ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】 | 大人のワタシを楽しむメディア
ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーを発症すると当然のことながら、コンドームは使えませんよね。他に避妊の方法はいったいどんなものがあるのか?助産師でバースセラピストのやまがたさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

Q.ゴムアレルギーでコンドームが使えません!他にどのような避妊法があるでしょうか?

最近になってゴムアレルギーを発症し、コンドームが使えなくなってしまいました。ですが、避妊はきちんとしたいと思っています。ピルをのむのはあまり気が進みません。他にどんな避妊方法があるのか知りたいです。

バースコントロールを主体的に考える

今回のお悩みはあまり聞いたことがない人も多いと思います。最近はアレルギー体質の方が増えていますよね。りんごを食べたら今までは平気だったのに喉がかゆい…、なんていうのも、もしかするとアレルギーのせいかもしれません。今回のご相談の方はラテックスゴムアレルギーがあると診断されているという前提でお話しを進めますが、コンドームで避妊をしていると腟がかゆかったり、痛みを毎回感じているようでしたら一度検査をすることをお勧めします。

とくにお仕事でもゴムに触れることが多い(たとえば看護師さんでゴム手袋をしてその時もかゆみを感じるなど)あるようでしたら、なおさらです。そしてコンドームについて考える必要はあるのですが、それ以上にバースコントロールについて考えるためには低用量ピルを正しく内服することがもっとも有効な避妊法になります。

ただ、コンドームが役割とする「性感染症の予防」に関しては低用量ピルだけではカバーしきれません。なので、本来の「セーファーセックス」と言われるバースコントロールは「コンドーム」と「ピル」を二つ使ったものになります。

予期せぬ妊娠をした人のなかにも「コンドームを使って避妊をしていたのに!」という方が実は多くいるんです。コンドームとピルを併用している場合だと予期せぬ妊娠をする可能性はかなり低くなります。

危険日や失敗率という言葉はどうかと思いますが…リプロダクティブヘルスのために

Getty logo

避妊法の一年間の失敗率(100人の女性が1年間に妊娠する率)というものがあります。コンドームは理想的な使い方で2%一般的な使い方で15%とあり、数値的に低くみえますが、低用量ピルは理想的な使い方で0.3一般的な使い方で8%(8%は飲み忘れなどあり)となっています。

数字的に小さくみえますが、1000人の女性がコンドームだけで避妊をしたら、150名妊娠するかもしれない。としたら、どうでしょうか?その点でいうと低用量ピルは0.3%です。両方併用すれば感染症の予防と、バースコントロールができるのです。

ただ、コンドームの感染症予防でも完全に予防できない性感染症も存在します。また、避妊について「危険日」や「失敗」という言葉はどうも私は苦手です。もっと自分自身の体に主体的に向き合うために、ぜひバースコントールという言葉を使ってみて下さい。産む、産まない。産むなら何歳頃で何人産むのか?そういうことを選択できること、リプロダクティブヘルスのためにこの知識をぜひ知っていてくださいね。

シリコン製のコンドームの活用も出来ますが、それ以上にパートナーとの関係性が重要

ピル以外の選択肢としてゴム以外の素材でできたコンドームも一般的に販売されているので、そういったものを活用することも出来ます。

しかし、それ以上に大切なのが、パートナーとコンドームを使うことを話し合える関係性であることや、主体的に共に考えられるパートナーシップです。たとえば絶対に妊娠は避けたい、ということでしたら、ぜひ一緒に低用量ピルについて学んでみてほしいですし、婦人科に相談にいくこもと大切です。

また、もう結婚がきまっているなど、パートナーが特定の方でしたら、お互い感染症の有無をチェックしておけば感染の心配もなくコンドームは使用せず、低用量ピルだけでのバースコントロールの方がいいかもしれません。もし出産を経験した方でしたらIUS(Intrauterine Systemの略。黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです)を挿入しておくだけでバースコントロールができます。

主体的に話し合いをすることで、さらによいパートナーシップが結べるようになると思います。今回のことを参考にしながらぜひ話し合ってくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

毎月の生理周期で気分にムラがある、体調が悪くなる。女性なら一度はこうした症状を感じたことがあるのではないでしょうか。アラフォーになるとホルモンバランスの変化から、急にPMS(月経前症候群)の症状が出る場合があります。今回は「吐き気」に悩まされる女性のお悩み相談です。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google