ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

くすみがあるとないでは見た目年齢が大違い!

若い頃はもっと肌が明るかったはずなのに・・・。
最近ファンデーションの色が合わなくなってきた・・・・。

そんなふうに感じるのは肌の“くすみ”が原因かもしれません。40代になると肌くすみが気になる方が増えてきます。肌がくすんでいると、不健康に見えたり、疲れたようにも見えてしまって、実年齢より老けて感じられてしまいます。

上の写真は2枚とも同じものですが、肌にほんのり赤みがあり透明感がある左側は、くすみがある右側に比べると見た目年齢-5歳だと思いませんか?

肌には3つのカラーバランスがあります。それは、


・角層の「半透明なグレー 」
・メラニン色素の「薄茶色 」
・血液の「朱赤」


以上の3つです。

透明感のある肌を作る為には、余分な角質とメラニンを取り除き、血液が巡るお手入れが必要になります。

透明感のある肌をつくる3つのステップ

ステップ1:余分な角質“グレー”を取り除く

古い角質を取り除き、肌に透明感を取り戻す為には、ピーリングがおすすめです。
本来なら剥がれ落ちる角質が溜まってしまうと、お肌はゴワゴワと固くなります。その状態では化粧水や美容液をつけても、しっかり肌の中まで浸透しません。
カピカピに乾燥した植木鉢に水をあげても、なかなか土の中に水が浸透していかないのと同じですね。

まずはホットタオルやラップを使って角質をふやかし、肌を柔らかくします。その後、コットンに乳液をたっぷり浸し、古い角質を優しく拭き取ります。

コットンでの拭き取りは、毎日行うと逆にお肌の負担になりますので、ステップ1はお肌のゴワゴワを感じたときだけのケアにしましょう。

ステップ2:メラニンの“薄茶色”を取り除く

年齢を重ねるとメラニンの排出が遅くなり、肌がワントーン暗くなります。美白化粧品も有効ですが、40代はそれだけでは足りません。これまで以上に保湿ケアが重要になってきます。

なぜなら、40代のくすみが目立つのは、メラニンがうまく排出されていないことの他に、女性ホルモンの低下も原因の一つだからです。

女性ホルモンは肌の保湿力を高めてくれるので、分泌が低下してくる40代以降はこれまで以上に保湿ケアが重要なのです。
保湿力が弱まり肌が乾燥すると、紫外線はより肌に入りやすくなり、メラニンが過剰に生成されてしまいす。メラニンの生成を抑える美白化粧品だけではとても間に合わないんですね。また、乾燥すると角層も分厚くなるので、グレーも茶色も目立つカラーバランスになってしまいます。こう言った負の連鎖を止めるためにも40代以降は何より「保湿」を大切にしてくださいね。

ステップ3:血行のいい「ピンク」のお肌を作るお手入れ

血行不良になると、酸素不足から血液の「朱赤」が暗くなり、メラニンの「薄茶色」や角層の「グレー」が目立つようになります。血行を良くするためには、炭酸が効果的です。

炭酸には血液中の酸素を増やし、血行を良くする効果があります。例えばお風呂上がりは血行が良くなって顔がピンク色になりますよね。炭酸パックをした時も同様に顔がほんのりピンク色になります。これは炭酸に含まれる二酸化炭素が血管に入ることで体が酸素不足だと勘違いし、酸素を増やす働きをするため血行が良くなるからです。

“動脈”が肌に与える栄養を運び、“静脈”が老廃物を運んでいます。そのため、血液の流れが滞ると、くすみだけでなく、あらゆる肌トラブルの原因となります。最近は、炭酸パックや炭酸ミストなど、炭酸アイテムがたくさん出ていますので、積極的に取り入れてみましょう。

透明感に艶をプラスするお手入れ

3つのステップで、くすみのない透明感のあるお肌を手に入れたら、さらにツヤのある肌を作って見た目年齢に差をつけましょう!

40代になると、お肌のツヤは急激に減少し、またそれを作り出す力も衰えます。ツヤのあるお肌を作るためには、化粧水や乳液だけでなく美容液まで使う必要があります。3つのステップで、しっかりお肌作りをしたことで、お肌は美容液の効果も最大限に発揮できるようになっています。

カラカラの植木鉢に、いきなり栄養剤を挿しても根っこの隅々まで行きわたりませんよね。けれど、お水をたっぷりあげてふっくらした土に挿してあげるとお花はみるみる元気になります。

お肌も同じです。土台をしっかり作った上で、美容液を使ってあげる事が大切です。「ツヤ=若さ」です!透明感のある肌にツヤをプラスすることで、見た目年齢をぐっと引き下げてくれます。

40代は肌に足りないものが増えてきます。ホルモンバランスの低下で作られるものも減少していきます。大きな変化を感じる「第二のお肌の曲がり角」です。ですが、足りないものは足してあげれば良いのです。「第一のお肌の曲がり角」を乗り越えた私達ですから、第二の曲がり角もかしこく乗り越えていきましょう。

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

【40代からの生き方】40代にもなれば「周りの目なんて気にしない。私は私」と自分軸を持って自立して生きたいですよね。ですがなかなか難しいのも事実です。いったいどうすれば自立して自信を持って生きられるのでしょうか? アメリカからお届けします。


結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

結婚適齢期って何歳? アラフォーで結婚できる女性のタイプとは【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #40】

【専門家が解説・婚活はアラフォーが適齢期?】結婚の適齢期は何歳でしょうか。20代?30代?いえいえ、アラフォーでも適齢期の女性がいます。そんな女性のタイプとは?


宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月25日(月)~3月31日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

“さよならだけど さよならじゃない” あの日の私に贈りたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 06】

【東條知美の大人の絵本シリーズ】人との別れはいつも寂しいものですよね。そんな時、この絵本を読むと心がほっこりあったかくなるかもしれません。大人に読んで欲しい絵本の紹介です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター