髪のプロに聞く! うねる・広がる… 梅雨の毛髪 対策&お悩み解消法!

髪のプロに聞く! うねる・広がる… 梅雨の毛髪 対策&お悩み解消法!

いよいよ梅雨入り。アラフォーはただでさえ雨の影響で体に不調がおきやすいのに、見た目年齢を左右する「毛髪 」も、うねりや広がりでまとまらない。本当に憂鬱ですよね。今回は、毛髪に精通するヘンケルジャパン株式会社シュワルツコフヘアケアマイスターの川合正樹さんにお悩み解消法を教えていただきました。


【原因】うねったり、広がったり…雨の日はなぜ毛髪の調子が悪くなるの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毛髪がパサついたりうねったりするのはキューティクルと髪自体の水分量が主な原因!

<イメージ図>
画像提供/ヘンケルジャパン株式会社 Schwartzkopf professional COLORPEDIAより

毛髪は約80%がタンパク質でできていると言われています。残りは水分やメラニン色素、CMC脂質とよばれる脂肪酸、セラミド、コレステロール。そしてその他の微量元素です。それをキューティクルが例えば魚の鱗のように何層にも重なって守っています。

キューティクルはヘアカラーやパーマ、摩擦などで傷むと割れたり剥がれたりなどの損傷を起こします。これが髪にダメージを受けた状態です。この状態だと外からの影響を受けやすくなってしまいます。

健康な毛髪の水分量は11~13%

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

健康な毛髪の水分量は約11~13%と言われています。それが、キューティクルが剥がれたり割れたりして、外の刺激を受けやすくなっていると空気中の水分を吸収して余分な水分をたくわえ易くなってしまうんです。梅雨の時期は蒸し暑くて湿度が高いですよね。なのでさらに湿気を吸収し易くなってしまいます。例えば、洗った後の毛髪水分量は最大約20%~30%近くにもなると言われたりします。

そうすると、せっかくきちんとブローして正しい水分量を保ち、キューティクルの整ったまっすぐな毛髪にしていたとしても、毛髪のもともとの癖が出て、うねったり、縮れたりしてしまうわけです。広がる原因にもなり得るのです。

また、毛髪が艶々して見える現象のひとつは、光の反射が関係しています。健康な毛髪は、光がより多く反射してきれいに見えます。ところがうねうね縮れている毛髪は、毛髪表面で光が散乱してしまうので艶がなく見えてしまいます。それが毛髪の状態がよくないと感じる原因のひとつでもありますね。

【梅雨を快適に過ごす】正しいシャンプー方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私からのお勧めになりますが、まずは毎日のシャンプーを正しい方法で行いキューティクルを傷つけないことです。毛髪は生え始めてから肩まで到達するのに約3年かかります。

その間、毎日シャンプーをしたら365日×3年ですから1000回以上です。毛先が1000回以上摩擦を与え続けられたらそこは大変なダメージです。そこで、キューティクルを傷つけない、ダメージを与えない正しいシャンプーを行うことに気を付けてください

STEP1:まずは丁寧にコーミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず、毛髪を濡らす前に優しく目の粗めのクシでコーミングします。あらかじめ髪のからみをとることで、シャンプーの際にストレスを与えないようにします。さらにある程度の汚れを前もって落とすこともできます。

STEP2:ぬるま湯でよく洗い流す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャワーの温度をぬるいなと感じるくらいに設定して、前洗い流しを充分にしてください。この時に毛髪だけではなく、頭皮も十分に濡らしてください。ぬるま湯でよく流せば、それだけで毛髪の8割程度の汚れは落ちてしまいます。

ではなぜ、シャンプーをしなければいけないのか?それは頭皮と毛穴の汚れをきちんと落とす必要があるからです。

STEP3:頭皮をマッサージするようにシャンプーそしてコンディショナー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャンプーは“髪を洗う”ことだと思っている人がいますが、“頭皮を洗う”ことがポイントなんです。頭皮に脂や汚れがあると、頭皮の状態にストレスがかかり毛髪の生え変わりのサイクルを乱すこともあり得るのです。

しっかりと頭皮まで濡らしたところに、シャンプーを手に取り泡立てて襟足からおでこの方へと順番に指の腹を使って優しくマッサージするように頭皮を洗ってください。この時、髪どうしのゴシゴシはダメですよ。頭皮全体が洗えたらそのあとは、手櫛で毛髪に泡をなじませるだけで大丈夫です。それで毛髪の汚れも落ちます。そうしたらシャンプーが頭皮に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。また、耳の後ろや襟足などは、すすぎ残しやすいので気をつけてください。

次にコンディショナーですが、これはシャンプーとは全く逆です。頭皮になるべくつかないように優しく髪につけてください。コンディショナーをつけたら、またしっかり洗い流してください。

よく、コンディショナーを残したほうが艶はでるのですか?」と聞かれますが、それは誤解です。コンディショナーを残すことは髪と頭皮に余計な油分などを残して刺激を与えるだけです。しっかり洗い流してください。「ちょっと時間を置いたほうがいいですか?」と聞かれることもありますが、つけただけで何もせずにただ自然に放置するなら時間はあまり関係ありません。放置する時間よりは、頭皮をよく洗い流すことを心掛けてください。

また、スペシャルケアとして、トリートメントがありますが、それも頭皮の考え方は基本的にコンディショナーと同じで、頭皮にはつけないようにすることです。トリートメントやマスクは、傷んだ毛先を中心に塗布・ケアし、使用方法に従って、より長めに時間をおいたり、保温・加温したりしても、頭皮は必ずよく洗い流してください。

【梅雨を快適に過ごす】毛髪のダメージを徹底補修してくれるシュワルツコフ ビオロジー

シュワルツコフ ビオロジー世界的に権威のある第25回IFSCC(国際化粧品技術者連盟)バルセロナ大会で優秀賞を受賞した革新的なテクノロジーが使われています。髪を形づくる骨組みの部分であるコルテックス細胞の中にあるミクロフィブリルと呼ばれる繊維に似たらせん構造をもっているアミノ酸テクノロジーが、ダメージ部分にとどまってしっかり補修します。

<イメージ図>
画像提供/ヘンケルジャパン株式会社 beology 商品カタログ より

そのほか、深海に生きる神秘の深海エキスや、古くから薬草としても知られるハーブエキスなどの厳選された成分が入っています。香りも楽しんでいただけると思いますよ。

シュワルツコフビオロジーを詳しく見る

【梅雨を快適に過ごす】艶髪の肝は毛髪の乾かし方にあり!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

以下は私からのアドバイスになりますが、自然乾燥や濡れた髪のままで寝るのはおすすめしません。毛髪は濡れている時に、摩擦によるダメージを受けやすくなっています。濡れた髪のまま寝ると、毛髪どうしやマクラなどで摩擦が起きて、水分で開き気味のキューティクルが傷んでしまいます。また、濡れたままというのは頭皮の状態にもよくありません。

まず、優しくタオルドライしたら、ブラッシングはせずにそのまま熱風で髪の根元と頭皮から乾かしてください。その時のドライヤーは、髪から10~15cmほど離し、熱風で髪が熱くなり過ぎないようにしましょう。よく、ドライヤーをする前に毛髪を守るために洗い流さないトリートメントをつける方がいらっしゃいますが、私はあまりおススメしません。トリートメントの油分で毛髪の表面をコートしてしまうと、毛髪の水分が飛びにくく、時間がかかって毛髪に熱風による余計なストレスを与えることになってしまいます。つけるタイミングはもう少しあとです。

くりかえしになりますが、まず熱風で髪の根元と頭皮をしっかり乾かします。そして毛髪がまだ少ししっとりしているな、という状態でストップ。このタイミングで洗い流さないトリートメントなどをつけます。

ビオロジー オイルセラムは艶髪をつくるのに最適です。これをこのタイミングでつけるといいと思います。そして熱風ではなく、冷風でブローしてください。毛髪中の水分を保ちながら、冷風でやさしくブローすることで、よりキューティクルもケアされた艶髪になります。

ビオロジーオイルセラムを詳しく見る

【梅雨を快適に過ごす】朝のスタイリングのポイントはしっかりケアする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夜コンディショナーを使ってしっかり艶髪を作ったはずなのに、朝起きたらまたパサツキが出ていたり、ツヤがなかったりする…なんてことはよくありますよね。そういう時には洗い流さないトリートメントのビオロジー ミストがおススメです。

水と油の二相になっていて、使う時に振ることで水と油が混ざり、毛髪にほどよく水分をプラスして適切な毛髪の水分量にしてくれます。適量をつけたら、さきほどと同じように冷風でブローしてください。最後にビオロジー トリートメント ブースターを使って油のコートをするとさらに艶がでてパサつかず、まとまりのある毛髪になると思います。

梅雨の時期はなんといってもキューティクルをケアすることがポイントです。

もう梅雨なんて怖くない!今年は艶髪で乗りきろう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

正しいシャンプー方法とドライヤーの熱風と冷風を使い分ける乾かし方で、朝のスタイリングを行えば、梅雨の時期に毛髪で悩むことはなさそうです。ぜひビオロジーで正しいヘアケアをして梅雨の時期でも美髪で気持ちよく過ごしてくださいね。

【お話を伺った人】
<プロフィール>
川合正樹さん
ヘンケルジャパン株式会社
マーケティング部シニアマーケティングスペシャリスト

ヘア化粧品開発業務に一貫して従事。ドイツ系外資2社(Wella、Henkel)を含めて30年以上にわたる開発経験あり。特に、ヘアカラーとパーマネントウエーブ全商品カテゴリーの処方に精通。
ドイツ、スイス(いずれもWella-AG社開発研究所)の長期海外研修などがあり、英語・ドイツ語会話を習得済。
日本ヘアカラー工業会・理事会・委員会を11年間、毛髪科学技術者協会の基礎講座担当役員を6年間、それぞれ担当。
現在マーケティング部所属、通称シュワルツコフヘアケアマイスター。



WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター