「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

ただの友達だったはずなのに…男友達が女友達を“女性”として見てしまう瞬間とは⁉ 恋愛コラムニスト 神崎桃子さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「ふとした瞬間」からタダの男友達があなたに恋する可能性は十分にある

アラフォーともなれば男の飲み友や職場に冗談を言い合える男友達の一人や二人は確保しているだろう。

そんな彼らがもし、あなたを好きになったとしたら?

「まさか、そんなことあり得ない!ヤツは絶対に私を女として見ちゃいないし」
「これまで何度も酔いつぶれた姿とか見せてきちゃったし……いまさらムリでしょ」

いやいや、これまであなたのことを女として意識してなくとも、男には”ふとしたキッカケ”から急に相手を意識し出してしまうことがある。

男があなたに“女を感じた瞬間にラブストーリーは突然はじまる”のである。

タダの男友達があなたに恋をする可能性は十分にあるのだ!!
こんなふうに……。

女友達が他の男と飲んでいるのを知ったとき、嫉妬心を掻き立てられたとき

・「ただの友達だったはずが、彼女ホントはモテるんだって気づいたとき見方が変わった。ホント笑っちゃうけど、彼女が他の男と飲みにいったのを知ったら無性に気になってしまった。『何?他の男の前でそんな笑顔見せるんじゃねぇ』的な。こりゃ明らかに嫉妬だね」
(42歳男性/エンジニア)
・「全然恋愛対象として見てなかった同僚のM子。確かに仕事は出来るけど勝ち気で男や上司にもバッサリ物言うタイプ。俺ともミーティングで言い合いになりそうなときもあって、『M子ってホント可愛気ないよな~』って同期入社の男友達に飲んだとき話したら『いや、あ~ゆ~キツイ女に限って脆いもんだよ。それに彼女、よくみると女の色気あるし、スタイルもいいしね。タイプだな、俺は』と言われマジ焦った。”なんだよ~アイツ、人気あるんじゃないか”って分かってから女として見ちゃってる自分(汗)」(40歳男性/営業)

ーータダの女友達を急に意識しだしてしまうのは他の男が彼女を褒めたとき。

自分が気づいていなかった彼女の魅力を他の男が認めているとなると「こうしちゃいられない」のである。

自分の彼女でもないくせして彼女が自分以外の男と飲みにいったとなれば一人前にヤキモチを焼いてしまう。
「何、他の男と仲良くしてんだよ」と嫉妬心に煽られるのである。

普段自分と接してるときはなんとも思わなかったのに、他の男と楽しそうに話しているのをみるとワンランク上に見えてしまう。
彼女はいつもと同じ笑顔を見せているのにもかかわらず「俺の前では見せないじゃないか。あんな嬉しそうな笑顔」となり、「俺にもあんなふうに笑ってくれよ」となるのだ。

また男性は他人の目や体裁を気にするもの。
他の人間が”いい評価”を下せば「ほう、言われてみればそうかも」「よく考えると確かに」となる。
それが、同性の友達や会社の上司の意見であればなおさら同意してしまうだろう。

自分の信頼のおける人間が査定し高得点を出したものは「急に良く見える」のである。

妄想を掻き立てられたとき

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「飲んだ帰りの電車に二人で並んで座ったときのこと。彼女がコテンと俺の肩に頭を乗せた……。コ、コレって『もっと一緒にいたい』『今夜は帰りたくない』ってサインか?とドキマギ。でも、彼女は俺にしなだれかかって本気で寝てた……でも、そんな無防備さがかえって彼女のことを意識させちゃいましたね。しかも『着いたよ』と揺り起こすと猫のような手つきで眠そうな目をこすったりして……その仕草がまた可愛くて(笑)今度もたれかかってきたら、俺の好きにさせてもらいます(笑)」(42歳男性/広告)
・「ホント~にたまたまなんだけど、飲み屋街から駅に向かう途中にラブホがあって、その前を通るとき一瞬固まってしまった。横を歩いていた彼女は俺のぎこちなさに気づいたのか『どうしたの?』とポッテリとした唇を尖らせた。エロを想像させるその唇に、彼女とそうなったら……と妄想した。イヤ、むしろそうなりたいかも。それまでなんとも思わなかったのにラブホの看板見ただけで彼女を意識しだすなんて……」(43歳男性/精密機器)

ーータダの友達から打破するにはズバリ、彼の性的対象になることである。

男性はどうしたって性的欲求が強い。
普段は涼しい顔して抑えてはいても、そんなシチュエーションさえあれば理性がきかなくなってしまうのが普通の男。

だからこそ、そういう状況を作ってやるのがアラフォー女の知恵なのだ。

彼にその先を想像させることで、男友達はあなたを「女としてもアリ」と判斷する。

男と女の友情関係が簡単に崩れるのは男に下心が芽生えたときなのだ!

だからこそ、意識してなかった彼に意識してもらうためには、どんな手を使ってでもメスの匂いを嗅ぎとらせるべき。

女を感じさせる仕草や女らしい部分を見せるもよし、男が「もしかしたら……」と期待するやりすぎない程度のボディタッチも有効。

「コイツ、やっぱり女なんだよな」と思わせることができなければ、あなたは一生タダの友達のまんま。

その行為をするかしないかは別にしても、男は相手を性的対象としてみられなければ、恋愛感情など絶対に生まれないのである。

普段見られないものを見てしまったとき、いつもとは違う彼女を見たとき

・「女友達と一緒にラーメンを食べに行ったときのこと。彼女が普段下ろしている長い髪を耳に掛けた瞬間、ハッとさせられた。なんて可愛い耳たぶなんだろうと(笑)普段隠れてるからわかんなかった」(43歳男性/薬品関係)
・「ドライブに行ったときのこと。いつもよく喋る彼女が、黙ったまま窓の外をずっと眺めていた。普段は彼女の横顔とか見ることなんてなかったから、妙にドキッとした。しかもその沈黙状態がさらにドキドキ度を増長させた。彼女は一体何を考えてるんだろうと気になりだした」(44歳男性/自動車メーカー)

――男性は普段隠されたものを見た瞬間ドキッとさせられるもの。

それが、うなじでも耳でも足でも、なんでも構わない。

いつもあなたが隠している見せない部分を見せることで男は瞬殺されるのだ。

普段見せてない”素顔を見せる”という手もある。
男は「女がすっぴんを見せるのは特別なこと」「すっぴんを見せるのは心を許した相手」
と思っているので、親密感は増すだろう。

日帰り温泉やスポーツやアクティビティを通して、素の自分をさらけ出すのも二人の距離を縮めるには有効な手段だが、あまりにメイクした顔とのメイクなしの顔に差異があると自身が感じるのであればやめておこう。

すっぴんがダメなら涙を見せるというのものアリ。
普段はあっけらかんとしているサバサバ系の女性が、不意に見せる涙は男の心を揺り動かすもの。
映画でも観に行って隣の女友達が泣いている様子を見れば男は「……え?」と小さな衝撃を受けるだろう。

いきなり電話作戦だっていい。
いつもはLINEやメールだけで用件を済ますのに、不意に電話がかかってくれば、彼は「どうしたの?」と驚くはず。
そこで「……別に用があるってわけじゃないんだけど、なんか声が聞きたくなっちゃったの」と言えばいいのだ。

男友達を落とすにはいつもと違う自分を見せるべし。
”普段絶対に見せない私”を見せてあげればいいのだ

それこそが”女の武器”なのである!

男は最初あなたが「女であること」に気がつかなかっただけ……

男が「女友達」や「飲み友達」を女性として取り扱うのは、その相手に”女”を見出したときである。

ただ彼の目から見て「女に変われば」いいだけのこと。

”女として見られるきっかけ”を与えてやりさえすれば、男友達は意外と簡単にあなたの手中に落ちる。

これまでは女として見られなかったから、友達関係が更新されていただけで、彼の目から女として映ってしまえばその関係は終止符を打つ。

「あれ?こんなに可愛かったっけ?」
「へ~こんなとこあるんだ」
「え?こんな顔するんだ」

と、気づかせてあげればいいのだ。

その男の抱く女性像にフォーカスすれば”脈なし男”は一転する!

はじめはタダの友達と思って接触していても相手に女の部分を垣間見てしまえば男は必ずあなたのことを意識しだす。

男と女なんて最初は「いや~絶対あり得ない」と宣言しつつも、いつ突然その断定が変わるかもしれない予測不能なもの。

恋なんて海のものとも山のものとも知れないものなのである。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

長く付き合っているのに結婚の“け”の字もでない…。そんな方はもしかして、自分にも責任があるかもしれません。ではどんな責任があるのか?恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきました。現実をしっかり受け止めて、今後どうしていくか考えるきっかけになるかもしれません。


「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

一度寝たらその後連絡がとれなくなった…。20代ならともかく、アラフォーでそんな事態は避けたいですよね。そうならないためにも、そしてそんな覚えがもしあるとしたら、その原因をしっかり知っておきましょう。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきます。


40歳バツイチ子なし 年下の彼からまさかのプロポーズ! でも…【オトナの幸せ恋愛心理術 #9】

40歳バツイチ子なし 年下の彼からまさかのプロポーズ! でも…【オトナの幸せ恋愛心理術 #9】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「白髪」の生える場所別原因と対処法 【大人の「品」は 艶髪でつくられる #5】

「白髪」の生える場所別原因と対処法 【大人の「品」は 艶髪でつくられる #5】

1万5000人以上の髪の悩みを解決してきた美髪アドバイザーの田村マナさんが「顔よりも、体型よりも最も手をかけるべきは髪の美しさ。」として出版した大人のためのヘアケア本『大人の「品」は艶髪でつくられる』の一部をご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

GUのワッフルニットワンピースはもうゲットしましたか。 着心地バツグンで可愛くて、お安いなんで嬉しいですよね。 GUの人気承認はすぐに品薄になってしまいますので、お早めのご購入を!


最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

今回は医学的にセクシー脳を蘇らせることはできるのか? というお話。夫婦仲相談所、所長として恋愛・夫婦仲コメンテーターとして多数の講演・テレビ出演、大活躍中の、三松真由美先生に教えていただきます。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


友だち追加






よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター