「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

一度寝たらその後連絡がとれなくなった…。20代ならともかく、アラフォーでそんな事態は避けたいですよね。そうならないためにも、そしてそんな覚えがもしあるとしたら、その原因をしっかり知っておきましょう。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

“やり逃げする男”がすべて悪いとは限らない。一度で切られるにはワケがある

「え?あんなに必死に私を口説いていたのになんで?」

“一度関係を持っただけでもう終了~”なんて女からしたら屈辱的すぎること。

それまで男の方がいくらシャカリキになって追いかけてきたとしても、一度コトを済ませただけであっさり引き下がってしまうことはよくある話。

しかし、やり逃げ男の被害者となったとしても、相手を「酷い男」と恨むのは大人の女のすることではない。

やり逃げ男がすべて悪いとは限らない。
女が男の食指を動かせなくしてしまうこともあるからだ。

今回は男の欲望が続かずに冷めてしまう理由を教えよう。

男がもう二度と寝たくなくなる女性「ワキが甘い女」

・「エッチのとき女性の無駄毛をみると萎える。男に多いのはワキフェチ!!剃ってもポツポツしてるゴマ塩みたいなワキにはガッカリ。どんな美人だろうと幻滅するね。いや、美人だと期待値が高いぶん尚更幻滅する」(43歳男性/Webデザイナー)

・「前に合コンでお持ち帰りした女性の足にスネ毛が生えててビックリ!とりあえずしたことはしましたけど(笑)女の身体はいつもツルツル、スベスベであってほしい!」(38歳男性/運送関係)

――身体のパーツの身だしなみに手を抜いてる女性に嫌悪感を覚える男性は多い。

海外の男性と違い日本の男性というのは自分の頭の毛もさることながら、女のムダ毛が気になるの模様。ムダ毛の処理があまい女に日本男児はズボラ感や不潔感を抱くのである。

男にとっては女の身体ごと愛するためのセックスなのだから、男に不潔さを感じさせることで男のテンションはだだ下がりする。

「女ならこうであってほしい」と思っているのが男というもの。
一般的に「男は女性よりも想像力に欠ける」などとよく言われているが、それが女の身体となれば話は別!そこに関しては想像力は抜群なのだ。
「この女の身体ってこんなだろうな」「服を脱いだらこんなふうかな」「肌なめらかなんだろうな」「抱き心地はいいだろうな」と女性の身体に対して妄想を抱いている。

だからこそ、普段服で覆い隠されているパーツに手抜きがあってはならないのだ。

エッチだって連鎖反応。
手抜き女には男だって愛撫の手を抜いてしまうのだ。

「こないだ手入れしたし……」
「一昨日処理したから、いいよね」……などと悠長にかまえてはならない!

文字通りワキが甘い女に男は恋しないのである!!

そのムダ毛1本で男から「女であることを」認めてもらえないこともあるということをお忘れなく。

男がもう二度と寝たくなくなる女性「奉仕するのは俺だけのマグロ女」

・「初回で女性側に『なんかしてくれ』とは望まないけどさ、反応は欲しい。感度悪かったり、反応がよくない女だとつまらない。芝居しろとか感じてるフリをしろとは言わないけど女だって気を使うべきだよね」(43歳男性/旅行業)

・「マグロはダメ、盛り上がらない。セックスで男がする本番以外の行為なんて奉仕みたいなもんなんだからさ、女性が感じてるのか感じてないのかわからないとガッカリするよ。男なんて単純なもんで、いい反応を見せてくれる女なら2回でも3回でも頑張ろうとしちゃうんだから(笑)」(41歳男性/家電メーカー)

――男は女の感じてる表情が見たくて頑張ってるようなもの。

つまり、男というのは自分がしたことに対して期待通りの反応が得られないとガッカリするのである。

男はエッチすることで征服欲が得られる。
しかし、ただ抱くことで「コイツは俺の女になった」という自信を持つのではない。
相手が感じてくれている、反応を示してくれることで「自分のものになった」という自信が持てるのだ。

感じる女、反応のいい女とするエッチこそ“男冥利に尽きる”もの。
男は自分のしてることの手応えを感じたいのである。

そして男は相手が反応を示してくれることでますますいい仕事をしようとするものである。

男がもう二度と寝たくなくなる女性「余韻を楽しめない女」「切り替えが早すぎる女」

・「エッチのあとそそくさとシャワーにいかれると気分悪い。あと、洗面所でうがいしてガラガラペッっとかも……。『え?俺の汗や体液がそんなにイヤだったのか』と思っちゃう」(45歳男性/空調設備)

・「コトが済んだあとで、動き回る女とかはダメ。冷蔵庫に飲み物取りにいったり、スマホをチェックしたりとかさ……。ケロッとした顔でペットボトル飲むとかって配慮がなさすぎ。その切り替えの早さが男を萎えさせるってことわかってないよね。今までの俺の頑張りがそこで全否定されるんだよ」(46歳男性/印刷)

――男はいつでも「俺との行為がよくなかったのか?否か?」を気にしているもの。

男女の情事というのはその最中だけが重要なのではない。
コトが済んだあとこそ大事なのである。

相手への思いやりというのは、余韻に浸ること。
そこに女性らしさや相手に対する敬意が現れるというもの。コトのあとは性欲が抜けてるからこそ、その部分がわかりやすいのだ。

いくら行為の真っ只中に男に“快感”を伝えたとしても、済んだあとで涼しい顔していたら信頼性はない。「あれは全部演技だったのか」と疑ってしまうだろう。

男も女も
「あなたとして良かった」
「気持ち良かった」
が相手によく伝わるのはむしろコトが済んだあと。

女がグダグダでなかなか身動きしないでいたり、ぐったりしていることで、男は「俺のに満足してくれんだ」と感じ取るのだ。

男は済んだあとでも「俺を感じてくれている女性」が大好き、なのである。

男は自分が思い描いてたセックスでなければ「逃げるもの」

Getty logo

男は相手と恋愛関係に発展させる際、エッチの相性で判断することがあるが、男の感じる相性とは自分好みの体型をもった女性だからというワケではない。

男がもっとも重要視しているのは「女が自分のエッチに満足してるか」なのだ。

男が「この女とは相性がいい」と思うのは自分がしたことで相手が悦んでくれること。

男は女の反応次第で冷めたり盛り上がったりする。

もしあなたが男性と一度目の関係で終わってしまうのであれば、それは男が失望したからだ。

男は自分が思い描いてたセックスでなかったから、やり逃げしたのである。

“ことをスル前に男を吟味するのは女”であり“ことを済ませたあとで吟味しているのは男”のほうなのだ。

男と女には『関係を持つまでのプロセスも大事だが』、『関係を持った後にこれからどうなるか』のほうが重要と言えるだろう。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

「不倫なんて絶対しないって思っていたはずなのにいつの間にか…」。誰しも最初から「不倫の恋がしたい!」なんて思っていないでしょう。しかし思いがけないきっかけで始まってしまうのが不倫。あれよあれよという間に始まり、抜けられなくなって辛い思いをしているあなたへ。不倫の実態を恋愛コラムニスト神崎桃子さんが教えてくれました。


アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

婚活を頑張って見つけた年下彼とのデート。ですが、ひとつふたつならともかく5歳以上年下の男性となると自分と彼がどう周りから見られているのか気になりますよね。色気たっぷりのお姉さまに従う年下男性、なんて見られるのもどうかと思うし…年下男性とのデートで成功する秘訣を恋愛コラムニスト神崎桃子さんから教えていただきました。


40代独身女は痛い? 既婚女性が独身女性につい言いたくなること【神崎桃子の恋愛指南 #11】

40代独身女は痛い? 既婚女性が独身女性につい言いたくなること【神崎桃子の恋愛指南 #11】

アラフォー 既婚女と独身女…高くて厚い壁がある…と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 前回は独身女性が既婚女性についてイラつくことを教えていただきましたが、今回は既婚女性が独身女性にいいたいことをまとめていただきました! 身につまされる人もいるのではないでしょうか。


「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「今までひとりで気楽にきたけれどやっぱり老後はひとりはイヤ!」と真剣に婚活を始めるアラフォー女性も多いだろう。しかし実際婚活市場に出てみると現実は厳しく腹ただしい思いをすることもしばしば…。そんなすべての女性たちへ、恋愛コラムニスト神崎桃子さんからためになるお言葉をいただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google