親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉がありますが、特に夫婦は長い時間を一緒に生きていく共同体だからこそ、相手を尊重する思いやりが必要です。仲良くなり、慣れ合い、つい超えてはいけない一線を簡単に超えてしまえるのも夫婦。そうならないためにどんな心構えが必要か教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

夫婦のカタチはそれぞれ。それを創り上げていくのが人生

日本だと、「男女の結婚=夫婦」のイメージが根強くありますが、世界という視野でみると、フランスにはパートナーとの共同生活において、結婚しているのと同じだけの権利を得られるPACS(民事連帯契約)という制度があったり、欧米諸国などでは同性同士の夫婦が法律で認められていたりと、夫婦の形は本当にさまざまです。成人式を迎えた翌日から急に大人になれないのと同じで、戸籍上では夫婦でも結婚したからといってすぐに夫婦になれるものではなく、夫婦も徐々にふたりだけの夫婦のカタチができていくものなのかもしれません。

私は結婚して10年以上経ちますが、私にとって夫は「チームメイト」のようなものです。 家族という同じチームで、共に目標に向けて努力したり、時に切磋琢磨したり、励まし合ったりしながら、同じゴールに向けてむかっているような、そんなイメージを持っています。 そもそも、人間関係でも、自分自身のことでも、完全なものはありません。私たちは完全にはわかりあえないから、相手のことを思ったり心配したり力になりたいと思い、未完成で未熟だからこそ、頑張ろうと向上したり夢を持てたりするのではないでしょうか。

いびつだからこそ、不完全だからこそ、私たちの間には温かい感情がうまれるのだと思います。なので、「夫婦とは?」を決めるのはあなた自身でいいはずです。 その答えを、共に探す旅をしていくのが夫婦なのかもしれません。

相手を尊重すること。意味のある余白をつくること

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚生活の中では、「相手と相手をとりまく環境を尊重すること」が大事だと感じます。結婚すると、相手の家族、親戚、友人といった新しい人間関係が生まれます。「大切にする」というのは、常に相手のために何かをする、相手のすべてを理解する、ということとは少し違って、「あえてやらない」という選択肢をとることも優しさの形だと思います。

長くいれば必ず通じ合える部分があります。ですが、触れてほしくないことは、たとえ夫婦でも聞かないことが大切です。たとえば、過去の出来事やセンシティブなプライベートなことや秘密にしたいこと、相手が話したくないことにはあえて踏み込まないようにしたり、時に気づかないふりをしたりすることも大切です。

そうした知り尽くせない部分も含めて、相手のことを愛せる、大切に思うことが、大事だと感じています。携帯やメール、手紙、給与明細。どこまでが許可がなくてもシェアしてOKで、どこまで踏み込んで大丈夫なのか。

「後ろめたいことがないならすべてオープンでも良いのでは?」という考え方もあると思います。ですが、何をイヤだと感じるかの基準は人それぞれです。昔、VIP接遇の仕事をしていた際、お客様のお名前をお呼びして接遇にあたるのを「名前を覚えてくれてありがとう!」と喜んでくださる方もいらっしゃれば「プライバシーが周囲に伝わるのはちょっと...」という方もいらっしゃいました。

ひとつのことでも感じ方はそれぞれだからこそ、その人その人の感性を尊重することが重要なのです。信頼関係というのは、相手のことをすべて理解していなくても築けるものだと信じています。建築家の安藤忠雄さんは、余白のスペースを作り出すことによって、人々がほっと一息つける空間になるとおっしゃっていました。になると言っていました。もしかしたら、心の空間にも同じことが言えるのかもしれませんね。『余白の美』と言う言葉があるように、意味を持った余白というのが存在すると感じています。迎え入れる優しさや温かさのようなものは、少しの余白のようなものがあるからこそ、うまれるのではないかと思います。

日々の生活の中で“待つ”意識を持ち相手が話しやすい環境をつくる

ホテルでVIP接遇に従事していた際、支配人に「待つことの大切さ」を教えられたことがあります。相手の言葉や反応を待つことが、いかに大切かということです。たとえば、相手の話をきちんと聞かずに早合点して怒ったり、結論を急ぐあまり途中経過が説明不足で誤解を与えたり、時間がないからとコミュニケーション不足だったりすることがあります。

これはすべて「待つ」ことができれば防げたことです。「待つ」というのは、ただボーッと相手から反応がくるのを待っていることではなく、相手が答えやすくなる環境をつくること。そしてさらに、笑顔で待つ、あいづちをうつ、相手が話そうだなと思うような微笑みができることだと言われました。とはいえ、元来私はせっかちなほうです。仕事ではどうしても早急な決断を求められるときがありますし、毎日慌ただしく過ごしているとつい「待つこと」を忘れてしまいがちですから、気をつけなくてはと思っています。

自分に覚悟があるかどうか

夫婦だけでなく人間関係において良くないなと思った振る舞いをしてしまったとき、「謝罪すれば許される」という考え方は、学生までのように思います。たとえ許してもらえなかったとしても謝罪しようと考えるのか、自分の心の中だけで留めておくのか。

「許してもらえるかも」「たぶん大丈夫だろう」という相手への期待を求めるのではなく、自分の言葉と行動に、最後まで責任を持つことが大事だと感じます。たとえ許してもらえなくても、心に留めておくのがどんなに苦しくても、それは自分の覚悟の問題です。覚悟を決めるということは、もうひとつの選択肢を捨てることですから。状況や内容によると思いますが、リカバリーできる方法があるかどうかも答えがありません。もしかしたら謝罪することで、相手を傷つけたり嫌な気持ちにさせるかもしれない。だからこそ、そういう気持ちにさせてしまうのだという、自分の行動や言葉に責任を持つことが重要ではないでしょうか。

夫婦が生涯添い遂げるために私が思うこと

現在、私の夫はアメリカの大学の研究チームに所属し、救急・集中治療領域の研究をしています。夫はアメリカに住んでいて、私はアメリカと日本を行き来する生活をしています。 日本にいた頃の夫は、救急医としてICUやドクターヘリなどで激しく働いていました。私が起業したばかりの頃です。要領の悪い私はいつものごとく、すべてのことに慣れず四苦八苦していました。

そんなある日彼が「黒いネクタイ、どこにあったかな…」と。聞くと、同級生のお通夜に行くといいます。毎日患者さんの対応に一生懸命だった同級生は、自分の体の具合が悪いことに気づかなかったそうです。連絡が取れずに心配した彼の彼女が家へ行くと、彼はベッドで眠るようにして亡くなっていたそうです。

お通夜から帰った夫は、彼女が「ごめんなさい、もっと早く行けなくてごめんなさい…」と泣き続けていて見ていられなかったと言います。医療的なことだけを言うと、彼女がもっと早く行けていたとしても彼はおそらく亡くなっていたそうですが、それでも彼女がそう思ってしまう気持ちもわかります。

そのことがあって以来、私は考えるようになりました。私も彼女と同じことを思わないだろうかと。目の前の仕事にばかり没頭していて、ある日私も後悔しないだろうか。このまま、私は仕事をしていてよいのか。彼を支えなくてよいのだろうかと。迷ったあげく、そんな私の迷いを夫に伝えたところ、彼がこう言いました。

「人生はこれだと思えるものを持って、やりがいを持って生きていくことが大切なんだと思う。俺はそういう生き方ができる女性を尊敬している。そういう姿を見ると自分も励まされるから。俺は支えはいらない。お互い胸を張って生きよう」と。

今でも、そう言ってくれた言葉を、時々思い出します。胸を張って、私自身を生きる。誰でもない自分自身の人生を精一杯生きることが、夫婦が長く寄り添う秘訣にできたらいいなと思います。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

言いづらいことを伝えるのは勇気がいりますし、嫌われたどうしよう…と心配になりますよね。逆に「嫌われてもいい、どう思われてもいい」と無作法に相手に言葉を投げかけることも決していいことではありません。大人の女性はだからこそ、心のマナーをもって、人とコミュニケーションを持つことを大切にしたいですね。


義理の両親の介護問題に頭を悩ませています【夫婦問題お悩み相談室 #18】

義理の両親の介護問題に頭を悩ませています【夫婦問題お悩み相談室 #18】

夫婦だけでなく、家族同士のつながりでもある結婚。配偶者の親族とのお付き合いが始まります。実の親と同じように、義理の両親も歳を重ねると、やはりいろいろと心配ですよね。老後についても考えなくてはなりません。今回は、義理の両親の介護問題についてお話します。


気づけば結婚10年以上!いつまでも夫婦仲良くいるために【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76】

気づけば結婚10年以上!いつまでも夫婦仲良くいるために【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76】

愛する夫との生活も、気がつけば10年以上。慌ただしい毎日だけど、何とかここまでやってこられたなあ。なんて感じているアラフォー女性も多いのではないでしょうか。たまには一息ついて、今までのふたりを振り返ってみましょう。思い出を整理してみると、次の10年も夫婦仲良く幸せに暮らしていくヒントが見つかるはずですよ。


反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

せっかく好きな仕事につけたのに、人間関係でストレスを感じる。転職理由の多くは、「人間関係の悩み」というデータがあります。上手に気持ちを切り替えるにはどうしたらいいか。転職する前にできることはなにか?ロジかわ思考でお悩みを解決します!


食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

前回、オッサン化予防は、まず筋力をつけるところから始まるとお伝えしましたが、同時に妻が気をつけなければならぬことは「食事」です。今回はその「食事」についてお話します。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれるまではラブラブだったのに、出産後、何だか旦那さんの態度が冷たい。育児にも参加してくれない。子どもが産まれてから、旦那さんの態度が変わったと悩む女性は多いですが、原因は環境の変化かもしれません。まず生活を見直してみることが大切です。改めて旦那さんへ愛情を向ける時間を持ちましょう。


義理の両親や兄弟と揉めないために。夫の相続【弁護士が教えるかしこい相続相談所#5】

義理の両親や兄弟と揉めないために。夫の相続【弁護士が教えるかしこい相続相談所#5】

これまでの連載で相続する権利がある人は誰かということを説明してきたので、夫が亡くなった時に妻が相続人であることはお分かりかと思います。しかし妻は夫の財産のすべてを相続することはできません。子どもと分けたり、親や夫の兄弟と分けることになります。ここで問題をはらむ場合が多いのです。 今回は、夫の相続についてご紹介します。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター