ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーを発症すると当然のことながら、コンドームは使えませんよね。他に避妊の方法はいったいどんなものがあるのか?助産師でバースセラピストのやまがたさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

Q.ゴムアレルギーでコンドームが使えません!他にどのような避妊法があるでしょうか?

最近になってゴムアレルギーを発症し、コンドームが使えなくなってしまいました。ですが、避妊はきちんとしたいと思っています。ピルをのむのはあまり気が進みません。他にどんな避妊方法があるのか知りたいです。

バースコントロールを主体的に考える

今回のお悩みはあまり聞いたことがない人も多いと思います。最近はアレルギー体質の方が増えていますよね。りんごを食べたら今までは平気だったのに喉がかゆい…、なんていうのも、もしかするとアレルギーのせいかもしれません。今回のご相談の方はラテックスゴムアレルギーがあると診断されているという前提でお話しを進めますが、コンドームで避妊をしていると腟がかゆかったり、痛みを毎回感じているようでしたら一度検査をすることをお勧めします。

とくにお仕事でもゴムに触れることが多い(たとえば看護師さんでゴム手袋をしてその時もかゆみを感じるなど)あるようでしたら、なおさらです。そしてコンドームについて考える必要はあるのですが、それ以上にバースコントロールについて考えるためには低用量ピルを正しく内服することがもっとも有効な避妊法になります。

ただ、コンドームが役割とする「性感染症の予防」に関しては低用量ピルだけではカバーしきれません。なので、本来の「セーファーセックス」と言われるバースコントロールは「コンドーム」と「ピル」を二つ使ったものになります。

予期せぬ妊娠をした人のなかにも「コンドームを使って避妊をしていたのに!」という方が実は多くいるんです。コンドームとピルを併用している場合だと予期せぬ妊娠をする可能性はかなり低くなります。

危険日や失敗率という言葉はどうかと思いますが…リプロダクティブヘルスのために

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

避妊法の一年間の失敗率(100人の女性が1年間に妊娠する率)というものがあります。コンドームは理想的な使い方で2%一般的な使い方で15%とあり、数値的に低くみえますが、低用量ピルは理想的な使い方で0.3一般的な使い方で8%(8%は飲み忘れなどあり)となっています。

数字的に小さくみえますが、1000人の女性がコンドームだけで避妊をしたら、150名妊娠するかもしれない。としたら、どうでしょうか?その点でいうと低用量ピルは0.3%です。両方併用すれば感染症の予防と、バースコントロールができるのです。

ただ、コンドームの感染症予防でも完全に予防できない性感染症も存在します。また、避妊について「危険日」や「失敗」という言葉はどうも私は苦手です。もっと自分自身の体に主体的に向き合うために、ぜひバースコントールという言葉を使ってみて下さい。産む、産まない。産むなら何歳頃で何人産むのか?そういうことを選択できること、リプロダクティブヘルスのためにこの知識をぜひ知っていてくださいね。

シリコン製のコンドームの活用も出来ますが、それ以上にパートナーとの関係性が重要

ピル以外の選択肢としてゴム以外の素材でできたコンドームも一般的に販売されているので、そういったものを活用することも出来ます。

しかし、それ以上に大切なのが、パートナーとコンドームを使うことを話し合える関係性であることや、主体的に共に考えられるパートナーシップです。たとえば絶対に妊娠は避けたい、ということでしたら、ぜひ一緒に低用量ピルについて学んでみてほしいですし、婦人科に相談にいくこもと大切です。

また、もう結婚がきまっているなど、パートナーが特定の方でしたら、お互い感染症の有無をチェックしておけば感染の心配もなくコンドームは使用せず、低用量ピルだけでのバースコントロールの方がいいかもしれません。もし出産を経験した方でしたらIUS(Intrauterine Systemの略。黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです)を挿入しておくだけでバースコントロールができます。

主体的に話し合いをすることで、さらによいパートナーシップが結べるようになると思います。今回のことを参考にしながらぜひ話し合ってくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

自分たちが妊活をしているという事実をどこまで誰に話すべきか。親や兄弟との関係性においても様々なはずですよね。また、友人にはどの範囲まで伝えるべきか、など、色々悩むと思います。今回はそんな妊活にまつわる人間関係について、助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきました。


妊活中の病院との付き合い方【幸せな妊活のススメ#4】

妊活中の病院との付き合い方【幸せな妊活のススメ#4】

どうやって病院を選ぶべきか。選んだあと、先生や看護婦さんたちとどのように付き合っていけばいいか、分かりませんよね。そこで、助産師の立場から、遠慮せずに言うべきこと、言わないほうがいいこと、悩んだら他の病院に変えるのもありなのか? など、病院との付き合い方について教えていただきます。


本当に子どもが欲しいのかわからない… その答えは“自分の中”に【幸せな妊活のススメ#3】

本当に子どもが欲しいのかわからない… その答えは“自分の中”に【幸せな妊活のススメ#3】

幸せな家族のステレオタイプの像に惑わされていませんか? 子どもがいた方が豊かな人生が送れると盲目的に信じてはいませんか? 周りなんて関係ない。自分の本当に幸せを自問自答してみてください。苦しい妊活に耐える必要はあるのでしょうか? 今一度立ち止まって、本当に子どもが欲しいのか? 考えてみてはどうでしょうか。


アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

妊活にはパートナーの存在が欠かせません。しかし、現実問題、ツライ妊活生活の中で、パートナーと険悪な状態になってしまう夫婦もたくさんいます。そもそもパートナーがいるから子どもが欲しいと思っているはずなのに、パートナーと険悪になってしまっては元も子もありませんよね。そこで、パートナーとの関係について、相手を傷つけるようなことを言ってしまわないようにするにはどうしたらいいか、そして言ってしまった時の対処法についてお伝えします。


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

GUのスウェットプルオーバーはもうチェックしましたか? 990円なのに生地もしっかりしていて、裏起毛♪ これからの寒い冬に欠かせない一枚になりそうな予感ですよ! プチプラなので、一度試してみる価値ありそうです。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

アラフォーの婚活は長引きがち。そして、ダラダラやってしまう方が多いのです。ちょっと婚活サービスを使ってみたけれど、どの人もピンと来なくて出会ってみようという気持ちになれないとか。こんな状態ではいつまでも結婚できないと頭では分かっているけれど、気持ちがついていかない方へ、大切なコトをお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター