「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

都合のいい女たちは「相手になりそうなマトモな男がいない」ことで悩んできたのだ

「40も過ぎてなに男に振り回されてんの?」
「いい年して恥ずかしくないの?」

結婚して子供を産み、女の幸せを勝ち取った女性からしたら、そんな“都合のいい女”を鼻で笑うかもしれない。

しかし、順風満帆な人生を歩んできた人間には、女にはもうこの歳になると“相手になるマトモな男があまりに少ない”という男不足な現実を知らない。

「そんなダメな男と付き合うなんて、女の価値をさげてる」
「あなたにはプライドってもんがないの?」

イヤイヤ、都合のいい女をやっていることこそ、女であることの証、女のプライドなのである。

今日はアラフォー女が「都合のいい女をやっている理由」を深掘りしたのでどうか読み進めてほしい。

彼はアラフォー女の私に優しくしてくれるから……出会いもないし、結婚は諦めてるから……。

・「SNSで知り合った男性と関係を持ってから約二年……。自分が都合よく使われてるのはわかってるけど、彼と別れてしまったらもう男性とお付き合いすることなんてないと思う。若い頃からモテる方でもなかったし、四捨五入したら50のこんな私に優しい言葉を掛けて抱いてくれるような男なんてそうそういないと思う。ドラマの世界ではアラフォーが年下男子との恋を楽しんでるけど、現実の世界に“とうがたった女に本気で惚れてくれる男”なんてほぼ皆無でしょう」(45歳女性/教育関係)

……若いときにある程度恋愛経験を積んでこなかったアラフォー女性が、出会い系で知り合った男性に騙されたり、年下男性に夢中になって振り回されるケースは多いもの。

世間からしたら「どうしてその年で男にうつつを抜かす?」となるかもしれないが、当人からしてみれば「この年だからこそ、うつつを抜かす」のだ。

男にチヤホヤされてこなかった、女子力の低い女子というのは自分に自信がない。

男は若い女のほうが好きだということを自覚し、年齢的に恋が難しいと諦めかける40オーバーの女の前に“手を差し伸べてくれる男”がいたとしたら、それは白馬に乗った王子様同然!!

女性ホルモン大放出なのである。

枯れた女に潤いを与えてくれる男はまさに“救世主”といえよう。

困っている彼を助けてあげたいから……情にもろいから……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「部下の男性社員はなにかと私を頼ってきた。はじめは仕事の相談事だったのが次第にプライベートの話もするようになり、しまいには彼女のことを愚痴ってくるように……。私といるときの方が“彼女といるより自分をさらけ出せる”なんて言ってきたりして。それまで彼を男としてなんて全く見てなかったし、部下だし、決してあり得ないと思ってたのに……。なにかと面倒とみているうちに彼のことが愛しく思えてきて、飲みにいった帰りにそういう関係に……。でも彼女持ちだと知っててそうなったんだから、彼には何も望めない。彼女と別れてくれとか、年上女の私と結婚してくれなんて調子いいことは考えない。彼は結婚する相手として私をみちゃいないということもよ~く分かってるしね。ただただ私と会ってるときだけ私を女扱いしてくれるだけで構わない」(43歳女性/マーケティング)

――「彼のことなんて男として見てなかった」「彼のことなんて最初は好みじゃなかった」
そんな相手だと逆に意識しないでフランクに接することができるもの。

警戒心などこれっぽっちも持ってないからこそ、逆に距離が縮みやすいともえる。

“話しやすい相手”または“声をかけやすい相手”というのは互いが「男として」とか「女として」とか最初は意識してなくとも“きっかけ”さえあればいつだって寝ることができる。

なぜなら、生理的にイヤな人間とはセックス以前の時点で2人きりになることはないからだ。

誰でも自分の話に真剣に耳を傾け、自分を理解しようとしてくれる人間に心開いてしまうのは当然のこと。別に彼女やパートナーがいたとしても、“彼女よりも自分を分かってくれる存在”だと知ってしまえば男はそこに甘えたくなるものだ。

一方、女の方も相談されたり頼られたりすることから相手を好意的な目でみるようになる。
困っている人になにかしてあげることで相手が気になりだすのである。

人は“援助した相手を好きになってしまう”恋の法則だ。

また“同じ職場だからこそわかりあえる”ことは多い。
はじめはただの上司と部下、恋愛対象などとこれっぽっちも思っていなくとも共通の話題はつきない。仕事の話というのは同じ目的や目標を持った人間以外には話にくいもの。たとえ恋人だろうが妻だろうが、畑の違う人間に仕事のことを説明するのは面倒なのである。

このように、同じ時間を共有しながら、時間を掛けてジワジワと盛り上がった思いは、エッチをした暁にはさらに盛り上がってしまうのだ。

「気がつけばもう後戻りは出来ない都合のいい女」のできあがりである。

都合のいい女というのは男のズルさを容認できる懐の深い女。そのズルささえも愛せるのだ。

都合のいい女というのは、情にもろいとも言えよう。

私は仕事もお金も持ってるから、男がそれを持ってなくても平気だから……

・「彼にお金がなくても構わない。だって私が持ってるから……。都合のいい女だろうがなんだろうが、男に相手にされるのはそれなりの価値があるから。だって相手に与えるものがなければそもそも恋愛関係にはならない。双方になんらかのメリットがあるからそれが成立する。アラフォーだろうがアラフィフだろうが、男が近寄づく女性は何らかの魅力があるからでしょ」(44歳女性/コンサル)

……男からしたら「都合のいい女」の魅力のひとつは“金がかからない”ことである。

自分がしたいときに呼び出せば応じてくれる。LINE一本でデリバリーが可能。

しかもそれだけでない。

過去に何人か彼氏はいたとても、ここまで女一人で生きてきたアラフォー女性というのは
仕事には真摯に向き合ってきたはず……。

仕事にプライドを持ち、ステイタスのある女性はそれなりの収入や資産があるだろう。

身につけた知識、能力、勤勉さ、責任感……それらはすべてが資産といえる。

本気で仕事をしてきた女性はそれなりのものを持ち合わせているのだ。
つまり、都合のいい女は男に提供できるなんらかのものを持っていると言えよう。

逆に「何も持っていない」アラフォー女は相手にされないともいえる。
無いものを補充しあえる男と女だからこそ、関係が続くのだ。

言い方を変えればキャリアも能力も金も持っていなければ“都合のいい女”にはなれないのである。

男のいない人生を選ぶか、都合のいい女でいるか、どちらが幸せかは愚問!!

「都合のいい女」というと、どうも不幸な女、惨めな女というカテゴリと一緒にされてしまう。

しかし、相手に何かを与え、相手から何かを与えられた仲なら一概に「都合のいい女である女性」を批難できるだろうか?

生きていく中で少しでも幸せを感じることこそ人生のご褒美であるなら、都合のいい女を止めることはできないのだ。

適齢期を逃した40も過ぎた女性が「都合のいい女をやっている」のは相手に強いられたのではなく自らがそれを許しているから……。

いや、許しているというより「都合のいい女でいること」を望んだのだ。

だから、ずっと男日照りでいることと都合のいい女でいることと、どちらが幸せかは愚問である。

妄想でなく、リアルで相手のぬくもりを感じることができるなら「それだけで幸せ」と思えるとしたらその恋が偽物だといえるだろうか?

“幸せ”とは本人が噛み締めてないとわからないのである。

「恋は奪い、奪われるもの」……。
都合のいい女は、実のところ自分にとって“都合のいい男”と付き合っているのである。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

長く付き合っているのに結婚の“け”の字もでない…。そんな方はもしかして、自分にも責任があるかもしれません。ではどんな責任があるのか?恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきました。現実をしっかり受け止めて、今後どうしていくか考えるきっかけになるかもしれません。


「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

一度寝たらその後連絡がとれなくなった…。20代ならともかく、アラフォーでそんな事態は避けたいですよね。そうならないためにも、そしてそんな覚えがもしあるとしたら、その原因をしっかり知っておきましょう。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきます。


「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

若くないからこそ許せない…なんとも耳の痛い話です。しかし、実際、声を聞いてみるとまったくその通り…。アラフォー女性だからこその知性と常識を持って対応することの大切さを恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えていただきます。


40歳すぎが分かれ道? アラフォー女が“非モテ”になる理由【神崎桃子の恋愛指南 #35】

40歳すぎが分かれ道? アラフォー女が“非モテ”になる理由【神崎桃子の恋愛指南 #35】

「アラフォーだって恋したい!」そう思っている女性は多いでしょう。ですが現実はなかなか厳しいものです。しかしそれは単純に年齢の問題ではなく、私たち自身にもあるようです。今回も恋愛コラムニスト・神崎桃子さんの筆が走ります!


「あ~ヤルんじゃなかった」寝たら絶対後悔する!女が避けるべき男とは?【神崎桃子の恋愛指南 #34】

「あ~ヤルんじゃなかった」寝たら絶対後悔する!女が避けるべき男とは?【神崎桃子の恋愛指南 #34】

多くの女性が一度は思ったことがあるであろう「ヤルんじゃなかった」。「この人は大丈夫だと思ったのに最悪」そんな思いを女性に抱かせてしまう“ザ・ダメ男”。そんなダメ男たちを恋愛コラムニスト 神崎桃子さんがズバッと切り捨ててくれます。さあ!ダメ男の生態を今一度おさらいして、二度と後悔の朝を迎えないようにしましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

「幸せになりたい!」そう思うのはみんな同じ。そして某映画ではありませんが、誰にでも幸せになる権利があります。幸せになりたいと願っているのになぜか思い通りにならない…そんな人は自分に理由があるのかもしれません。コミュニケーション講師の吉井奈々さんに解説していただきましょう。


39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

せっかく好きな仕事につけたのに、人間関係でストレスを感じる。転職理由の多くは、「人間関係の悩み」というデータがあります。上手に気持ちを切り替えるにはどうしたらいいか。転職する前にできることはなにか?ロジかわ思考でお悩みを解決します!


食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

前回、オッサン化予防は、まず筋力をつけるところから始まるとお伝えしましたが、同時に妻が気をつけなければならぬことは「食事」です。今回はその「食事」についてお話します。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれるまではラブラブだったのに、出産後、何だか旦那さんの態度が冷たい。育児にも参加してくれない。子どもが産まれてから、旦那さんの態度が変わったと悩む女性は多いですが、原因は環境の変化かもしれません。まず生活を見直してみることが大切です。改めて旦那さんへ愛情を向ける時間を持ちましょう。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター