくれるもの

Getty logo

セックスには高級なプレゼントや仕事の成功では得られない快感、幸せがあります。

しかしそうは言っても、忙しい時やパートナーがいない時にはセックスレスになりがちです。産後のホルモンバランスの乱れによってセックスをしたくない時期があり、それからセックスレスという人も多いですよね。しかしもしもあなたが日々体調に気を付けて生活し、比較的健康体であるにも関わらず「セックスなんてしたくない。どうでもいい」と思っているのなら、それは少しこころか体に問題があるかもしれませんし、性における老化がぐんと進んでいるかもしれません。

先ほどからお伝えしている通り、性欲はあるべき本能的欲求の一つ。しかし、セックスで快感を得ていなくても、ずっと欲しかったバッグが手に入ったり、大きなプロジェクトが成功して仕事で認められたり、というのも大人の女性にとって大きな喜びでしょう。でも、そういった大きな喜びとも比べものにならないほどの「幸福感」をセックスによって得られるとしたらどうでしょうか。

しかもそれは、あなたのこころと体を内側から潤し、日々のストレスをなくしてくれます。そう!幸福ホルモンがあなたのストレスを撃退し、肌を輝かせてくれるのです!

疲れた日こそセックスを!

Getty logo

セックスがなぜ幸福感を生むのか、それは感情的な要素だけでなく科学的に根拠があります。女性はセックスで快感を得ることによって、通称“幸福ホルモン”と呼ばれるβ‐エンドルフィンとオキシトシンというホルモンを分泌します。

このホルモンこそが、ハイライトでは生み出せない自然な肌のツヤを与え、頭を真っ白にして嫌なことを忘れさせてくれるのです。
膣まわりの粘液はたっぷりと潤い、免疫力もアップ。ストレスから解放されて人にも優しくできるようになるとまさに良いことずくめです。

一方、久しく快感を得られていなければ幸福ホルモンは分泌されず、こころも体も潤いのない乾いた女性になってしまいます。感受性は乏しく、何にも感動しない、ギスギスとした印象に。肌や髪、瞳の潤いも無くなっていきます。

私がフィトテラピー(植物療法)を学んだフランスでは、疲れた日こそ「スーパーエクスタシーのあるセックスを!」となります。日本のように、疲れたから今日はセックスしたくない、ではなく、セックスでストレスや疲れが吹っ飛ぶことを知っているのです。

膣ケア不足がセックスレスを引き起こす

とはいえ、セックスレスになってしまったらどうすればいいの? と思った方はまず、丁寧に膣ケアをするところから始めてみたらいかがでしょうか。自分の膣まわりに目を向けるうちに、自身の女性性が高まり女性としての自分の体を慈しめるようになった! というお声を良く聞きます。そう、自分の膣まわりをケアすることこそがセクシャリティを見直す第一歩なのです。

セックスレスには様々な原因があると考えられますが、そのうちの大きな原因の一つは膣の委縮・乾燥です。セックスを迫られても、痛くて入らない、快感が得られないという方が本当に多いです。婦人科検診の機器や、ひどい方だと指一本入らなくなっていたという方もいらっしゃいます。

膣が委縮し、また乾燥が進んで粘液が出にくくなれば、セックスは痛いだけの行為で苦痛なのは当たり前。いつしかセックスに対して苦手意識が芽生え、したくない・しなくてもいいや、というマインドにつながります。

セックスをしたいけど、乾燥しているかも・痛いかもという時は、ローションを使うのもいいでしょう。思い切ってパートナーに伝えれば「セックスがしたくないわけじゃないんだ」と知ってもらえます。。そもそもパートナーとの触れ合いが減っているという方は、まずは手をつないでみたり、センシュアリティを高めるジャスミンやイランイラン、ネロリなどの香りのオイルを使ってお互いをマッサージしてみてはどうでしょう。パートナーがいない時には自分自身でマッサージをするのも、感受性を高める意味でおすすめです。

まずは自分の性的欲求を呼び覚まし、それを認めるところから始めましょう。膣の潤いを高め粘液力をアップする具体的なケアは、また追って詳しくご紹介します。その前に、次回は膣ケアの基本的な方法をお伝えします! お楽しみに。

植物療法士 森田敦子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

日本における植物療法の第一人者。デリケートゾーンケアの重要性を説いて話題となった『潤うからだ』の著者。

関連する投稿


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


あなたは読んだ? 2018年版 WOMe 反響のあった記事ランキング【ベスト5】

あなたは読んだ? 2018年版 WOMe 反響のあった記事ランキング【ベスト5】

今日は2018年大晦日。WOMeでは今年も様々な記事を公開してきました。中でも今年反響の大きかった記事を厳選してご紹介! WOMeの読者の皆さんにどうしても読んでいただきたい!まだ読んでいない方はぜひ読んでくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター