平栁敦子監督インタビュー 映画『オー・ルーシー!』主人公に吐かせたかった本音【#FocusOn】

平栁敦子監督インタビュー 映画『オー・ルーシー!』主人公に吐かせたかった本音【#FocusOn】

大学院修了作品として制作した短編『Oh Lucy!』の長編版として主演の寺島しのぶを初めとした豪華キャストで撮影された『オー・ルーシー!』が2017年のカンヌ国際映画祭批評家週間部門に日本人監督としては10年ぶりに選出されるという快挙を成し遂げた平栁敦子監督。2児の母でもある監督に映画やプライベートについてインタビュー


ホンネを言わない節子に吐かせたかったホンネ

この作品は元々大学院修了時の短編作品として制作したものです。授業でライティングエクササイズとして1日5本3行展開で脚本のアイディアを書かなければならなくて、そのなかで思いついた1本なんです。実在の人物からインスパイアされていますが、今まで会った人達や、自分の体験なども含まれています。

その実在の人物はホンネを全く言わない人でした。でもホンネを言わないって辛いだろうなあと思って。私もアメリカに留学したばかりの時に英語がまったく話せなくて、ホンネどころか何も言えなくなり自分という人格が日本にいる時とはまったく違うものになりました。

6歳の時に学校で一言も喋らない同級生がいて、家では大暴れしていると聞いてびっくりしたのを覚えているのですが、人間が普段見せている部分と隠している部分のようなものに小さい頃から興味があったような気がします。「先生が親の前では言っていることが違うぞ」とか「なんか嘘ついているな」とか大人の二面性みたいなものを感じて。「こういう大人にはなりたくない」って思っていました(笑)。人前でホンネを言わない、話さなくても実は心の中で色んなことを思っていて色んな気持ちが渦巻いている…。

人には他人から見られている自分と自分自身が見ている自分という存在があります。それをすべて脱ぎ捨てた時、中には何が残るのか…。素の自分になればきっと楽ではないか。でもそれはなかなか難しい…。そういう葛藤や自己矛盾みたいなものにコメディ要素を入れて「オー・ルーシー!」で描きたいなと思いました。

43歳独身ヘビースモーカー。会社では空気のような存在

主人公の節子(寺島しのぶ)はホンネを言わない独身43歳。会社では空気のような存在で、部屋はゴミ屋敷同然のヘビースモーカー。ホンネなんて一つも言わない地味な人です。

ホンネを言わない人ってとても苦しいと思うんです。言いたいことが言えてないんですから。病気は言いたいことを言わないでいるとなると説いている人もいます。

日本には「ホンネと建前」という言葉がありますよね。そういう歴史のなかで「無礼講」という文化も生まれました。上下関係なしに「ここでだけはホンネを言ってもいいぞ」というあれですね。昔なら“祭り”とか“武士の酒盛り”とか?(笑) そうやってガス抜きさせて、どこかホンネが言える場所がないと人間はいつか爆発しちゃうのではないでしょうか。だから普段は建前で通して年に何回かホンネを言わせる機会を設ける。そうやって生活してきた文化・歴史が日本にはしみついているかもしれないと思うんです。

けれど、今の日本…特に東京はそういう場所が果たしてあるのか…だからいつもみんなマスク(仮面)を被ってホンネを隠してピリピリしながら生きている。

私は人間が被っているマスクの下にあるものは“恐怖心”だと思うんですね。

「愛されなかったらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」

そんな恐怖心をカバーするためにマスクを被る。でもそのマスクをすべて脱ぎ捨てて恐怖心をさらけ出したらどうなるか…? それを体現したのが節子です。

もっと世界に出て行って色々な文化に触れてほしい

日本では女性への期待値が世界の中でも高いのではと思います。「女性はこうあらねばならない」という考えがすごくたくさんある。例えば「女性は声が高いもの」と思われている傾向があるとか、「チェーンスモーカーだったら結婚するのが難しい」とか。今の若い世代では既に変わっているといいですが。「オー・ルーシー!」の中でそんな描写を取り入れていますが、そういった概念が欧米ではないためわからないようで、上映後のティーチインなどで説明しています。

そして、意外に(これは万国共通かもしれませんが)女性同士のほうが厳しい目で見ている。それは結局自分自身に厳しい目を向けているから他人も許せない。窮屈ですよね。色々な人間がいて良いと思うんです。

色々な人間がいることを知るために、もっともっと世界に出て行ったほうが良いのではとも思います。私自身がそうだったからです。色々な国の色々な文化に触れ、互いの共通点を見つける。言葉や文化を超えたところにある人の素顔を知る。そこに自分の素顔も見つける。

「窮屈さ」から飛び出したい一心で心配性なのに留学を決意

思春期は、日本社会、学校、家族かは分かりませんが、窮屈だった記憶があります。私は、実は心配性なのですが、それでも「やってみなくちゃわからない」と高校の時に留学を決意しました。

節子は半ば無理やり英会話の教室に通うことになるわけですが、もしかしたら彼女も自分の日常を少し変えたかったのかもしれないですよね。窮屈で退屈な日常を。

未来のことは誰にもわからない。でも行動を起こしてやってみたら何かが変わる。やってみて、クリアして小さな成功を積み重ねる。その繰り返しが大きな自信に繋がっていくんだと思います。私はそんな感じでした。

私の20代は暗黒時代。「NO」と言われ続けました。役者として山ほどオーディションを受けましたが99%はダメ。落ち続ける。それでもチャレンジし続けたのは諦めたらそこで「終わり」だと思ったからです。「挫折」という言葉は諦めた時に発生するものだと思っていました。チャレンジし続けている限り「挫折」ではないと。

どん底にいた時に救ってくれたのは、かけがえのない友人でした。シンプルに助言をくれたんです。

「体を動かしなさい」って(笑)

なので、素直に受け止めてジョギングを始めたんです。そうしたら本当に何か変わっていったんです。少しずつですが。まず、ストレスで過食になり太っていたのが痩せていった。贅肉が落ちるのと同時にネガティブで余計な思考もそぎ落とされていきました。なんでも溜め込んでいて良い事なんてないんですよね。考え続けることに意味はない。動かなきゃ始まらないんだって思いました。

そしてもうひとつ、わかったことがありました。

「良いことも悪いことも一生続かない」

すべてに終わりがあるんですよね。きちんと次に行く。

30代はドアが開いていく時期でした

20代がドアがどんどん閉じていく時期だったとしたら、30代は開いていく時期でした。出産したり、大学院へ入学したり、カンヌで賞をもらったり、…。素晴らしい時期だったと思います。もちろん今も充実した日々を過ごしていますが、あの学生時代のような五感(ひょっとしたら六感まで)をフルに使って素晴らしい仲間と共に死に物狂いで映画を学び、作っていた、というような経験をすることはもうないんだろうなあと思ったりもします。

30代はシンガポールに住んでいたのですが、先日久しぶりにシンガポールに行ったらもう懐かしくて…空港に着いた時、シンガポール独特のニオイでいろんな記憶が一気に蘇ってきました。息子はシンガポールで産まれて生後1年半くらいを過ごしたので、彼にとってはここが第二の故郷なんだなと感慨深くもありましたね。

現在はサンフランシスコに住んでいて、子育てに家事に仕事に追われて毎日ジャグリングしているみたいです(笑)。これを投げたと思ったら次が落ちてきて、次を投げたと思ったらまた別のボールが落ちてきて頭に当たる… (笑)

前回来日した時は春休みだったので子どもたちと一緒だったのですが、今回は学校が始まったので私ひとり! 一人の時間を完全に満喫しています。その代わり夫が大変なんですけど…(苦笑)

DNAに合った作品を撮っていきたい

今回の映画は完全に私のDNA(遺伝子)の中から生まれたものです。でも他の人が書いた脚本も私のDNAに何か繋がるものがあれば撮りたいと思っています。それは大作でもインディペンデントでも。ハリウッドでも日本でも枠にとらわれずにやっていきたいです。

原作を書いているのですが、いくつか脚本も送られてきていて色々考えているところです。待っていてくださいね。まずは「オー・ルーシー!」をお楽しみください(笑)

監督・脚本・プロデューサー
平栁敦子さん


長野県生まれ、千葉県育ち。高校2年生の時に渡米し、ロサンゼルスの高校を卒業後、サンフランシスコ州立大学で演劇の学位を取得。2009年、シンガポールのキャセイ財団の奨学金を受け、ニューヨーク大学大学院映画学科シンガポール校(NYU Tish School of the Arts, Asia)に入学。13年、映画制作の修士号を取得。同大学院2年目に制作した短編映画「もう1回」(12)がショートショートフィルムフェスティバル&ASIA 2012グランプリ、ジャパン部門優秀賞、ジャパン部門オーディエンスアワードをはじめ高く評価されたのに続き、桃井かおりを主演に迎えた修了作品の短編「Oh Lucy!」(14)もカンヌ国際映画祭シネフォンダンシオン(学生映画部門)第2位、トロント国際映画祭をはじめ各国で35を超える賞を受賞。「Oh Lucy!」の長編バージョンである本作『オー・ルーシー!』は16年、脚本の段階でサンダンス・インスティテュート/NHK賞を受賞、同賞のサポートを受けて制作された。プライベートでは2児の母で極真空手黒帯初段の保持者。

第70回カンヌ国際映画祭 批評家週間正式出品

『オー・ルーシー』


【あらすじ】
節子43歳、独り身。職場では空気のような存在、一人暮らしの部屋は物だらけ。そんな節子の毎日は、怪しげな英会話教室で金髪のウィッグをかぶり“ルーシー”になった瞬間、色鮮やかに一変する。「ヘイ! マイ・ネイム・イズ・ルーシー!」「ワッツ・アップ?」“ルーシー”によって自分の中に眠っていた感情を呼び起こされた節子はハグしてくれたイケメンの講師ジョンの愛を求め、東京から一路カリフォルニアへ! 旅の果てに節子は誰とハグできるのかー? カンヌ国際映画祭を皮切りに海外映画祭を席捲した話題作がついに日本のスクリーンに登場する!

【キャスト】
節子/ルーシー … 寺島しのぶ
綾子      … 南 果歩
美花      … 忽那汐里
小森/トム   … 役所広司
ジョン     … ジョシュ・ハートネット

映画『オー・ルーシー!』公式サイト

http://oh-lucy.com/

4.28(Sat)ユーロスペース、テアトル新宿他にてロードショー。カンヌ国際映画祭批評家週間部門出品、インディペンデント・スピリット賞Wノミネート。映画『オー・ルーシー!』公式サイトです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター