反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】 | 大人のワタシを楽しむメディア
反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】反抗期の娘との接し方がよくわかりません・・・

中学生の娘が反抗期です。何を聞いても適当な返事しかしてくれず、行き先も告げずに無断で遊びに行き、夜遅く帰ってきたりします。怒ると余計に心が離れてしまうのではないかと思い、怒るに怒れません…。どう関わればいいでしょうか。(Sさん・42歳)

反抗期になる原因は?

反抗期は成長の過程・・・と言われますが、どう接していいかわからないですよね。

第一次反抗期は幼児期に、そして第二次反抗期は思春期に起こります。自分が心配し過ぎなのか・・・しかし、「もしなにかあってからでは遅い」と悩むのは親として当然です。

まず、反抗的な態度になる原因を知っておきましょう。

この時期の反抗期は、身体の急激な変化や成長に戸惑い、心が追い付かないことで起こります。その上、中学生になると先輩・後輩の上下関係がうまれたり、受験や将来のことを考え始めるなど、今までになかった不安や悩み、ストレス等が一気に増えます。やり場のない感情をどこにぶつけていいかわからず、身近な家族にあたって反抗的な態度をとりがちなのです。

親の何気ない行動や態度が引き金になることもあれば、なにもなくてもあたってしまうこともあるでしょう。まず、“そういう時期”だと受け止めることが大切です。しかし、理解はしていても反抗期の子どもにふりまわされ、お母さんがストレスをためてしまっては今度はお母さんが感情的になってしまい、悪循環に陥ってしまいます。
そこで、反抗期の娘とのコミュニケーションの取り方で注意するポイントをご紹介します。

距離感をモノサシで考える

つい最近まで幼くて、親がいないと何もできなかった娘さん。当然、心配でいろいろと確認をしたり、過保護になってしまった部分もあるでしょう。

しかしそれが原因で、ちょっとした会話でも、トラブルは起きます。たとえば、反抗期の娘さんにテスト前の時期に、

「勉強はすすんでるの?」

「成績はあがりそう?高校受験は大変だからね」

「○○ちゃんは、がんばっているみたいよ」

などと、声をかけたとします。親にとってはコミュニケーションをとるための言動だとしても、関係は悪化します。テスト勉強が大変なことは親に言われなくても自分で認識しているし、人との比較などはもってのほかです。「めんどくさい、ほっといて!」となってしまうのです。必要以上に確認をしたり、声をかけすぎないことです。

適度な距離感で、子どもを見守っていることが伝われば十分です。例えば

・どんなに仕事で忙しくても子供のお弁当は必ず作る
・子供の誕生日には必ずプレゼントをあげる
・家族の誕生日などイベントは必ず早く帰って、おもてなしをする

こういったことをしっかりと行ってみてはいかがでしょうか。関心があることを、言葉だけでアピールするのではなく行動で示すという方法もあります。

また、お母さん自身が、娘との距離感を客観的にモノサシで考えることをおすすめします。自分を「0」と考え、人との距離が近い順で1、2、3・・・とおいてみてください。何でも話す夫婦の距離が一番近い「1」だとしたらどうでしょう?今までは母親にとって娘さんは「0」に近い存在だったかもしれません。自分の考えを真似し、同じように行動するものだと思っていたでしょう。しかし、子供は意思を持って、どんどん自立していきます。

“今”どのくらいの距離をとるとベストなのか考えてみるといいでしょう。ずっと距離が離れているわけではありません。反抗期も一生続くものではないのです。家族だからといって何でも共有したり、近すぎる関係をとるのではなく、適度な距離感を保ちましょう。

「怒る」と「叱る」の違いは感情のコントロール

Getty logo

適度な距離をおいても、Sさんのお悩みのように、子どもが遅く帰ってくるなど、子どもだけの判断ではまだ危ないと思うこともありますよね。そのときはどのように対処すればいいでしょう。

子どもの教育では昔から「怒る」のではなく「叱る」ようにと言われます。

「怒る」とは、自分の感情が高まり、それを相手にぶつけることです。「叱る」とは、自分の感情をださずに、相手のことを思い、指導することです。

最初から怒るのではなく、まず聞いてみましょう。たとえば、娘さんの帰りが夜遅かったとします。心配のあまり、

「今、何時だと思っているの!早く帰ってこないとダメでしょ!」

と怒ってしまう気持ちはわかりますが、それでは逆効果です。

「今日は遅かったね!どこかに寄っていたの?」

と感情的にならず、理由を聞いてみましょう。実際に何か理由があって遅れたということも十分考えられます。頭ごなしに怒ってしまえば、親は面倒くさい存在だと思い余計に嫌悪感を抱きます。

「最近は色々危ないんだから、次からはもうちょっと早く帰ってこれるといいね」

などと、怒りをぶつけずに優しく伝えてみてください。

それでも、何度も続くようであれば、厳しく叱るなど手順を踏みましょう。心配な気持ちが裏目に出てしまい、感情的になりやすく、家族だからこそつい言葉を選ばずにぶつけがちです。

受け取る側の気持ちを考え、発言してみましょう。また、家族内で役割分担するのもおすすめです。誰かが叱れば、別の人が「心配だから言っているのよ」と優しくフォローするなどするとさらにいいかもしれませんね。

反抗期は自分も通った道

思い出してみてください。少なからず反抗期を経て、親になっていませんか?

当時は、親の態度がうっとうしいと感じて冷たい態度をとってしまったという記憶があると思います。ところが、現在では目の前の子育てに必死で、いつのまにか親目線で発言してしまいがちです。

子供が意思をもち、成長し、大人に近づいているからこそ、今までとは違ってくるのです。

自分の想いや気持ちが伝わらず感情的になってしまうのを抑えて、頭ごなしに否定したり、偏った見方や意見にならないように気をつけて接していきましょう。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

父親の自覚がない旦那さんにお困りの方多いですよね。育児もあまり協力的でないし、どうして父親の自覚を持てないの?「親になれない夫」に手を焼く妻は多いですが、そもそも母性本能がない男性は、女性のように妊娠中から「我が子」に対する愛着を持つのは難しいこと。ですが、やり方次第で「良きパパ」に変身する可能性もあるのです!


夫婦喧嘩はしない方がいい? 無言や無視でやり過ごさない方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#16】

夫婦喧嘩はしない方がいい? 無言や無視でやり過ごさない方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#16】

夫と上手く意思の疎通がはかれない。子どもの前で喧嘩する姿は見せたくないし、最後は言い争いになるのが怖くて口をつぐんでしまう…。そんなストレスは、夫との距離が離れていく原因になります。会話は夫婦のコミュニケーションで一番大切なもの。ケンカという結末になることを決めつけず、まずは「問い返す」ことから始めましょう。


怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google