女性ホルモンが気になったら!話題の成分エクオールとは | 大人のワタシを楽しむメディア
女性ホルモンが気になったら!話題の成分エクオールとは

女性ホルモンが気になったら!話題の成分エクオールとは

多くの人がサプリメントを使うようになった今、「効果的なサプリメント」「注目のサプリメント」がよくインターネットのホームページや雑誌などで取り上げられています。今回はそのなかから、「エクオール」という成分を含むサプリメントを取り上げましょう。これはどんなものか、どんな効果があるのかを見ていきます。


エクオールとはそもそも何か

まず最初に、「エクオールとはそもそもどんなものか」ということから考えていきましょう。

「エクオール」という言葉自体は聞き覚えがない、という人であっても、「大豆イソフラボン」という言葉は聞き覚えがある、という人が多いのではないでしょうか。エクオールはこの「大豆イソフラボン」と深く関わっています。

大豆イソフラボンは、3つの種類があります。そのなかの一つが、エクオールの源です。その大豆イソフラボンの名前は「ダイゼイン」というものなのですが、これが人間の持つ代謝機能によって、「エクオール」になるのです。

エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをしてくれます。もう少し正確にいうと、エクオールは、エストロゲンのサポート役だと言えます。エストロゲンが体に足りなくなったときに、エクオールが「代役」として働いてくれるのです。

エクオールの効果について

上でも述べたように、エクオールはエストロゲンの代役ともなりうるものです。そのため、肌をつややかに保ち、心を安定させ、更年期症状を軽くさせることができると考えられています。また、美白効果を持ち、骨粗しょう症などの対策としても有用に働きます。

ただし、その効果は、エストロゲン本来の力には及びません。その効力は100分の1~1000分の1程度と考えられているので、「エクオールさえとっていれば、エストロゲンがなくても平気なのだ」というわけにはいきません。

もっとも、エクオールがエストロゲンの「完全な代用品」にならないでいることにはメリットもあります。上では「エストロゲンが足りないときのエクオールの働き」について見てきましたあが、逆にエストロゲンが大量にありすぎるときには、エクオールはそのエストロゲンの働きを抑制する効果があるからです。

エクオールの摂取方法

エクオールの摂取方法は、意外と簡単です。まずは、エクオールを含む食べ物をとること。上でも述べたような、大豆製品などがその基本となるでしょう。また、現在ではエクオールを含んだサプリメントなども販売されているので、これを利用するのもよいでしょう。

エクオールは食品に含まれている成分であるため、基本的には副作用などは気にしなくてよいと考えられています。ただ、あまりにも大量の接種をしてしまうと、まれに「胃の膨れ」などの副作用が起きることもあります。また、現在妊娠中の人や、すでにホルモン系の薬を服用している人の場合は、一度医師に相談した方がよいと考えられています。

エクオールのまとめ

エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする成分です。大豆イソフラボンの一種が変化することによってつくられるもので、その効果は、エストロゲンに比べてはずっと低いと言われています。

ただし、「エストロゲンが多すぎるときは、それによって起きる症状を抑える」「エストロゲンが足りないときは、エストロゲンの代わりとなって働ける」という2つの特徴を持っているため、積極的に摂取したい成分であることは間違いありません。更年期障害や肌トラブルに対する有効な対策成分と言えます。

ちなみに、エクオールには副作用はほとんどありません。食べ物やサプリメントから簡単にとることができます。ただし、現在病院にかかっている人は、一度医師の診断を受けてくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期は髪の毛にも大きな影響を与えます。女性ホルモンが減少することによって起こる更年期症状のひとつに薄毛などの悩みも含まれるのです。そこで、更年期による髪の毛の悩みを解消する対策法について、更年期の専門家であり毛髪診断士でもあるメノポーズカウンセラーの元井里奈さんに教えていただきました。


自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

あなたは“いきがい”をもっていますか?“いきがい”を持っている人は、更年期症状が軽く、健康寿命が長いということがわかっています。今回は、更年期に自分と向き合い“いきがい”を見つける方法について、アラフォー世代向けにオリジナル方法をご紹介します。さて、あなたの“いきがい”はなんですか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

仕事のこと、将来のこと、人間関係など、常に考え事に支配されている私たちの毎日。本当の意味で自分のためだけに時間を使えるよう、日常から切り離されたホテルで週末を過ごす女性が増えています。特別なことは何もせずに、ホテルの部屋で過ごす時間は最高の自分へのごほうび。一度体験すれば、きっとリピーターになってしまうはずですよ。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google