40歳バツイチ子なし 年下の彼からまさかのプロポーズ! でも…【オトナの幸せ恋愛心理術 #9】 | 大人のワタシを楽しむメディア
40歳バツイチ子なし 年下の彼からまさかのプロポーズ! でも…【オトナの幸せ恋愛心理術 #9】

40歳バツイチ子なし 年下の彼からまさかのプロポーズ! でも…【オトナの幸せ恋愛心理術 #9】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

バツイチです。年下の彼からプロポーズされたのですが破局するんじゃないかと怖くて素直にイエスということができません…。

【お悩み】
20代で離婚を経験しました。子供が欲しかったのですが、できずに離婚しました。今、40歳で8歳年下の彼からプロポーズされました。彼は子供を欲しがっています。ですが今の自分の年齢を考えると産めるかどうか自信がありません。子供ができなかったら彼は私を捨てるんじゃないか…そう思うと怖くてプロポーズを受けることができません。もう40歳ですし、今度の結婚は失敗したくないし、1日も早く結婚したいと思っています。子供なんていらない、と言う人を探したほうがいいのか…でも私自身も子供は欲しい…本当に心が揺れ動いていてどうしたらいいかわかりません。(40歳、Nさん)

純粋に彼のことが好きですか?

お悩みなんですね。

まず一番最初に向き合っていただきたいことがあります。それは、Nさんが彼のことを本当に好きかどうかというところです。

「プロポーズされたから、結婚したいから」という形だけのものなのかどうか。

純粋に「彼を好き」という気持ちがあるのかないのか、ということに大きな違いがあります。

婚活のご相談を受けていてよく感じるのですが、結婚をゴールと考えている人が多いと思います。

「結婚したから目標達成!」なのではなく、結婚してからがスタート。そこからふたりで人生を歩んでいくのです。

「経済的に安定しているから」とか、「これを逃したら次がないかもしれないから」などの理由で結婚した方からご相談も受けますが、経済的な安定のために結婚したならそれが崩れた場合、結婚した意味がなくなってしまいます。

そして「これを逃したら次がないかも」と思った方は、その時は「結婚すれば気持ちは後から付いてくる」と思っていたけれど、結局気持ちはついてこず、好きじゃない人との生活に悶々としていたりします。

それはすべて“条件”と結婚しているからです。

もちろん条件も大切です。しかしそれは「好き」という気持ちありきの条件です。

Nさんは、「彼」と言われているので、お付き合いをしていてお好きなお相手だとして考えていきます。

まず様々な条件を取っ払って「彼」そのものを好きなのかどうかを考えてみてください。

満たされない欲求はいつまでも心に残ります

本当に彼が好きならば、どうぞ前向きに考えてみてください。

好きだし結婚したい欲求があるのに、それを押さえ込んでしまった場合、それは傷となってNさんの心の中にずっと残り続けます。

欲求は満たせば消えるのですが、満たされない欲求はいつまでも心の中に残ります。

例えば「好きだから結婚する」とします。そして、もしももしも破局が来るとします。その時は大変辛いとは思いますが、満たした欲求の後に起こった痛みの感情はきちんと癒えるようになっています。

繰り返しますが、欲求は満たせば消えます。しかし満たされない欲求は残りつづけるのです。

そして、「ああ、あの時に、『うん』と言っていれば…」とずっと後悔することになるかもしれないのです。

Nさんは、「子供ができなかったら彼は私を捨てるんじゃないかと思うと怖くてプロポーズを受けることができない」と、起こってもいない未来を想像しています。ですが今、Nさんのことを好きでいてくれて、プロポーズをしている彼の気持ちについては考えていません。まず、彼の気持ちを大切に思いましょう。

彼の気持ちより自分の気持ちばかり考えていませんか?

Getty logo

恐い感覚は、以前の離婚がトラウマになっているのでしょう。

そのトラウマによって、彼の気持ちよりも、自分が傷つくことばかりに目を向けてしまっています。

その怖さがあるとこんなことが起こります。

心理ゲームに「キックミーのゲーム」というものがあります。「私を足蹴にして」というゲームです。なんだか古めかしい日本語訳ですね(笑)

ひとりぼっちになったり、孤独感を味わったことがある人がよくするゲームなのですが、ひとりぼっちや孤独の感覚がそのまま処理されてない場合(私たちカウンセラーは、感情は処理できるものとして考えますので、あえて処理と言わせていただきますね)本当に愛して欲しい人や自分を愛してくれる人に対して、このゲームを仕掛けてしまいます。

