「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

更年期と冷えについて

冬だけではなく、気をつけたいのは「夏の冷え」です。

とくに更年期世代の女性は、「夏の冷え」に悩む方が多いのです。男性と比べると、熱を生み出す筋肉の量が少ないということもありますが、もう一つの要因は、女性ホルモンのダイナミックな変化によって、体温の調節をおこなう自律神経のバランスが乱れてしまうことが大きく関係しています。

更年期に良くある症状で、カーッと顔がほてったり急に汗が出る「ほてり」や「ホットフラッシュ」があります。ほてりやホットフラッシュをできるだけなくしたい。それなら、ほてったり汗をかくカラダを冷やせばいいのでは?そう考えて、冷たい飲み物を飲んだり、カラダを冷やすことは、かえって逆効果です。「冷え」予防にも「ほてり」予防にも、まずはカラダを冷えから守ることが必要なのです。

「のぼせ」は「冷え」を知らせるアラーム

夏の冷え症に、気がついていない「隠れ冷え性」の場合もあります。
隠れ冷え性のチェック方法は、おなかに手を当ててみましょう。もし、ほかのカラダの部分より冷たいと感じたら内臓が冷えているかもしれません。おなかが冷えていると、内臓機能の低下や免疫力の低下、自律神経の乱れや婦人科系のトラブルなどを招くおそれがあります。

また、年代にかかわらず、手足の先が冷えているのに頭が熱い「冷えのぼせ」も、名前のとおり「冷え」の症状です。冷えた足先やカラダの芯まで、がんばって血液をめぐらせようと、カラダががんばってのぼせたような状態になっているのです。カラダを冷えから守るには、血流を良くすること。血流を良くするには、筋肉を動かすことが大切です。

足の指体操

ここでは「冷え」の中でもつらい、足の末端の冷えを解消するための体操をご紹介します。

STEP1:イスに座り、片足を浮かせます。足首を上下に動かします。10回。

STEP2:その足首を、右回しに10回、左回しに10回まわします。反対側の足も同様に行います。

STEP3:足の指でジャンケンをするように、グーの形にします。

STEP4:足の指を開き、ジャンケンのパーの形を作ります。
STEP5:STEP3とSTEP4のグー、パーの動きを交互に行います。10セット。

足の指がうまく動かない方は、最初は手を使って動かしてみてください。

なぜ、冷え性に効果があるの?

冷え症を根本的に改善するポイントは、「筋肉」です。足首を動かすことで、ふくらはぎの筋肉をしっかり使ったのが感じられたかと思います。

筋肉は、血液の循環をよくし、カラダの隅々まで血液を運ぶポンプの役目をしてくれます。また、普段は靴の中に閉じ込められていて、あまり動かすことのない足の指先を動かすことで、血流が滞りがちな指先の末端まで血行をよくしてくれるのです。

血液の循環がいいと、むくみの予防・解消効果も期待できます。

冷えから守りカラダを芯から温めるには

冷えにくいカラダを作るためには、筋肉を増やし代謝を上げることが一番です。

それにはまずは運動!特に、ふくらはぎや太ももの筋肉は他の部位と比べると大きく、トレーニングをすると効果が出やすい部分です。
太ももの筋肉を鍛えるには、スクワットもいいですし、運動を取り入れるのが苦手な場合は、日常生活でにエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うだけでも鍛えられます。

足の指体操と合わせて、ぜひ日常生活の中に取り入れてみてください。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連するキーワード


永田京子 ちぇぶら 更年期

関連する投稿


「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

ホットフラッシュとは? 夏でもないのに滝のような汗をかく、突然体がカーッと熱くなるというホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)の症状は、更年期中の女性の6割が経験すると言われています。今日は、そんな更年期の代表的な症状ホットフラッシュの予防法、対策とケア方法をお伝えします。


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

「手に力が入らない」「肌がピリピリする」「最近手や足がしびれるようになった」思う通りに動かないカラダにショックを受ける方も少なくない更年期。一体、わたしのカラダはどうなっちゃているの?!今回は、更年期症状の1つ「知覚の異常」についてです。かんたんな対策ケア方法もあるので、ぜひ実践してみてください。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター