アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

離婚の決断というと、これまで続いた結婚生活を終わりにすることと捉えがちです。しかし、妻にとってはこれから夫と決別し新しい人生を進むための始まりでもあります。そこで離婚の決断前後で起こること、妻が押さえておきたい大事なポイントをご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

離婚後の生活が成り立たないなら「今はまだ無理」

離婚をすべきか、我慢すべきか。

この大問題を前に、ただそれだけを考え続けて何年も経過してしまう妻がいます。これは決して少数例ではありません。

もし、今のあなたが専業主婦やパート等で、この問題が頭をよぎっているのならば、まずは、離婚をすべきかどうかの問題は、悩みの優先順位を1番目から2番目に落とすくらいの気持ちにしましょう。まずは“離婚をしても生活が成り立つように就職や貯金をする”準備を進めましょう。

実際に40代をただ離婚すべきかどうか悩むだけで何も準備せずに、離婚を決断したのが50代だった。というケースでありがちなのが、ご自身が専業主婦やパートで実家に戻れない、財産分与も大して見込めない、というケースです。

どう考えても離婚後の生活が成り立たない場合は、「我慢した方がマシかも?」となってしまうのですね。

離婚をしても自分でなんとか生活できる正社員や、パートや専業主婦の方でも実家のサポートが得られる場合はあまり神経質にならなくても良いですが、それらにあてはまらないのであれば、“離婚の決断をする”のと“離婚後の生活が成り立たつかどうか”は別問題だということをしっかりと押さえておいてください。

まだまだ40代は先の人生長いです。たとえ我慢しようと決意しても、嫌なこと、つらい気持ちはどんどん溜まっていくのです。

溜まりにたまってどうにもならなくなったときが50代だった時、離婚の選択のするのは非常に厳しくなる場合があることを覚えておいてください。

真の理由を把握せずに離婚の決断をすると損をする⁉

「配偶者に自分の不倫を隠したまま、離婚を進めたい」

そんな相談が寄せられます。

浮気している夫は「好きな人ができたから離婚してくれ」と妻に言うでしょうか?

言う夫もいますが、隠したまま「性格不一致、価値観の相違」を挙げて、妻に離婚の要求をする夫は非常に多いのです。

夫が離婚要求し、妻の至らない点をあげつらい、妻もそういわれても仕方ないかもと自分で思いこみ、「もう修復は無理そうだ」と思い離婚を決意したとします。

しかしそこでちょっと待っていただきたいのです。

この夫の主張をそのまま鵜呑みにしていては損してしまいます。夫は隠れて浮気しているのですから。

専門家として相談者の話を聞いていると、妻が夫の浮気を把握していなくても、どうにも浮気の傾向が感じられるケースがあります。ですので、夫からの離婚の要求を受け入れる形で離婚を決断する場合は本当に要注意です。

離婚後に浮気が発覚するケースも

離婚後の妻から実際に次のような相談が寄せられたことがあります。

離婚後の面会交流のときに、夫にはもう結婚を約束している相手がおり、さらにその女性は妊娠していたというのです。離婚理由が浮気だった可能性があると思うと本当にショックだというのです。

浮気だったならば、離婚前に証拠を押さえておくべきでした。妊娠の時期をあれこれ推測しながら、今から専門家に相談するかどうか検討するより、本当は、最初から相談しておくべきでした。

あなたが思っている離婚原因は本当のことなのか?

隠れた浮気を見抜けないでいる妻は本当に多いのです。あなたは大丈夫ですか?

離婚する前の今段階において、浮気の証拠をとることができれば、貴女も少しは原因を知ってスッキリするでしょうし、貴女にとって離婚協議が進めやすい、夫の浮気相手に慰謝料請求できるという大きなメリットがあります。

正社員、実家がお金を出してくれるという専業主婦、パート妻は、探偵を上手に活用することも検討すると良いでしょう。

夫の浮気相手からの慰謝料が支払われると、これもあなたの次の生活の大きな糧となります。
真の理由を隠して離婚を進めようとするケースがあること、知っておいていただきたいです。

離婚後にありがちな「家」の問題

Getty logo

「家をお前にやるから、離婚して」

と、専業主婦やパート妻が夫に言われたとします。ちなみに、住宅ローンが残っているケースです。

この家は財産分与で夫が妻に譲渡する、住宅ローンは夫が支払う、というこういうことを契約書に書いておけば本当に大丈夫だと思いますか? 公正証書にしておけば安心だと思いますか?

家はとても重要なことなので、中途半端な知識のまま離婚を決断すると、痛い目にあうことがあります。自宅(住宅ローンあり)をもらう代わりに離婚を受け入れるという妻は、ぜひ専門家に相談すべきです。

なぜならば公正証書に書けば万全かというとそうとは限らないからです。“リスクを最小限にする”とよくいわれていますが、どんなタイプの夫との間で契約するのか、どういう内容の取り決めなのか? によって、リスクは人それぞれなのです。

住宅ローン滞納が思った以上のトラブルになることも

夫が金銭にだらしなく、住宅ローンの滞納の可能性もある場合は、そのような夫から自宅(住宅ローンあり)をもらう契約をしても、非常に不安が残ります。

公正証書にしていてもです。夫が住宅ローンを滞納した場合、いったいどうなるのか? そういうことも含め、物件価格、住宅ローン残額、双方の収入、他の選択肢、夫の性格、いろんなことを考えてベストな選択をすべきなのです。

夫が住宅ローンを滞納したことがきっかけで、離婚により銀行の了承を得ずに所有権を夫から妻へ移していたことが銀行にバレたという話がありました。そこから、夫と銀行又は保証会社間でトラブルとなり、妻は大変な思いをされ困っているとの相談が寄せられることが実際にありました。

住宅ローンを一括返済できる資金が夫にあるのならば問題はないのですが、今回は夫が滞納するくらいなので一括返済は無理です。

離婚して安心して暮らしていた妻も、次第にこのトラブルに巻き込まれていくことになります。最初からちゃんと専門家に相談しておきたかったケースです。こうなってからでは、いくら専門家に相談してもどうにもならなかったり、また余計に費用が発生したりする可能性があります。

離婚条件取り決め時に、もう少し慎重に考えていれば、もっと他の条件を夫から引き出せていたかもしれません。

夫が言う、「絶対支払うから」「絶対大丈夫だから」的な発言は無視して自分でしっかりと情報収集しましょう。

そうでないと、夫から財産分与でもらったはずの自宅に安心して住めなくなる事態に陥ることもあるかもしれないのですから。

離婚で終わりではない 離婚後の未来のために

いかがでしたでしょうか? 離婚協議は非常につらく、難しく、分からないことが色々あると思います。夫と協議をすることが辛くて離婚条件なんてもうどうでもよくなってしまう気持ちになることもあります。

「離婚の決断をしてから条件を検討するのか」「相手からの離婚条件提示を受けて離婚を受け入れるのか」

など離婚のパターンは様々ですが、離婚を決断する裏には、お金のことや不動産のことをはじめ、真の離婚原因を見抜く力や公正証書のこと、将来起こりうるリスクの想定など、知識がそうとう必要なのです。

離婚条件は次の生活の土台となります。そのことはしっかりと頭に入れておいてくださいね。

この記事の筆者 ▶ 離婚カウンセラー 阿部貴子

https://wome.jp/users/107

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

【関連記事】子あり離婚・子なし離婚 それぞれの離婚

感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

https://wome.jp/articles/1373

こんにちは。行政書士であり、離婚カウンセラーの阿部貴子です。夫婦の話し合いで夫が家庭に戻ってきた。夫と愛人の関係が自然消滅した。ようやく嵐が過ぎ去り平穏を取り戻せるかと安堵した妻。しかし、夫の浮気という危機は再び訪れる可能性があることは前回お伝えしました。今回は、その後、離婚に向ってしまったケースについてお伝えします。

離婚「子どもの親権」はどうなる?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#05】

https://wome.jp/articles/1800

こんにちは。弁護士の中川みち子です。離婚を考える時に一番問題になるのは子どものことではないでしょうか?一人で育てられるかな? 子どもの気持ちを傷つけないかな? など、心配は尽きませんね。そこで今回は子どもがいる夫婦の離婚で知っておくべきことをお話しします。

不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

https://wome.jp/articles/1819

こんにちは。弁護士の中川みち子です。最近は不倫をスクープされた芸能人が謝罪をする場面をよく目にします。不貞行為は配偶者への裏切り行為、あってはならないことですが気持ちはコントロールできないこともありますよね。そこで離婚をする際に不貞行為がどう影響するのかお話しします。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連するキーワード


アラフォー 離婚 離婚後

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

いつどうなるかわからないのが結婚生活。ごく普通に幸せに暮らしていたのに、ある日突然、パートナーから離婚宣言されることもあります。今回は、突然、夫から離婚を言い渡された妻からの相談です。ある日パートナーから「好きな人がいる」「離婚したい」と言われたら、あなたはどうしますか?


「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

若くないからこそ許せない…なんとも耳の痛い話です。しかし、実際、声を聞いてみるとまったくその通り…。アラフォー女性だからこその知性と常識を持って対応することの大切さを恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター