【#FocusOn】インスタグラマーとして一線で活躍している大人の女性にインスタの極意を聞きました! | 大人のワタシを楽しむメディア
【#FocusOn】インスタグラマーとして一線で活躍している大人の女性にインスタの極意を聞きました!

【#FocusOn】インスタグラマーとして一線で活躍している大人の女性にインスタの極意を聞きました!

年々勢いを増すインスタグラムの世界。フォロワーを増やしたいけどなかなか…というアラフォー女性も多いのではないでしょうか?そんな女性たちへ向けて、インスタグラマーとして一線で活躍している皆さんへインタビュー!フォロワーを増やすコツなど教えていただきました。


ハイヒールラバーズ代表 宮田綾子さんはフォロワー数6万人超え!

ハイヒールが好きすぎて“ハイヒールラバーズ”というグループを立ち上げた宮田綾子さん。数年前まではOLをされていましたが、インスタグラムを始めてその美貌に注目が集まり、いっきにフォロワー数が増え、その影響で女性向けの商品開発なども手掛けるようになりました。まさにインスタグラムで人生が変わったといってもいい宮田綾子さんにお話を伺いました。

WOMe編集部:どうしてインスタグラムを始めようと思ったんですか?

宮田さん:もともとFacebookをしていたんですが、だんだんインスタグラムが盛り上がってきたので始めてみようかなと思って。ハイヒールが大好きだったので、全身コーディネートアップするようにしました。

WOMe編集部:それですぐフォロワーが増えていったのでしょうか?

宮田さん:Facebookのお友だちに「インスタ始めました」ってお知らせをしたので、ある程度は増えたんですが、そのあとは自分で試行錯誤しながらフォロワー数を増やしていきました。

WOMe編集部:どんなことをされたのでしょうか?

宮田さん:まず、アップする画像に統一感を出すようにしました。そうすることで一覧で見た時にキレイに見えるんです。私の場合は全身写真なので、撮ってもらう距離を一定にして、誰に取ってもらっても同じようなトーンで見られるように工夫しています。あとは、モデルをやっていたので、ついキチッとしたポージングをしてしまうんですが、インスタでいいねを多く獲得する写真はちょっとユルイ…というか、日常の一コマのような自然な写真の方がいいみたいです。

WOMe編集部:そうなんですか!そういったことも研究されているんですね。他にはありますか?

宮田さん:もうこれは本当に大切なことなんですけど100のイイねがもらいたかったら10倍の1000イイねをするということです。同じハッシュタグをつけている人に、どんどんイイねをしていくことで、「あれ?この人、前もイイねしてくれてたな」って気が付いてもらえるようになるんです。インスタグラマーはたくさんいるので、その中からまずは存在に気づいてもらうことが大切なんですね。

WOMe編集部:なるほどー

宮田さん:あとは、フォローしてくれた人は必ずイイねを押しにいきますし、イイねをしてくれた人のところにもイイねを押しにいきます。やっぱりやってもらえたらやってあげる、という一期一会の感謝の気持ちが大事じゃないかなと思います。

WOMe編集部:すごいですね!でもちょっと大変そう…

宮田さん:時間がある時には常にインスタグラムをチェックしています。新しい機能が出たらすぐに使いこなせるようにもしていますね。でもそういう努力のおかげで、企業からインスタの講師としてお願いされることが増えてきているんです。先日もある百貨店の店員の方々へ向けて、どうしたらインスタ映えする写真が撮れるのか、フォロワーが増えるのか、というセミナーを行ってきました。

WOMe編集部:そうなんですか!たしかに百貨店などの店舗はファンを獲得することがとても大切ですもんね。

宮田さん:そうなんです。私は全部自分で実験して、実際成果が出たことをお伝えしているので、即戦力として使っていただけると思います。あんまり個人でインスタのセミナーをやっている人はいないみたいで、ありがたいことにお声を多くかけていただいてます。

WOMe編集部:他にインスタを始めて変わったことってありますか?

宮田さん:先日、海外メディアから取材を受けました。一般人でフォロワー数が多いインスタグラマーということで。どうしてそんなにフォロワー数が多いのか、などについて。

WOMe編集部:すごいですね!海外からも注目されるなんて…。今後、インスタグラムを通じてこんなことがしたい、など夢はありますか?

宮田さん:そうですね…今も少しづつやらせていただいているのですが、女性向けの商品を一から企業さんと一緒に開発していきたいですね。年齢を重ねた女性たちに本当にいいものを届けたいって思います。なので、素材や配合などにもこだわった商品を開発したいです。あとは、インスタ映えするパッケージを考えたり…オリジナルブランドもできたらいいなって思います。

WOMe編集部:6万人のファンがいる宮田さんなら実現する日も近いでしょうね!本日はありがとうございました。

宮田さん:ありがとうございました。

===========
宮田綾子さん主催のインスタセミナー開催!
日時:2018年9月1日(土)13:30〜
場所:代々木駅徒歩5分
詳細はこちらのページからご覧ください
http://seminar.aguichant.co.jp
===========

宮田綾子さんインスタグラム

意外な著名人の一枚で一気にフォロワーが増えた栄藤仁美さん

京都出身の栄藤仁美さんは小さな頃からお知り合いで妹のように可愛がられている著名人がいらっしゃるそうです。その方が結婚式を行った時に、写真をインスタグラムに投稿したところ、「この人何者⁉」と話題になり一気にフォロワーが増えたのだとか。

栄藤さん:最初は本当に驚きました。「何が起きてるの⁉」ってそしたらコメント欄に「どうして結婚式に出席してるんですか?」とか書かれてて、ああそういうことね、って。私にとっては昔から仲良くしてもらっているお兄ちゃんなので、自然なことだったんですけど、世間の人からしたら「なんでこの若い女が仲良さそうに結婚式に出席してるの⁉」って感じだったんでしょうね。

WOMe編集部:でも貴重な写真が見られて嬉しいですよね!栄藤さんがインスタをするのに、モットーにしていることはありますか?

栄藤さん:嘘はつかない。ステマはやらない。実感のない現実味のない投稿はしない。切り取られた一枚だと本当かどうかわかりづらかったりすると思うので、動画を上げたりもするようにしています。あとは、本当に楽しかったこと、美しかったこと、欲しかったもの、などに関する投稿しかしないことです。私にとってインスタグラムは思い出がたくさん詰まった日記のようなものなんです。そこに絶対嘘はつきたくない。そう思っています。

WOMe編集部:素敵ですね!他に気を付けていることはありますか?

栄藤さん:せっかく私のインスタグラムを見てくださってコメントしたりしてくれるのだから、コメントには全部きちんと返信したいなって思ってます。特に、美容系の投稿をすると「これはなんですか?」とか「どんな風にいいんですか?」などコメントをいただくことが多くあります。なので、美容系専用のインスタグラムを開設したんです。まだこちらはフォロワー数が少ないですが、美容・健康についてはすごくこだわりがあるので、フォロワーをどんどん増やしていけたらいいなと思います。

WOMe編集部:頑張ってください!ありがとうございました。

栄藤さん:ありがとうございました。

栄藤仁美さんインスタグラム

イイね返しをマメにしないわりにフォロワーが増えていったという井本悦代さん

1日1回の投稿を日課にし、イメージが統一されるようにしているという井本悦代さん。フォロワーを増やすために必須ともいえる、“イイね返し”は忙しいこともありしないことが多いそう。それでもどんどんフォロワーが増えて行ったというから驚きです。その秘訣について教えていただきました。

WOMe編集部:“イイね返し”をされないってとても驚きました!それでもどんどんフォロワーが増えていったなんてすごいですね。

井本さん:うーん。どうしてなんでしょうね。自分でもわからない…インスタグラムを始めたきっかけは、周りの友だちが始めてて「フォローしてね」って言われたからなんです。それで自分でも投稿するようになって、始めはなんでもかんでもアップしていたんですが、それだと雑多な感じになってしまうので、イメージが統一されるようにしたんです。私は色々な講師をしているので、そこにきてくださった生徒さんがフォローしてくれたりして、フォロワーがだんだん増えていったのかなと思ってます。あ、あと、昔、読者モデルをしていたので、その時見ていてくださった同世代の方が「懐かしいな」ってフォローしてくれているのかもしれないですね。

WOMe編集部:投稿するときに気を付けていることや工夫していることはなんですか?

井本さん:自撮りのアップばかり続けないとか…。あとは、やっぱり自然光が一番キレイに写ると思うので、陽の光を浴びて撮るようにしています。自然光の中でグルグル回ってたくさん撮って一番いいものを投稿するようにしています。あ、あと、アプリを使って加工しすぎないようにしています。フォロワーさんと実際にお会いした時に「あれ?全然違う」ってなったらイタイじゃないですか(笑)もちろん、シワとかシミとか気になる部分を消したりはします。でもシャープにしたりはしないかな。

WOMe編集部:コメントにはお答えしたりするんですか?

井本さん:うーん…全部にお返ししたいんですが、なかなかその時間がなくて。でも、なるべく女性からの質問には答えるようにしています。

WOMe編集部:今後、インスタグラムを通じてどんな活動をされていきたいですか?

井本さん:ファッションが大好きなので、またモデルとして色々表現できていけるといいなと思っています。

WOMe編集部:インスタとファッションは親和性が高いですもんね。今日はありがとうございました。

井本さん:ありがとうございました。

井本悦代さんインスタグラム

SNSを使い分けてインスタも徹底研究する藁品真代さん

藁品さんはFacebook、ブログ、インスタグラムを活用し、それぞれ同じシーンの写真でもSNSごとに違うものをアップし、そのSNSの特性を活かすようにしているそう。イベントなどで知り合ったインスタグラマー仲間と情報を交換し合いながら、投稿の仕方を研究しているそうです。


WOMe編集部:藁品さんはミセスインターナショナル2017のファイナリストでSNS賞を受賞されているんですよね。

藁品さん:そうなんです。ありがたいことです。

WOMe編集部:SNSごとにその特性にあった写真をアップされているそうですが、どんな風に使い分けているのでしょうか?

藁品さん:Facebookは毎日投稿すると嫌がられるかもしれないので、1週間に2,3回にするようにしています。ブログは特別なイベントなどがあった時やお仕事の内容をしっかり伝えるために使っています。インスタは必ず1日1回アップして、全体の投稿を見た時に、同じような写真が続かないように重ならないようにしています。例えば、全身ばかりが続くとつまらないと思うので、自撮りのアップやバストアップ、お友達との写真などのなかに、たまに全身を入れるとかにしていますね。

WOMe編集部:フォロワーを増やすためにはどんなことをされていますか?

藁品さん:いろいろありますが例えば、イイねをしてくれる人には必ずイイねを返す、とか、同じハッシュタグをつけている人のところにいってイイねするとか。あと、私のお友達のところにイイねしている人たちは、そういう雰囲気が好きな人たちということなので、そういう方のところへいってイイねするようにしています。それから、ハッシュタグは30までつけられるのですが、なるべく30つけるように、そしてハッシュタグは縦に並べるのがいいということで、実践しています。あとどんな写真がイイねが多いかも研究しています。

WOMe編集部:なるほどーすごく努力されていますね!

藁品さん:私はネットTVに出演したりもしているのですが、その時の衣装を提供していただいたりスポンサーになっていただいたりと、インスタグラムを活性化することでお仕事に繋がっているんですね。なので、頑張らないとって思ってます。

WOMe編集部:素敵ですね。これからも頑張ってください。ありがとうございました。

藁品さん:ありがとうございました。

藁品真代さんインスタグラム

アラフォー女性がインスタを楽しむコツは○○⁉

美しい4人の方へインタビューをして思ったこと。それは皆さん、一定のこだわりを持って楽しくインスタグラムを活用しているということです。やはり、漫然と投稿をしてもフォロワーは増えないのですね。自分なりのこだわりや確固たる思いが出てくるのがアラフォー世代。そのこだわりや思いをインスタで表現することで、フォロワーも増えてくるのかもしれませんね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

40代になって、自分の似合う服がわからない…なんて洋服&おしゃれ難民になっている女性へ朗報です! 1万人以上のスタイリングを手掛けてきたメディアで大活躍のスタイリスト山本あきこさんがすべての40代女性へ贈る『これまでの服が似合わなくなったら。~“40代、おしゃれの壁”を乗り越える!』を出版されました。絶対に読んで損なしの一冊についてインタビューしました。


自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

エッセイスト・酒ジャーナリストの葉山かおりさん。結婚、離婚、再婚、そして現在はデュアルライフを満喫する葉石さんですが、20代、30代、40代とプライベートも仕事も盛りだくさん! 今もなお楽しく夢を持って生きる葉石さんに人生を楽しむコツを伺ったインタビュー第二回です。


今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

女性誌や広告など多くのメディアでスタイリストとして活躍してきた山本あきこさん。その実績を活かし、一般の女性向けにスタイリングアドバイスを行う活動をスタートすると一気に予約がとれないスタイリストに! そんな山本さんのノウハウがぎっちり詰まった『これまでの服が似合わなくなったら』(幻冬舎)が発売になり、興味津々でお話を伺いに行きました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google