出産後、痔に… 病院へ行くなら何科に行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#11】

出産後、痔に… 病院へ行くなら何科に行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#11】

出産後、痔を体験した方は多いのではないでしょうか?産後は大変すぎて、痔のケアまで気が回らない方が多いかもしれません。ですが放っておくと慢性化したり、もっと酷くなる可能性もあります。正直恥ずかしい気持ちもありますよね。ですが、これは病気です。恥ずかしいことではありません。しっかりケアをして健康に日々を送りましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

Q.出産後どうやら痔になってしまったようなんです。市販薬ではあまり効き目がなく…やっぱり病院に行くべきなのでしょうか?

産後は体のあちこちが痛いし、赤ちゃんのお世話でついほっといてしまったのですが、痔が全然よくならず市販薬をつけていたんですがあまりよくなりません…。自然に治ることを期待していたのですが、やはり病院に行った方がいいのでしょうか?正直恥ずかしいという気持ちがあります。産婦人科に行ってもいいのでしょうか?

産後のお尻のお悩みは多くの方が経験していることです

今回も大切なご質問をいただきました。出産後のお尻のお悩みは「当たり前」の世界です。それを隠しておく文化…というか、自分の大切なプライベートスペースについて多くを語らない日本人ならではの事象だと思っていいと思います。少しずつそういう文化も変化していってほしいと、このコラムを書かせていただくたびに思います。

産後、痔になることはある意味妊娠出産を頑張った結果でもあるんです。じつは、帝王切開で出産した場合も痔になることがあるんです。それはなぜか? 妊娠中に子宮の容積が普段の鶏卵大から2000倍にもなることで、体の負担が産後、“痔”という形になって現れることもあるんです。
なので、一般的な当たり前のお悩みとして自分で出来るケアとメディカルサポートを考えていきましょう!

日常生活に影響がでるくらい大変な時は受診を選択肢に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昨年、「うんこドリル」が大ブームになりましたよね。毎日の生活とは切っても切れないのが排泄行為です。痔のケアについては、ここが大きなポイントです。

毎日の排泄、排便がとにかく「苦痛」「毎回出血してしばらく動きたくなくなる」「痛みで普通に座れない」「いつも片尻上げた座り方になってしまう」ということでしたら、ぜひ「肛門科」もしくは「外科」を受診してください。

「産婦人科」は会陰や子宮の婦人科です。痔は直腸や肛門のあたりになります。消化器外科というカテゴリーにもなりますが、実は日本人には「痔主」という言葉があるくらいメジャーな出来事ですので、「肛門科」という専門科を受診することをお勧めします。

もし、生活に支障はないけど、時々痛かったり、出血するという形でしたら、ホームケアとして一番有効なのは「便秘をしない」ということです。固い便をすることで患部へ負担が増え、いきむことで症状を悪化させます。次は下半身を冷やさないこと。なによりも巡りの良い体であることは自然治癒力をアップさせてくれます。特に産後は冷えやすくなっています。また、食生活や水分の取り方を意識することも大切です。便秘を回避するような食生活を心がけましょう。さらに、日常生活のなかで疲れをとるような努力をすること。また、運動することも大切です。ストレッチやヨガ、呼吸法でもいいので意識して体の使ってほどよく休息をとること。セルフメデュケーションで市販薬を使用するときは薬剤師さんに相談するのもおススメです。女性の出産を経験してそうな薬剤師さんであれば恥ずかしさも軽減されますよね。

セルフケアをしてまったく良くならない場合は受診してメディカルチェックを受けてくださいね!

パートナーに自分のカラダの状態を知ってもらうことも大切です

また、痔であることをぜひパートナーに伝えてください。例えば痔の症状が出ている時は「トイレに行きたい!」と思ったそのタイミングを逃したくない(長時間いきむことは患部への負担になります)ので、そういう時に手が離せない家事などを変わってもらいたいということや、子どもを見てもらう必要がある時にお願いしたい、ということを言うことができます。

痔に悩む男性も多いですし、もしパートナーが痛みをかかえていたらお互いに知ってサポートし合うすることも大切なパートナーシップです。お互いの体を大切にし合うためにもぜひ話てくださいね。

気がかりのある毎日は一つでも手放すこと

たとえば、排便するたびに出血している…、どうしよう、どうしよう。大丈夫かな、どうかな? と「心配している、気がかりなことがある状態」って、ストレスですよね。たったワンアクション。たとえば薬局に行って薬を塗る、ゆっくりお風呂に入る、便意があったらすぐトイレに行くなど、少しでも自分の体の気がかりなことを手放すアクションをしてみましょう。

実は私も2年前に大量出血をした経験があります。あわてて検査をして処方されたお薬でアッという間によくなりました。受診するのは抵抗がありますが、じつは多くの人が「痔主」なのが日本です。ですので、もじもじしないで(ムーミンみたい・笑)安心して自分のためにアクションを起こしていきましょう! 気がかりなことが消えることは自分を慈しむことになりますし、心もしっかり整えてくれます。気がかりがあるとないでは、ちょっとしたことへの「イライラ」の感覚も変わってきます。

まずは出来ることからケアしてみて下さいね!

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


出産してから尿漏れするように… 改善法を知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#5】

出産してから尿漏れするように… 改善法を知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#5】

アラフォーからの性教育第5回目は出産してから尿漏れするようになった…と悩んでいる女性です。自宅ケアなど病院に行かずに治すことはできるのでしょうか? 助産師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


2人目が欲しい!でも4年もセックスレス…  以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

2人目が欲しい!でも4年もセックスレス… 以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

アラフォーからの性教育第2回目からは、看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに具体的に読者の方たちからの相談にのっていただきます。今回は夫と4年間セックスをしていないけど、普通にセックスはできるのか? という問題です。


WOMe×canaeru特別対談企画! フードファイター三宅智子さんと大人の女性のリアル本音トーク【後編】

WOMe×canaeru特別対談企画! フードファイター三宅智子さんと大人の女性のリアル本音トーク【後編】

WOMeと起業家を応援するメディアcanaeruのコラボ企画。女性の仕事、人生についてWOMe編集長村上とフードファイターとして活躍しながら銀座に岡山郷土料理のお店をオープンした三宅智子さん、そしてcanaeru編集部の浜野さんと三者対談が行われました。ズバリ現代を生きる女性のリアルとは?


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ポジティブ心理学」を知っていますか?【幸福度を高める ポジティブ心理学#1】

「ポジティブ心理学」を知っていますか?【幸福度を高める ポジティブ心理学#1】

どうやったら今よりもっと幸せを感じられるようになれるのでしょう。お金がたくさんあったら?あと5kg痩せたら?結婚できたら?いえいえ実は毎日の行動次第で人は幸福な人生を手に入れることができるのです。


知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

40代は仕事が忙しく子どももまだ手がかかる年代ですが親の介護問題も迫ってきます。目の前のことで精一杯だと思いますが、親が亡くなったあとのことを考えておく最後のチャンスでもあります。亡くなったあとに相続で揉めることはとても悲しいことです。。WOMe世代の貴女だから知っておくべき相続のことをお伝えします。


何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

自分のことを心配して接する母親に、悩んだりストレスを感じることはありませんか。母親の愛情の現れだと十分にわかるからこそ、ないがしろにできず、負の感情をいだく自分にも罪悪感を覚え関係性について悩むことも。今回は、母親とどのように接していけばいいのかロジカルに解決します。


宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター