気づけば結婚10年以上!いつまでも夫婦仲良くいるために【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76】

気づけば結婚10年以上!いつまでも夫婦仲良くいるために【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76】

愛する夫との生活も、気がつけば10年以上。慌ただしい毎日だけど、何とかここまでやってこられたなあ。なんて感じているアラフォー女性も多いのではないでしょうか。たまには一息ついて、今までのふたりを振り返ってみましょう。思い出を整理してみると、次の10年も夫婦仲良く幸せに暮らしていくヒントが見つかるはずですよ。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

結婚15周年は「水晶婚」

結婚生活には送ってきた年数に応じて名称があり、節目を迎えたらお祝いをする夫婦も多いでしょう。5周年なら「木婚式」、10周年なら「アルミ婚式」など、年数が増えるにつれて名称も質が上がり、50週年を迎えると「金婚式」という輝かしいネーミングになります。

15周年は「水晶婚式」と呼ばれ、結晶の過程において不純物が混ざらないことで完成する水晶の無色透明にちなんで、「曇りのない信頼関係」をお祝いする年されています。クリアで美しい水晶のように、時間をかけて築いてきたふたりの絆を改めて祝福したいですね。

結婚生活が長くなると、結婚記念日を忘れてしまったり思い出しても特に大きなお祝いはしなかったりと、あえて意識する時間が少なくなっていませんか。そこで15周年の「水晶婚式」は、思い切ってふたりの思い出を整理して、改めてこれからの門出の年にしてみませんか?

【いつまでも夫婦仲良くいるために】水晶のプレゼントを贈り合う

大切な節目を迎えるなら、やはりプレゼントを用意したいですね。「水晶婚」をお祝いするなら、曇りのないクリアな関係を象徴する水晶を使ったものを贈り合いたいものです。

お揃いのアイテムならブレスレットが身につけやすく、クリスタルグラスは家での晩酌を華やかにしてくれます。

また、動物や花など、縁起がよいとされるモチーフを使った置物を部屋に飾るのも良いですね。

選ぶなら、ふたり一緒がおすすめです。サプライズにするより、改めて結婚についてふたりで向き合う気持ちを確認しながら行うことで関係を見直し、さらによい15年を送ることができると思います。

【いつまでも夫婦仲良くいるために】記念写真を撮る

家族の思い出が詰まったアルバムを開いてみると、ふたりきりで写っている写真がない、ということはありませんか?

カメラを手にすることは多くても、ふたりを写してもらう機会は意外と少ないものです。「水晶婚」をお祝いするにあたって、記念写真を撮るのも良い思い出になります。家族にカメラを渡して撮ってもらうのも良いですが、特別な節目なら写真館でプロにお任せするとさらに美しい仕上がりで残せます。

もし15年前に結婚写真を撮ってもらった写真館があるなら、そこにお願いするのも良い方法です。初々しかった新婚当初を思い出しながら、月日を重ねてきた今のふたりをアルバムに加えましょう。

【いつまでも夫婦仲良くいるために】記念旅行に出かける

Getty logo

ふたりきりで旅行なんて、気がつけば新婚旅行以来行っていない、という夫婦も多いかもしれませんね。

家族旅行だって決して不満はないけれど、夫婦の記念日ならあえてふたりで思い出の地へ足を向けてみるのも、慌ただしい日常から離れて夫婦で向き合う良い時間になります。

普段なかなか口にできないことも、家を離れてゆっくり過ごせる場所ならリラックスして話せます。これまでの歩みを振り返って、改めて感謝の気持ちを伝え合う良い機会です。

結婚前によく行った土地、プロポーズを受けた忘れられない場所、ふたりの記憶をなぞりながら、幸せなひとときを持ちたいですね。

【いつまでも夫婦仲良くいるために】「ふたりのアルバム」を作る

家族のアルバムはたくさんあるけど、夫婦ふたりだけのアルバムはなかなか用意することを思いつきません。

まだお付き合いしていた頃の1枚から最近のスナップまで、ふたりのアルバムを作って15年の月日を振り返ってみましょう。

体型の変化や服の好みの変遷など、並べてみると「結構変わったね」「ここはずっと一緒だね」など、楽しい発見があります。「この頃は必死にダイエットしていたっけ」なんて、忘れていた記憶を語り合えるのも貴重な時間です。

ほかの人や家族が一緒に映っている写真でも、当時のことを振り返るきっかけになります。改めて友人や親戚とのつながりを見つめる機会にもなり、今後のお付き合いについてふたりで話し合うのも良いでしょう。

【いつまでも夫婦仲良くいるために】結婚した年のお酒を開ける

お酒が飲めるふたりなら、15年前、結婚した年のワインや日本酒で祝福の乾杯をしませんか?

自分たちの結婚歴と「同い年」になるお酒は、ふたりの絆のようにじっくりと熟成されたものです。より特別な味わいを楽しめるでしょう。

食卓に出して家族でグラスを合わせるのも良いけれど、好きなおつまみと一緒に寝室に持ち込んで、ふたりきりで味わうのも幸せです。ほろ酔いで気持ちよくこれまでの思い出を話したり、まだまだ先の長い人生について希望を言い合ったり、会話も普段より盛り上がります。

どんな夫婦でも、15年は決して短くはありません。ときには喧嘩したり、辛いことがあったり、いろんな時間をふたりで乗り越えてきたからこそ、今を迎えることができています。その喜びを改めて口にすることで、ふたりの絆はさらに強くなり、信頼も深まるのが「水晶婚」です。

「今までありがとう。これからもよろしく」。そんな愛情を込めて、ぜひ夫婦ふたりの幸せな時間を過ごしてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター