シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】 | 大人のワタシを楽しむメディア
シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

大切なのは洗う順番!

顔と頭は一枚の皮膚で繋がっています。シャンプーの選び方や洗い方を見直す事で、もしかしたらお肌のお悩みも解消できるかもしれません。

皆さんは顔、身体、髪の毛をどのような順番で洗っていますか?ひょっとしたら洗う順番の違いで美肌になり損ねているかもしれません。

【洗う順番】
1.クレンジング
 ↓
2.シャンプー&トリートメント
 ↓
3.入浴
 ↓
4.身体を洗う
 ↓
5.洗顔

身体を洗う順番は実は重要なポイントです。洗うタイミングを間違えると、肌のトラブルを招く原因となってしまいます。クレンジングは乾いた肌に行う方がメイクとの馴染みが早いので、お風呂に入る前に済ませておきましょう。一番のポイントはトリートメントのすすぎ残しが肌に残らないようシャンプー&トリートメントの後に身体を洗うことです。

肌につきにくいシャンプーの方法

Getty logo

シャンプーに入っている界面活性剤は洗顔料やボディーソープに入っている物よりも強力です。そのため、できるだけ顔や身体につかない洗い方をすることが大切です。

髪を洗う時、シャワーを手に持って首を後ろにそらし気味にしてシャンプー、トリートメントを洗い流します。これなら顔にも背中にもつきにくいですね。
下を向いてうなじの方からすすぐ方が多いですが、この方法だと顔周りの髪のすすぎが不十分になりやすく、生え際のニキビや痒みを招く原因になります。

トリートメントを肌に残さないことが大切

トリートメントは、少し時間を置いて浸透させたいですね。湯船に浸かる時はその時間を利用できますが、シャワーだけの時は、トリートメントを浸透させる間に身体を洗い、お風呂の最後に頭を洗い流すと言う方が多いのではないでしょうか?この順番だとトリートメントに含まれるシリコンなどのオイル成分が身体についてしまい、背中ニキビなどの原因となってしまいます。
湯船に浸からない時はトリートメントをしたまま身体を洗い、髪の毛と身体を同時に洗い流せば、トリートメントが身体につくのを防げます。

オイルでガード!

シャンプーが肌につかない方法として、洗い方を工夫する他にできるのが、オイルで肌をガードする、という方法です。クレンジングが終わったら、オイルを数滴お顔に塗布し、シャンプーの泡が直接顔にからないようにガードします。オイルはシャンプー剤の刺激からだけではなく、お湯で皮脂が洗い流され過ぎるのも防いでくれます。

また、オイルはシャンプー前にプレシャンプーとして、地肌をオイルマッサージする事で、抜け毛や白髪予防になるとも言われています。40代には欠かせない一手間ですね。

肌に優しいシャンプーを選びましょう

シャンプーの中でもっとも刺激が少ないのが、アミノ酸シャンプーです。洗浄力が強過ぎず皮脂を適度に落としてくれます。アミノ酸シャンプーの見分け方は、ココイルグルタミン酸、ラウロイル酸などの成分表示があるものです。

逆に刺激が強く洗浄力の高いシャンプーものには「○○硫酸」という成分が配合されていることが多いです。肌が弱い方は必ず確認してくださいね。

シャンプーは香りや容器のデザインで選びがちですが、成分表示をみて、優しい洗浄力のものを選びましょう。

頭皮の洗いすぎに要注意

シャンプーの泡立ちが悪く、たくさんつけすぎてしまったり2回髪を洗う、という方もいらっしゃいますよね。ですが、シャンプーの使い過ぎは地肌の皮脂を奪い過ぎることに繋がります。頭皮もお顔と同じで、洗い過ぎる事で乾燥し、ターンオーバーが乱れ、疲れた頭皮を作ってしますのです。

ワックス、ヘアスプレー、ヘアオイルなど髪の毛は意外と油にまみれているのでシャンプーが泡立たないことが多いのです。ですが、油にまみれているのは髪の毛のほうです。頭皮の汚れはお湯ですすぐだけで7割近く落とせます。

整髪料などをたくさんつけた時は、シャンプーの前に髪の毛にだけトリートメントをつけ、よく馴染ませ洗い流してから髪を洗い始めるのもオススメです。こうすることで油性の汚れをトリートメントの油分が落としてくれるのです。これなら髪の毛にも地肌にも負担をかけず整髪料を落とす事ができます。

顔と頭皮は繋がっています。頭皮が衰えると、顔の筋肉を支えられなくなり、すぐ下のオデコからシワになり、それがだんだんと下にさがってきて 頬の毛穴が目立つようになり、顔全体がたるんでいきます。

40代になると一気に気になるのが「たるみ」ですよね。リフトアップの美容液を使っても効果がイマイチ感じられない…と言う方は頭皮にも原因があるかもしれません。

毎日使うシャンプーの種類や洗い方を見直す事で美髪だけじゃなく、美肌にも近づくことができますよ。

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。


まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期って一体何歳から始まるの? 日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第一回目は“肩こり”です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google