嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

母親との繋がりは「嫁の義務」と思っているので関心が向かない

自分の母親と妻の関係に無関心な夫は多く、それは「母親と上手くやるのは嫁の義務」と感じているから。そして、「妻は俺の母親を大事にするべき」「苦労しても妻が折れるべき」など妻の負担を当然とする気持ちが、無関心を加速させます。

「嫁姑問題には口を出さない」と言う男性に話を聞いてみると、「女同士のことだから、男の俺にはわからない」という無責任な発言が出て驚いたことがあります。夫はそう思うことで自分の無関心を正当化しているのです。

結婚すれば夫の身内も家族になります。大切にするのは当然ですが、それは妻だけの努力によってなるものではありません。お互いを尊重しあう姿勢があるから、居心地の良い関係が作れるのです。

それには夫の協力が必要不可欠だと気付かせる必要があります。

嫁姑問題は、はっきりと「お願い」することで夫を動かす

近所に住む姑が事あるごとに家に来て掃除について嫌味を言ったり、子どもの育児に難癖をつけたりするなど、特に用事もないのに何時間も居座られては、こちらもストレスが溜まる一方ですよね。

自分から帰ってほしいとは言いづらいので夫から注意を促してほしいですよね。ですが、夫に「困っている」とだけ伝えても「自分で言えよ」で終わりになってしまう可能性があります。それでは解決しません。

こんな時は「お義母さんに、うちに来るときは用事があるときだけにしてほしいってお願いして」とはっきり伝えましょう。「言って」より「お願いして」という言い方なら、夫も聞きやすくなります。

「何で俺が言わないといけないんだ」と反発されたら、「あなたが言うほうがお義母さんも受け止めやすいでしょ」と返しましょう。暗に「あなたの親なんだから」という響きを込めることで、自分の立場を自覚させることにつながります。

「母親とのことは嫁の義務」と思いこんでいる夫にとっては、こういう「調整役」が一番面倒くさいことでもあります。間に立つのを避けたがるのは、解決策を考えないといけないというプレッシャーがあるからです。

なので「お前が言えよ」と簡単に終わらせようとしますが、それを良しとしていては何も変わりません。「あなたの母親のことはあなたも無関係ではない」という姿勢を夫に見せ続けることで、「親のことは自分が動く」のを当たり前と感じさせましょう。

「あなたの協力が必要なの」と理解させる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上の例で、夫が「俺の母親が家に来ることが不満なのか」と妻の言葉をネガティブに捉える可能性もあります。なのであくまでも「来られることが嫌なのではなく、自分のことができなくて困る」という面を強調しましょう。

「アドバイスをもらえるのは助かるんだけど」など、少しのフォローを入れると夫も気分を害しません。妻が自分の母親と接するのを嫌がっている、という部分にフォーカスさせると問題がこじれますが、「私も家事があるし、子どもの迎えもあって忙しいから」と「家庭の都合」であることを認識させると、夫が母親に伝えるときもスムーズになります。

肝心なのは、夫に調整役であることを意識させない点です。「嫁がこう言っている」ではなく、「家の状態がこうだから」という理解を持たせることが肝心です。これなら、母親に伝えるときも角が立ちません。

「私からは言いにくい」とはっきり言ってしまうと、夫は妻と母親の関係についてマイナスな印象を持ちます。それよりも「息子のあなたが言うほうがお義母さんも聞きやすい」と前向きな言葉を使うことで、協力する気を起こせます。

「あなたの協力が必要なの」という気持ちが伝われば、夫は理解できます。「あなたの親なんだから、あなたが言ってよ」というように押し付ける言い方はタブーです。妻から言われて気がつくのではなく、夫がみずから動かなければ自覚は生まれません。

改善されたら感謝する姿勢を見せる

実際に夫が姑に話をしてくれて、無意味な訪問がなくなったら夫に「伝えてくれてありがとう」と感謝することを忘れないでください。「息子が言うのが当然」という態度は夫の中に引っかかりを残します。感謝されることで、夫は自分の行動は正しいんだと納得します。

夫の意識を嫁姑問題に向かせるには、まず夫自身が関わることを自然に促すやり方が効果的です。お願いすることで「俺が言うほうがスムーズなんだ」と実感させることができれば、その後もきっと協力を惜しまないでいてくれるでしょう。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


嫁姑 嫁姑問題

オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター