40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】 | 大人のワタシを楽しむメディア
40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

近くのものが見えづらい。まさか老眼?

「スーパーのチラシが見えづらい。そう思って顔に近づけたらますます見えない。試しに遠ざけてみたら・・・。見えちゃいました。」

そんな経験も生きていれば誰もが通るものです。

「目が疲れる」原因は老眼、視力の低下や、目の筋力の低下、涙の分泌量が減ってしまうなど様々あります。

目が疲れると、目がショボショボしたり、痛く感じたり、かすんで見えたり。肩や首のこりを感じたり、頭痛や酷い場合だと吐き気へとつながることもあります。疲れを溜めこみすぎる前のケアが大切です。

そこで今回は、すぐできる目の疲れをとる方法をご紹介します。

疲れ目ケア1:〜つぼ押し〜

まずは、疲れ目をケアするためのつぼ押しの方法をご紹介します。
家事や仕事の合間やお風呂上がりにいつでも簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

【ツボその1】睛明(せいめい)
目と鼻の間。目が疲れてくると、よく無意識で押しているところです。
目を閉じて、両手の人さし指で鼻の方に向かって5回〜6回やさしく押してください。

もしも、場所がはっきりわからない場合は、ツボの周囲をやさしくマッサージするようにしてください。
眼球を押さないように、気をつけて行ってください。

【ツボその2】風池(ふうち)
髪の生え際のくぼみの部分。両手で側頭部を包み込むようにします。親指でツボを押さえて反対側の目に向かって持ち上げるようなイメージで5秒間ゆっくり押してください。5秒間押したら、そっと手を離します。

※ずっと目の奥がジンジンするような場合や目の疲れに不安を感じる場合は、一度眼科医に相談してくださいね。

疲れ目ケア2:〜目の体操〜

続いて、疲れ目をケアするための目の体操方法をご紹介します。目を動かす筋肉をしっかり使うことで目の疲れをとります。
眼球を上下左右に意識的に動かすのですが、今回お伝えするのは視点を固定して行う方法です。更年期症状としても多い、めまいのある方でもやりやすい内容です。

【目の体操】
ステップ 1
視点を一点に固定したまま、左右・上下に首を動かします。それぞれ5秒ずつ見つめます。

ステップ 2
視点を一点に固定したまま、円を描くようにゆっくりと首を2周ずつ動かします。

疲れ目を予防するために

Getty logo

誰にでも起こる「老眼」は、目のレンズの役目をしている水晶体が硬くなったり、目のピントを合わせる毛様体筋の働きが低下することで起きます。近くのものが見えにくいままで生活すると、目に負担がかかり疲れ目の原因にもなってしまいます。

老眼鏡のことを英語ではリーディンググラスというそうです。自分にあったリーディンググラスをうまく活用することは、疲れ目に効果的です。

目の周りの筋肉が緊張したり、血流が悪くなると目が疲れたと感じます。普段から、パソコンやスマートフォンに集中したあとは遠くを見るようにしたり、良い姿勢を心がけてみたり、できるだけ疲れ目になりにくい習慣を作りましょう。

その日の疲れはその日のうちに

ポイントは「その日の疲れはその日のうちに」です。

カラダに不調があると「寝て治そう・・」と思う人は多いと思いますが、大人になった私たちは意識的に自分でカラダをメンテナンスしないと、寝ても起きていても変わりません。それは、目も同じです。

日頃のメンテナンスが毎日を快適にしてくれます。ぜひ、試してみてください。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期は髪の毛にも大きな影響を与えます。女性ホルモンが減少することによって起こる更年期症状のひとつに薄毛などの悩みも含まれるのです。そこで、更年期による髪の毛の悩みを解消する対策法について、更年期の専門家であり毛髪診断士でもあるメノポーズカウンセラーの元井里奈さんに教えていただきました。


自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

あなたは“いきがい”をもっていますか?“いきがい”を持っている人は、更年期症状が軽く、健康寿命が長いということがわかっています。今回は、更年期に自分と向き合い“いきがい”を見つける方法について、アラフォー世代向けにオリジナル方法をご紹介します。さて、あなたの“いきがい”はなんですか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google