「どうせ私はひとりになる」

こんな感覚が入っていると、そこを結末として自分がひとりになるようなやりとりをしてしまうのです。

「これでも私を好きなの?」というような質問を投げかけたり、行動してしまったり、相手が愛想をつかすような事をしてしまう。そしてついに愛想つかされた時に「ほら、やっぱり私はひとりになる」と確認する。「私は足蹴にされた」と思う。これが“キックミーの心理ゲーム”です。

また「傷つくくらいなら先に自分から身を引く」…というのもそれにあたります。

まず自分自身と向き合って

彼は結婚したいと言っている、でもNさんは捨てられるのではないかと思い怖い。

というところから、これはNさんの心の問題と言えます。

まずは自分のトラウマとなっている感情を解決しましょう。

私の第一回目の記事を参考にご自分で、本物の感情に向き合ってみてください。
それでもスッキリしなければカウンセリングをお勧めします。

まずは過去の経験に囚われて逃げ腰になっている自分の気持ちを整理してから、今、あなたにプロポーズしている彼に向き合わなければ失礼です。

Nさんは、そんな彼のプロポーズを断って、本気で「子供なんていらない」という条件を提示してくれる相手を探そうと思っていますか?

もしそう思うなら、強がりではないですか?

強がりは、怖さや悲しみを隠すためにするのです。

人は悪い想像をしがちです。

なぜならば、悪い想像していた方が本当にそうなってしまった時に、傷つく気持ちが少しでも和らぐかもしれないと言う防御の気持ちがあるからです。

しかし、悪い想像は人間関係を退化させます。

まず自分の気持ちを整理したら、彼にきちんと

「私はあなたが好きで結婚したいけど、子供ができなかったらどうする?」

と聞いてみてください。

あなたを大切に思う彼の気持ちを勝手に悪い方に想像するのでなく、きちんと聞いてみましょう。

私は以前、不妊治療情報誌の専属カウンセラーもしておりましたが、たとえ若くてもお子さんを授かれないカップルは大変多いです。

もう40歳だからとか、子供ができなかったらなどと、ひとりで考えずおふたりの問題として話し合ってください。

その上で納得して結婚に踏み切るか、または分かり合えないならばそれはその時考えましょう。

年下の彼にプロポーズされてご相談に来られた方が、現在その彼とご結婚され生き生きと幸せにしていらっしゃる例を、私はたくさん知っていますよ。(最高は16歳違いです(^_-)-☆)

心理カウンセラー 鹿屋由佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

東京・福岡を拠点に講座や面談カウンセリングを行う。ボイスマルシェ電話カウンセラー、テレビ番組のコメンテーターなど幅広く活動中。

関連する投稿


“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

恋愛心理カウンセラーとして2,000人以上カウンセリングを行い、女性に圧倒的な支持を得る鹿屋由佳さん。その慈愛に満ちた優しい眼差しと絶対にクライアントをサポートするという強い意志で多くの人の心を救ってきました。日本ではまだまだ一般的ではない、心理カウンセリングの世界についてお話を伺いました。第一回です。


セックスレス解消の糸口はまず“傾聴”すること 恋愛心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

セックスレス解消の糸口はまず“傾聴”すること 恋愛心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

恋愛カウンセラー鹿屋由佳さん。2,000人以上の女性たちのお悩みを解消してきた鹿屋さんは何かを押し付けるのではなく、クライアントの心の奥そこに隠れている苦しみに光を当て、解放し、幸せへと導きます。インタビュー最終回は悩みの根底に隠れている“トラウマ”からの自律、そして鹿屋さんがなぜ恋愛カウンセラーと呼ばれるのかについてです。


怒りを上手に発散する方法は100均にあり! 心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

怒りを上手に発散する方法は100均にあり! 心理カウンセラー 鹿屋由佳さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

美しく華やかな容姿とは裏腹に確固たる信念をもち、クライアントのカウンセリングにあたる鹿屋由佳さん。恋愛カウンセラーとして多くの女性たちを救ってきた鹿屋さんにインタビューした第二回目は、鹿屋さんのオリジナル色が強いカウンセリング方法についてです。


アラフォーバツイチがモテる⁉ 男性の本音聞いちゃいました♪【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#26】

アラフォーバツイチがモテる⁉ 男性の本音聞いちゃいました♪【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#26】

バツイチ、つまり離婚歴のあるアラフォー女性。もう恋愛は無理かと思いきや、実は結構モテることがわかりました。ひと昔前なら離婚に対するイメージは悪いものが多かったのですが、現代は離婚も「前向きな選択」として受け入れられています。実際に男性陣に聞いた本音をご紹介します!


付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

人生の酸いも甘いも噛分けてきたアラフォー女性なら付き合ったらセックスするもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は優しい彼と付き合いはじめてキスやスキンシップはあるけど、その先に進まないというお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google