気になる!子供おばさんってなあに?【脱・子供おばさん!#01】

気になる!子供おばさんってなあに?【脱・子供おばさん!#01】

“子供おばさん”ってご存知ですか? なんだか耳にしたことがある…という方もいらっしゃるのではないでしょうか? “子供おばさん”とはコラムニスト・ひかりさんが提唱するある共通の特徴を持つ女性たちのこと。それでは具体的にどんな女性が“子供おばさん”なのか見ていきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「子供おばさん」の定義ってなに?

最近、「子供おばさん」という言葉を使う人が増えてきました。そもそも「子供おばさん」とは、どういう人のことを言うのでしょうか?

例えば、周りにこんな人はいませんか?
・年齢を重ねても、外見の美しさだけで勝負をしようとする人。
・自己中心的など、歳相応に精神が成熟していない人。

精神的に未熟なまま、外見などの“表面的な若さ”に執着している人は、残念ながら「子供おばさん」と言えるでしょう。
つまり、「子供おばさん」の定義とは何かというと、下記になります。

・「子供おばさん」……大人になりきれない、若作りの子供っぽいおばさん。

私自身、この言葉は、もともとは30歳以上の若々しくて魅力的な女性に使われる「大人女子」の反対語として使っていました。「大人女子」という言葉が流行り出した時は、大人になったからといって、「もうおばさんなんだ」と諦めなくていいんだと、多くの女性たちの励みになった反面、「年齢を重ねても、大人にならなくていいんだ!」と20代と変わらない、子供っぽい振る舞いをしてしまう人も増えてしまいました。そういう人たちに向けて「それは大人女子ではなく、子供おばさんよ?」と警鐘を鳴らすために、生み出した言葉でもありました。

そもそも年齢を重ねた人が持っている「若々しさ」というのは、精神的な成熟に含まれる「柔軟さ」や「前向きさ」から出てきます。だから、精神が未熟なまま若々しくなろうとすると、単に「子供っぽさ」や「若作り」になってしまうのです。それでは“イタイ人”になってしまいます。
結局のところ、「若さ」は、誰にでも一定期間、努力しなくても手に入れられるものですが、「大人の若々しさ」というのは、努力なしでは手に入れられません。だからこそ、年齢を重ね、若さを失ったときに、人の魅力には差が付いてしまうのです。

「子供おばさん」が一番できないことは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そんな大人になり切れない「子供おばさん」ができていないことの中で、一番顕著に表れることがあります。それは何かというと、「相手を受け入れること」です。

子供おばさんは、「私が!」「私が!」と、自己アピールが激しく、人に受け入れられることばかり求めてしまいます。しかし、ある程度の年齢になったら、周りの人を受け入れられる包容力がないと、“残念な人”に見られてしまいます。

例えば仕事でも、30、40歳になっても、自分の出世ばかりを考えて、自分の利益になる行動ばかりをしてしまう人がいます。しかし職場では、年齢を重ねれば重ねるほど、“年相応の言動”が求められるようになります。ある程度の年齢になったら、自分のキャリアアップばかりを考えるのではなく、部下の能力を認めてあげたり、上司の立場を考えてあげたりと、「相手を受け入れた上で、自分のふるまい方を決めること」は大切なことなんですよね。

「他人を受け入れられる」女性になるには?

では、「人を受け入れる」ことができるようになるためには、どうしたらいいでしょうか? それは、まず「自分自身が自分をきちんと受け入れること」です。自分を受け入れられると、精神的な余裕が出てくるので、人のことも受け入れやすくなるのです。

逆に「子供おばさん」のように、自分で自分を受け入れられていない状態でいると、まずは人に受け入れられることで安心しようとしてしまうので、自分のことばかりアピールしてしまいます。その結果、どんどん周りから受け入れてもらえなくなり、精神が不安定になり、ますますアピールが増してウザがられてしまうという、悪循環なケースに陥ってしまうのです。

「子供おばさん」は自己と向き合うことが重要

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ただし、自分を受け止めるためにも、いい自分だけではなく、悪い自分とも向き合う必要が出てきます。しかし、どんなダメな自分であっても、まずはきちんと受け止め、自分を責めるのではなく、反省して成長することで、精神は安定してきます。逆にそれができない人は、周りの人から「大丈夫だよ」なんて言われて安心しようとしますが、結局のところ、どんなに周りが「大丈夫だ」と言ってくれても、自分が大丈夫だと思っていなければ、心は落ち着かないままなのです。

つまり、大人になるために「自分の弱さと戦うこと」が必要になる場合が多々あります。弱さを見て見ぬふりをして、人のせいや環境のせいにばかりしていたら、いつまで経っても自分は成長できないし、心は未熟なままになってしまいます。また現実をきちんと見ていないで行動をすると、どんどん状況も悪くなっていくでしょう。

大人になることで、より楽に生きやすくなることも多いものです。だから、子供おばさんでい続けるよりも、大人になることを目指した方が幸せになれます。

今、「私って、子供おばさんだわ!」と感じてしまった人も心配はいりません。人は自分の強い意志さえあれば、必ず変われます。これから、このコラムを通して、子供おばさんから抜け出し、より楽で幸せな人になっていきましょうね。

コラムニスト・ひかり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。

関連する投稿


自分を認められない子供おばさん【脱・子供おばさん!#06】

自分を認められない子供おばさん【脱・子供おばさん!#06】

子供おばさんもいよいよ最終回!自分で自分を認められないって悲しいことですよね…。世界にたった一人の自分。誰も認めてくれなくったって自分はしっかり自分を認めてあげましょう!


人を許さず恨み続けるのは、子供おばさん【脱・子供おばさん!#05】

人を許さず恨み続けるのは、子供おばさん【脱・子供おばさん!#05】

人をいつまでも許さずに恨み続けるということは自分自身にとってもしんどいことですよね…。できればそんな感情は手放したいものです。


「昔はモテたのよ」“過去ばかり振り返る”のは子供おばさん 【脱・子供おばさん!#04】

「昔はモテたのよ」“過去ばかり振り返る”のは子供おばさん 【脱・子供おばさん!#04】

子供おばさん第4回目は過去の栄光にすがる女性のお話…。「いるいるー!」なんて盛り上がって我が身を省みれば案外自分もやっちゃってるかも⁉子供おばさんにならないように、気を付けたいものです。


綺麗でいるのを面倒くさがるのは子供おばさんの証【脱・子供おばさん!#03】

綺麗でいるのを面倒くさがるのは子供おばさんの証【脱・子供おばさん!#03】

子供おばさん連載3回目は、「綺麗でいることを面倒くさがるのは子供おばさんの証」という、ちょっと耳の痛いお話。綺麗は諦めたくないけど、日々の生活に追われてついつい手抜きをしてしまう…なんてことありますよね。でも子供おばさんになりたくないなら、ちょっと頑張ることも必要かもしれません。


独身の子供おばさんがやりがちな、あるある行動とは?【脱・子供おばさん!#02】

独身の子供おばさんがやりがちな、あるある行動とは?【脱・子供おばさん!#02】

第一回目で子供おばさんとはどんな人かご紹介しました。第二回目の今回は子供おばさんのなかでも特に“独身”の方に多い、あるある行動についてご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。WOMe的にこれは見逃せません!


40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

衝撃の数字が発表されました…うちのオットに限って…そう思っていたら…なんてことにならないようにしたいものです。40歳からが本気の恋とはいったいどういうことなのか?夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター