「あ~ヤルんじゃなかった」寝たら絶対後悔する!女が避けるべき男とは?【神崎桃子の恋愛指南 #34】

「あ~ヤルんじゃなかった」寝たら絶対後悔する!女が避けるべき男とは?【神崎桃子の恋愛指南 #34】

多くの女性が一度は思ったことがあるであろう「ヤルんじゃなかった」。「この人は大丈夫だと思ったのに最悪」そんな思いを女性に抱かせてしまう“ザ・ダメ男”。そんなダメ男たちを恋愛コラムニスト 神崎桃子さんがズバッと切り捨ててくれます。さあ!ダメ男の生態を今一度おさらいして、二度と後悔の朝を迎えないようにしましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「『この男と寝てもいい』なんて思った私がバカだった……」とならないために

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女は男と何度かデートを重ねるうちに「そろそろ、かな……」と感じとるもの。

しかし、「彼となら関係を持ってもいいかも……」と、実際にコトを運んだら期待ハズレどころか「この相手は間違ってたッ!!」なんてことに気がついても時すでに遅し。

「や~~!こんな男となんてもう二度とごめん!今夜のこと取り消したい!!」
「あのキモい感触が身体に残ってる……」
なんて大後悔する女性が存在するのも事実。

「彼となら、寝てもいいかも……」とジャッジを下す前に、デートでの男の言動から
「本当にこの男と寝ていいの?」かを、しっかり見極めよう。

こんな男とエッチしたら後悔する~「清潔感のない男、手や爪が汚い男」

・「その時までは正直、その気もあったけど、一緒に飲んでいてグラスを持っている彼の指と爪を見て『これはないな~』と思った。手や指が清潔なこと、爪が短いのは常識でしょ。女だってエッチに望むまえにボディのお手入れや無駄毛とか処理するのと同じで、男にだって最低限のマナーは必要!!」(43歳女性/会社員)

・「エッチするとなると女が絶対譲れないのが清潔感。口臭や体臭はもちろんだけどヒゲや爪が伸びてる人はムリ。どんなイケメンだとしても、デリケートな部分を不潔な手でまさぐられたくない。いきなり指を入れてきたり、膣内を激しくいじるとかって女性の身体を軽視しすぎてると思う」(41歳女性/イベント)

――デートの際に女がチェックすべきは男の清潔感。また彼の手や指は重要なポイントになるだろう。

エッチの上手い下手だとかテクニックなんかより、女にとって何より大事なのは「自分の身体を丁寧に扱ってもらうこと」である。

女にとって男から情熱的に迫られることと、ぞんざいに扱われることは時としてイコールとなることがある。

表に出ている男性器とは違い、女性は尿道や膣内に雑菌や病原体が侵入しややすいということを知らない男性の場合はとかく乱暴な行為をしがち。

相手の男が女の陰部が敏感なのを分からないまま、激しくまさぐってくることで気持ちよくなるどころか不快に思う女性は多いもの。

男性の局部や手が不潔であったり、乱暴な性行為は女性のデリケートゾーンを傷つけ、痛みだけでなく炎症や性病感染リスクだって高まる。

エッチするのだってそれなりの“身だしなみ”や“作法”というものが必要なのだ。

普段から清潔感がみられない、身だしなみに気を使わないような男性がエッチのときだけは相手(女)を重んじてくれるわけがない!!
爪が汚い男はまさに詰めが甘い、綿密さに欠けるのだ。

そういう男は二人になった途端、自分の欲望のみで突進してくる。
ムードも配慮もなくベチョベチョと唇を押し付けてくるだろう。

コトに及ぶ前、デートにおいては相手の男性が衛生的であることや礼儀を持ち合わせているかを見落としてはならないのだ。

こんな男とエッチしたら後悔する~「スル前に自慢してくる男」

・「出会い系で知り合った男性とリアルに会ったら、彼は初回から全力で押してきた。『俺たち絶対相性いいよ、ひと目みてわかった』『絶対ソンはさせないから』だのの自慢にドン引き!それが女への18番の口説き文句?出直して来い」(38歳女性/Webデザイナー)

・「スル前から自慢ですか?テクニックを自慢したいなら言葉でなく何より行為で示せ!そんな事前情報いらない!しかもスル前に自信持って公言してくるヤツに限って実際やるとショボイ」(44歳女性/医療関係)

――「俺、凄いんだぜ」「これでイカナイ女はいない」……その根拠なき自信はどこからくるのか?

“能ある鷹は爪を隠す”とはよく言ったもので(笑)、本当に才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしない!

行為の相性や良し悪しは男側だけで判断するものではない。

「妙に自分のテクやブツ自慢をしてくる男性に限ってベッドインすると全然大したことない」「粗チンだった」というのは女のあるある話。

それに感じ方なんて十人十色。
前の女性に良かったことが、他の女性にも全て当てはまるとは限らない。

「女はみんなこうすりゃ喜ぶ」
という先入観のある男性が、女に愛を与えるSEXができるわけがないのだ。

本当に“リードの上手な男”というのは「目の前の女がどうしたら感じてくれるのか」をちゃんと考えてくれるもの。
決して“自分目線の俺様SEXではない”!!

コトの前に自慢してくる俺様男とはするだけ損!
蓋をあけてみると“おそまつくん”なのだから……。

こんな男とエッチしたら後悔する~「ウンチク好き、評論家気取りの男!」

・「デートしててワインとかのウンチクをひけらかすヤツってあっちも独りよがりだと思う。
『このワインはタンニンと酸味のバランスが……』と、これでもかって位にワイングラスをやたら回す男!勝手にフィニッシュ間違いナシ」(45歳女性/インテリア)

・「映画デートして鑑賞後に飲みにいったのだけど、その店で彼は観た映画のダメ出しばっか。なかなか楽しかったと感じていた私の気持ちを踏みにじり彼はもう批判しまくり!『あの監督の作品っていつもパターンが同じで飽き飽きする』『あのシーンはもっとこうすべきだったよな』……ってさ、あんた映画評論家なの?それだけ見たものを悪く言える男となんて寝たら最後、私の批判もされてたかも。『胸が小さい』だの『動かし方がなってない』だとか行為後にダメだしされたかもね。ほんとヤラずに正解!!死守して良かった(笑)」(44歳女性/広告)

――女というものは女同士でする批評は大好きだが「男性のウザい批評」は決して好きではない。

ウンチク好きの男や批評したがる男は自己陶酔型。ワインに酔うよりも先に自分に酔っているのだ。
こういう男はデートでの食事のさい、彼女の頼みたいものも聞かず“自分のおススメ”だけをオーダーする。

相手を喜ばす会話や言葉のやり取りをするよりも、自分の知識をひけらかすそんな男のエッチはまさに独りよがり。

自分を認めて欲しいという承認欲求が強く、女に愛を注ぐよりも万事が自分中心。
自分だけがよければいいので、相手のペースに合わせるとか、人の気持ちを汲み取ることなどしない。

エッチという行為そのものが大事なコミュ二ケーションということを分かっていないのだ。

女を満足させる努力やサービスをしないくせして、女への批判はイッチョマエ。
俺の価値がわからない女はバカ呼ばわりだ。

元カノや関わった女性のことを罵り、行為後に及んでダメしする。

「あの女は不感症だ」とか「あの女はたいしたことなかった」と自分の思い通りにいかないことを全て相手のせいにするのである。

「人の意見を聞こうとしない一方的な行為」など女が喜ぶわけがない。

そんな気の毒な男は一生セックス弱者のままなのだ。

無駄にプライドの高いソムリエ気取りな男や評論家気取りの男からは早々に撤退するに限る。

人や物に対して批評好きな男というのは必ず“女の身体までを批評する”のだから。

女は量より質の高いエッチをするべし!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

相手の想いが伝わってこそ女は満足するもの。
女はその行為だけでは決して満足感など得られない。
そこに思いがなければそれはただの儀式である。

ベッドでの戯れは女にとって
「自分が愛されている」
「大事にされている」
ってことが言葉よりもよく分かる判断材料。

エッチにおいて相手の愛を感じ取れることは女の幸せであり悦びである。

しかし「私を思ってくれている感がゼロ」「愛を感じ取れそうにない男」とのエッチなどただの浪費、むだづかいである。

性行為において男はとかく“した人数”を自慢したがるが、女が優先すべきは量より質っ!!

「あ~~しなきゃよかった……」と後悔するエッチじゃなく、「あぁ、わたし女に生まれて良かった」と思える質の高いエッチを!!

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

長く付き合っているのに結婚の“け”の字もでない…。そんな方はもしかして、自分にも責任があるかもしれません。ではどんな責任があるのか?恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきました。現実をしっかり受け止めて、今後どうしていくか考えるきっかけになるかもしれません。


「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

一度寝たらその後連絡がとれなくなった…。20代ならともかく、アラフォーでそんな事態は避けたいですよね。そうならないためにも、そしてそんな覚えがもしあるとしたら、その原因をしっかり知っておきましょう。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきます。


「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

若くないからこそ許せない…なんとも耳の痛い話です。しかし、実際、声を聞いてみるとまったくその通り…。アラフォー女性だからこその知性と常識を持って対応することの大切さを恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えていただきます。


40歳すぎが分かれ道? アラフォー女が“非モテ”になる理由【神崎桃子の恋愛指南 #35】

40歳すぎが分かれ道? アラフォー女が“非モテ”になる理由【神崎桃子の恋愛指南 #35】

「アラフォーだって恋したい!」そう思っている女性は多いでしょう。ですが現実はなかなか厳しいものです。しかしそれは単純に年齢の問題ではなく、私たち自身にもあるようです。今回も恋愛コラムニスト・神崎桃子さんの筆が走ります!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

せっかく好きな仕事につけたのに、人間関係でストレスを感じる。転職理由の多くは、「人間関係の悩み」というデータがあります。上手に気持ちを切り替えるにはどうしたらいいか。転職する前にできることはなにか?ロジかわ思考でお悩みを解決します!


食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

前回、オッサン化予防は、まず筋力をつけるところから始まるとお伝えしましたが、同時に妻が気をつけなければならぬことは「食事」です。今回はその「食事」についてお話します。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれるまではラブラブだったのに、出産後、何だか旦那さんの態度が冷たい。育児にも参加してくれない。子どもが産まれてから、旦那さんの態度が変わったと悩む女性は多いですが、原因は環境の変化かもしれません。まず生活を見直してみることが大切です。改めて旦那さんへ愛情を向ける時間を持ちましょう。


義理の両親や兄弟と揉めないために。夫の相続【弁護士が教えるかしこい相続相談所#5】

義理の両親や兄弟と揉めないために。夫の相続【弁護士が教えるかしこい相続相談所#5】

これまでの連載で相続する権利がある人は誰かということを説明してきたので、夫が亡くなった時に妻が相続人であることはお分かりかと思います。しかし妻は夫の財産のすべてを相続することはできません。子どもと分けたり、親や夫の兄弟と分けることになります。ここで問題をはらむ場合が多いのです。 今回は、夫の相続についてご紹介します。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター