義理の両親の介護問題に頭を悩ませています【夫婦問題お悩み相談室 #18】

義理の両親の介護問題に頭を悩ませています【夫婦問題お悩み相談室 #18】

夫婦だけでなく、家族同士のつながりでもある結婚。配偶者の親族とのお付き合いが始まります。実の親と同じように、義理の両親も歳を重ねると、やはりいろいろと心配ですよね。老後についても考えなくてはなりません。今回は、義理の両親の介護問題についてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】義理の両親の介護問題で悩んでいます。夫に相談しても「なんとかなるさ」と他人事です。夫の長男夫婦も頼りにならないのですが、どうしたらいいでしょうか。

二人暮らしの義理の両親は、2人とも80歳近くになります。去年、義母が足を悪くしてから家事などがままならなくなりました。我が家は、家が近いこともあり、私が折をみて食事や掃除の手伝いをしてきましたが、仕事もあるため、長くは続けられないと思っています。長男夫婦は遠方なので物理的に頼れません。夫に相談しても「何とかなるさ」と言うだけです。どうしたら夫や義理の長男夫婦に義理の両親の老後、介護に向き合ってもらえるでしょうか?(Aさん・44歳)

避けては通れない老後・介護問題

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚すると、義理の両親・兄弟・親戚とのお付き合いが始まります。
面倒なことを避けて、親族と疎遠になったり、縁を切ったりする人もいますが、それは決して幸せなことではありません。自分も年を重ねるわけですから、老後や介護問題は避けては通れないことです。

さて、Aさんは、いま義理のご両親の介護問題に直面しています。
足を悪くして、家事がままならない義母のために、近所に住むAさんが、食事や掃除など家事をサポートしていますが、以下の問題で悩んでいます。

●仕事をしているので、手伝いを長く続けられない。
●義理の長男夫婦は、遠方に住んでいるため、物理的に頼れない。
●夫に相談しても相手にしてくれない。
●夫や義理の兄夫婦にも、介護や老後について向きあってもらいたい。
●将来が不安だと感じている。

頼りたいと思っているご主人が関心を寄せてくれず、Aさんひとりでいろいろと考えています。

一人で背負い込むのはやめる

まず、Aさんが何もかも一人で背負い込むのはやめましょう。
介護や老後に関しては、ひとりきりで背負うには負担が大きく、疲弊してしまうからです。

不安になって、あれこれ考えてしまうのかもしれませんが、必要以上に心配して気をもむのはやめてくださいね。

ご主人にとっては、実の両親のことなので、気にはかけているはずです。
「なんとかなるさ」という返事が返ってくるのは、本当に、現状について大したことはないと感じているか、Aさんの思いがきちんと伝わっていないのかもしれません。現場を知らない人は、想像力も働きません。
伝えているつもりでも、単なる愚痴としか受け取っていないのかもしれません。

何をどう困っているのか。Aさんが感じていること、不安に思っていることを共有しましょう。
ご主人や義理のお兄さん夫婦にはAさんの思いは伝わっていますか。義理の両親のことが心配で手助けしたい、というAさんの気持ちを、ストレートに具体的に伝えてくださいね。

人生でいちばん大切なことは?

私の知り合いで、相続問題で話し合ったときに兄弟喧嘩となり、弟と絶縁してしまった人がいます。ずっと仲良く過ごしてきた2人きりの兄弟の縁が切れてしまったのです。
親にとって、兄弟仲の悪さや家族同士のいがみ合いほど悲しいことはありません。身内との関係をこじらせることだけは避けたいですよね。

身体が不自由になったとき、死の直前に考えることは、仕事のことより家族のこと・友人のことだそうです。家族との関係が良好であることは、すべての基本です。
家族や友人との関係が穏やかなのが、人生にとって一番の幸せなのだと思います。

家族が後悔のない人生を送るためにも、家族間で情報を共有することは大切です。些細なことも言葉にして伝え、理解してもらいましょう。

情報収集をして、できることをやる

そのためには、柔軟な発想と情報収集が大切です。
仕事や体力に支障のない範囲でサポートすればいいですが、Gさん自身が、難しいと感じたら、遠慮なく「一人ではできない」と助けを求めてください。ご主人もきっと動いてくれると思います。

市町村など各自治体の「地域包括支援センター」に相談すると、役立つ情報が得られるかもしれません。日本も超高齢社会に突入し、行政も高齢者対策としてさまざまなサービスを提供しています。
買い物や掃除などが不便に感じたり、介護が困難になったときは、相談してみてください。受け身ではなく、こちらから問い合わせることで、いろいろな情報が得られるので、積極的に利用してほしいと思います。

現在は、誰もが多忙な世の中です。行政だけでなく民間にも、料理や掃除など家事専門のサポート会社があり、プロの力を借りることもできます。
義理のお兄さんにとっては、実家の問題です。物理的に協力が難しいのであれば、よほどの事情がない限り、金銭的な援助を求めるなど、何らかのサポートをしてもらってもいいのではないでしょうか。

将来のことを今から心配しすぎることはありません。
無理せず諦めず。思いを共有し、情報収集することで解決します。
「いまできることを、できる範囲でやる」。そんな気持ちで対応してほしいと思います。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

結婚を決めたときは、「一生この人を支えよう」と思っていた。でも長い年月が過ぎて周りを見ると、いろいろな女性が人生を楽しんでいる。「もしかして、私もああなれたかも……」なんて思い始めると、今の結婚に「これで良かったの?」と思う瞬間があるかもしれませんね。結婚生活に疑問を持ったときはどう向き合えば良いか、お話します。


実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

そんなつもりはなかったのに、ふいに訪れた出会いに心が揺れてしまう。夫以外の男性に関心を向ける瞬間も、長い結婚生活ではあるかもしれません。でも、本当に不倫に走ってしまうのはまた別の話。多くの妻が安易に流されずに踏みとどまっています。実際に不倫に走りそうになった瞬間にはどんなものがあるか、エピソードをご紹介します。


セックスレス つらい… 夫を誘ったら「女として見られない」と言われた【夫婦問題お悩み相談室 #26】

セックスレス つらい… 夫を誘ったら「女として見られない」と言われた【夫婦問題お悩み相談室 #26】

セックスレス問題に悩む妻は少なくありません。出産をきっかけにして、住まい環境や寝室事情など、セックスレスとなる原因はそれぞれですが、「女として認められないようで寂しい」という本音も見え隠れしています。今回は、夫婦カウンセラーの観点から、おもに心構えやメンタル面についてお話したいと思います。


浮気予備軍になっている夫の特徴【幸せ夫婦コミュニケーション術 #85】

浮気予備軍になっている夫の特徴【幸せ夫婦コミュニケーション術 #85】

「うちの夫なんて、イケメンでもないしお金もないし、浮気なんて無理!」と決めつけていませんか? イケメンじゃなくてもお小遣いが少なくても、好かれる可能性がないなんて誰にもわかりません。油断していれば、夫の心は別の女性になびいてしまうこともあります。さて、“浮気予備軍”になっている夫にはどんな特徴があるのでしょうか?ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

アラフォーの婚活は長引きがち。そして、ダラダラやってしまう方が多いのです。ちょっと婚活サービスを使ってみたけれど、どの人もピンと来なくて出会ってみようという気持ちになれないとか。こんな状態ではいつまでも結婚できないと頭では分かっているけれど、気持ちがついていかない方へ、大切なコトをお伝えします。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(12)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(12)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。助けた妊婦は無事に出産できたが、身元不明だという。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター