“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

そもそもアンダーヘアは、いる? いらない?

私はこれまで様々な場所でセミナーをさせて頂いてきましたが、「自分のデリケートゾーンを見るのは恥ずかしい」「よく見たことがない」という方が本当に多いです。しかし検診で婦人科の先生に見られたり、パートナーとセックスをするときには見られるはずですよね。大切な人と深いかかわりを持つ大事な場所なのですから、自分の膣まわりがどんな状態か、まずはきちんと見ることが大切です。

膣まわりを見るとき、もっとも気になるのがアンダーヘアではありませんか。よく「毛はあってもいいですか?それとも無くすべきですか?」と聞かれます。私としては、ムレにくさやケアのしやすさを考えるとアンダーヘアは必要ないと考えています。全くヘアが無いのはちょっと…という方は、Vラインだけ少し残してIライン、Oラインは脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

著書『潤うからだ』でもお伝えしているのですが、脱毛をするのであれば早いうちに始めるのをおすすめします。アンダーヘアも年齢を重ねると白髪になってきます。そうするとレーザーが反応しないので、脱毛はできません。将来自分が介護される側になったとき、アンダーヘアがあると糞尿が絡まって取りにくく、においやすくなってしまいます。今後より快適に過ごすために、まずはヘアの処理からスタートすると良いでしょう。

膣まわりのお悩みNO.1は「におい」!

アンダーヘアをかきわけて膣を見てみると、外側に大陰唇(だいいんしん)という大きなヒダ、そして内側に小陰唇(しょういんしん)があります。そしてその中に、クリストリス、尿道口、膣口、お尻のほうに肛門があります。デリケートゾーンは毎日の排泄が行われる場所、月経血がでる場所でもありますから、きちんとした方法での洗浄が肝心です。特にこれからの季節、汗をかいて恥垢(ちこう)というアカが溜まりやすくなります。恥垢は膣の表面というよりも、大陰唇と小陰唇のヒダの間に溜まりやすく、これが気になる「におい」のもとです。

「におい」のもとと汚れをすっきり洗い流すには、専用のウォッシュを使ってケアするのがおすすめです。体は部位によって皮膚の薄さやそれによる成分の吸収率、pH(※)なども違います。優しい処方のものだとしても、体全体を洗うために作られたボディソープでは「洗いすぎ」になる可能性があるのです。特に、膣まわりは角質層がなく唇の裏のような状態です。そのため経皮からの吸収率は腕と比べて約43倍だと言われています。それだけデリケートでありながら、恥垢や月経血などの特殊な汚れが多いのが膣まわりなのです。だからこそ、膣まわりを洗うために開発された商品で洗うのがおすすめです。

※酸性とアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけ、pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性となります。

お気に入りの香りやテクスチャーの専用ウォッシュでケア

Getty logo

最近は植物由来成分がたっぷり入ったものや、オーガニックのものなどデリケートゾーン用の洗浄剤もレパートリーが増えてきました。シャンプーやボディソープで好きなブランドや香りがあるように、デリケートゾーンケアも自分の好きな香りやテクスチャーのものがあるはずです。どれを選べばいいかわからないときは、お店のスタッフさんに相談してみるのも◎。ドラッグストアだと相談しづらいときもあるかもしれませんが、デリケートゾーンケア商品を多く取り扱っている百貨店やバラエティショップ、オーガニックコスメのセレクトストアなどであれば女性のスタッフさんも多く相談しやすいはず。洗い上がりや香りの好みなどを相談してみましょう。

お気に入りのものが見つかったら、髪やボディ同様にお風呂で洗いましょう。ポイントは恥垢が溜まりやすい大陰唇と小陰唇のひだを優しくつまむようにして洗うこと。決してゴシゴシ洗ってはいけません。また、自浄作用のある膣口の中は洗う必要がありません。なので指に洗浄剤をつけたまま、膣口の中を洗ったりしないよう気をつけましょう。また、忘れがちなのが肛門です。肛門は自分で見ることができませんが、ここも多くのしわに汚れが溜まりやすい場所ですので、ウォッシュで優しく洗いましょう。

デリケートゾーンの洗い方 ポイント

♥大陰唇と小陰唇はやさしくつまむように
♥膣口に洗浄液が入らないように注意
♥肛門も忘れずにやさしくウォッシュ



デリケートゾーンのにおいやムレに悩みを抱えていなかったという方も、洗い始めたら爽快感や清潔感を感じて気持ちがよく、当たり前の習慣になったというお声をよく聞きます。

髪にはシャンプー、ボディにはボディソープ、顔にはフェイスソープを使うようにデリケートゾーンにはデリケートゾーン専用のアイテムでのケアを始めてみてはいかがでしょうか。

丁寧に洗ったら、お風呂上りにすぐ保湿!ということで、次回はデリケートゾーンの保湿の仕方についてご紹介します。お楽しみに!

植物療法士 森田敦子




本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

日本における植物療法の第一人者。デリケートゾーンケアの重要性を説いて話題となった『潤うからだ』の著者。

関連するキーワード


森田敦子 デリケートゾーン

関連する投稿


顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


 「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーン&膣ケア#1】

「膣まわり」を意識して潤うからだになろう!【大人のデリケートゾーン&膣ケア#1】

いよいよ待望のデリケートゾーンのケア方法の連載が始まります!植物療法士であり「潤うからだ」の著者・森田敦子さんは様々なメディアでデリケートゾーンのケアがいかに大切か語っていらっしゃいます。その森田敦子さんにたっぷりとデリケートゾーンについて語っていただきます。今こそしっかり自分のデリケートゾーンに向き合いましょう!


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google