やっぱり気になる!年齢による女性ホルモンの分泌量の変化とは | 大人のワタシを楽しむメディア
やっぱり気になる!年齢による女性ホルモンの分泌量の変化とは

やっぱり気になる!年齢による女性ホルモンの分泌量の変化とは

女性ホルモンは、私たちにとってとても大切なものです。女性ホルモンがあるおかげで、私たちの体は女性らしさと機能を持つことができるのです。この女性ホルモンは、年齢によってその量が左右されます。ここでは、年齢による女性ホルモンの分泌量の変化について見ていきましょう。


女性ホルモンは13歳ころから上昇していく

女性ホルモンは、13歳ころから徐々に増加していきます。これは多くの人が知るように、「初潮」が来る時期です。その前までは、まだ男の子と女の子の違いはそれほど明確に現れるわけではなく、このくらいから、男の子は男性らしい体つきに、女の子は女性らしい体つきに変化していきます。

ここから女性ホルモンの量はどんどん増加していきます。女性ホルモンの量は30歳ごろをピークとします。ただし、「肌の老化」については25歳くらいから始まっており、徐々に肌トラブルが起こりやすくなっていきます。両方を兼ね合わせて考えていくと、「20代前半」あたりが、女性にとってもっともバランスのよい時期と言えるのかもしれません。

30歳以降の女性ホルモンについて

上でも軽く述べましたが、女性ホルモンの分泌量が一番多いのは30歳ごろです。13歳ごろから増え始めた女性ホルモンはこのときを頂点とし、徐々に下降していきます。ただし、35歳ごろまではそれほど顕著な差はありません。

右肩下がりで減っていく女性ホルモンは、40代中ごろをすぎると、ピーク時の3分の2~2分の1程度にまで落ち込みます。また、45歳を過ぎるころには、肌の衰えが急激にひどくなります。このため、「肌の老化」「自分自身の体が年老いていっていること」を、だれもが否応なく自覚させられます。もっとも現在では若々しい人がとても増えていますし、個人差もあるので、「この年齢を過ぎたら絶対に衰える」とは言えません。

女性ホルモンの働きと妊娠確率

「女性ホルモンが少なくなること」がもっとも大きな影響を与えるのは、やはり「妊娠出産」でしょう。女性ホルモンが少なくなると妊娠がしづらくなります。また、子どもを流産してしまったり、障がいを持った子どもが生まれやすくなったりします。

25歳付近での妊娠確率と30歳付近での妊娠確率は、実はそれほど大きな違いはありません。30パーセント程度といったところで、流産も10人に1人の確率で起ります。染色体に異常が起こる可能性も変わりません。ただし、ダウン症の発生確率だけは、25歳の方が1000人分の1に対し、30歳では700分の1となっています。

しかしこれが35歳になると、状況は大きく変わります。自然妊娠確率は18パーセント、4回に1回の割合で流産が発生し、染色体の異常が起きる確率も134分の1と非常に高確率です。ダウン症も90人に1人の割合で起ります。

女性ホルモンの増加と影響のまとめ

このように、女性ホルモンは年齢と共に増加し、そして35歳をピークとして徐々に量が減っていきます。それに伴い、妊娠確率も低下し、流産や胎児の異常が発生しやすくなります。妊娠出産を望むのであれば、35歳までを一つの目安として妊活に励むとよいでしょう。このような流れをうけて、現在の日本では、「35歳以上を高齢出産」として位置付けています。(かつては30歳以上でした)

また、女性ホルモンが減ることによって、更年期障害が起きるようにもなります。気持ちのイライラや体のほてりなど、心身ともに影響をもたらすものであり、多くの女性が悩まされるものです。こう考えると、私たちの人生や生活といったものは、ホルモンの影響を色濃く受けていると言えるのかもしれませんね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


女性ホルモン

関連する投稿


気になる女性ホルモンの減少 アラフォーになったら積極的に摂りたい栄養素【10年後のために今何を食べるべき?#3】

気になる女性ホルモンの減少 アラフォーになったら積極的に摂りたい栄養素【10年後のために今何を食べるべき?#3】

体や心に変化を感じはじめる女性が増えるのが40歳前後。急激に女性ホルモンの分泌が減少することと大きく関係しています。肌もハリや弾力がなくなってきたり、疲れやすくなったり、ちょっとしたことでイライラするなどの症状がでてくる女性が多いです。そんな時期と上手に向き合っていくために、意識して摂りたい栄養素についてご紹介します。


女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

今回は女性ホルモンと髪の関係についてお伝えします。女性は年齢、妊娠、出産、月経などによって女性ホルモンが増減し髪にも変化が見られます。そこで!女性ホルモンを味方にして、いつまでも艶やかで美しい髪を手に入れましょう。


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。最終回は加齢によるお悩みも出てきた膣内環境を正常に整える方法です。


おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。第二回目は女性なら誰もが直面する“おりもの”問題です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google