夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

いつどうなるかわからないのが結婚生活。ごく普通に幸せに暮らしていたのに、ある日突然、パートナーから離婚宣言されることもあります。今回は、突然、夫から離婚を言い渡された妻からの相談です。ある日パートナーから「好きな人がいる」「離婚したい」と言われたら、あなたはどうしますか?


「好きな人ができたから離婚したい」という身勝手な夫。どうしたらいいかわかりません。

【お悩み】いつものような喧嘩の膠着状態が2週間くらい続いていたある日、夫から「好きな人ができたから離婚してほしい」と言われました。突然のことにビックリしてどうしていいのかわからなくなってしまいました。そんな浮気夫と暮らすのは嫌だと思ってしまいますが、子どもが小さいので離婚はしたくありません。どうしたら修復できるでしょうか? (Aさん・40歳)

配偶者の浮気が発覚。その後は…

夫からのある日突然の離婚宣言。本当に驚いたことでしょう。そして、「好きな人ができた」という言葉も、とてもショックだったと思います。

夫婦問題カウンセラーに寄せられる相談の中でも配偶者の浮気問題は、悩みのトップクラス。配偶者からの「好きな人がいる」という言葉は、頭の中が真っ白になってしまうほど破壊力のある言葉なのです。

ずっと信じていた夫に裏切られた…
私は何も悪いことをしていないのに…
どうしてこんな目に合うの…


これまでの平穏な時間から、いきなり世界が変わってしまうのですから、パニックになってしまうのも無理はありませんよね。

相手に激しい口調で詰め寄り、何時間も何日も言い合いになる夫婦。
いっさい口を閉ざし、無言を貫き、会話がなくなってしまう夫婦。


浮気発覚後の展開も様々ですが、ギクシャクした関係が続き、家庭内が険悪ムードになり、離婚したほうがいいのか、修復したほうがいいのか、それすらもわからなくなってしまうという感情のプロセスは、いずれも共通のようです。

「有責配偶者」からは離婚できない

ご主人から離婚宣言されてしまったAさん。ここからが大切です。

夫の浮気を知ったことで頭に血が上り、「自分は犠牲者だ!浮気は許さない!」と騒ぎ立てる妻も少なくないのですが、それは、あまり得策ではありません。事を大きくしてかえって問題がこじれてしまう可能性大です。冷静になれと言われても、なかなかむずかしいのですが、現状を受け止め、これからどうするかを考えましょう。

Aさんのケースは、ご主人が「好きな人ができた」と、不倫を認めました。
不倫をした「有責配偶者」のご主人からは、離婚したくても、夫婦の同意がなければ「離婚」することはできません。Aさんが離婚したい場合は、スムーズに協議離婚できるのですが、そうでない場合は、簡単に離婚はできません。戸籍上の妻の座は強いのです。

まずは、ご主人と話し合い、できるだけ冷静に自分の気持ちを伝えましょう。感情的にならずに、落ち着いて話し合ってみてください。

そして、ご主人は本心から離婚したいのかどうかを確認します。不倫相手からせっつかれているケースもあります。場合によっては、女性の存在を確認する必要があるかもしれません。

さらに大切なのは、Aさん自身の気持ちです。夫婦関係を修復し、再構築を望んでいるのなら、「私は離婚しない」と覚悟を決めて修復の方向に進みましょう。

修復以外についてシミュレーションする

Aさんは修復を考えていますが、修復以外のいろいろなケースをシミュレーションしておくことも不安解消の一つになります。以下に例を上げました。

●慰謝料を請求する
どうしても釈然としないのなら、夫や不倫相手に慰謝料を請求し、けじめをつけるのもいいと思います。ただし、離婚しない場合は、ご主人の気持ちを逆なでするような結果とならないよう話し合いの上慎重に進めます。

●離婚せずに別居する
ご主人と毎日顔を合わせるのが苦しいのなら、別居するのも方法です。その際は、婚姻費を決めましょう。口約束だけでは不安なので、公正証書など、きちんとした書面に残しておくのをおすすめします。

●離婚する
離婚を選択する場合、こちらから離婚の申し立てができます。家庭裁判所の調停が不成立だった場合は、裁判へと進みます。裁判では不倫の証拠が必要なので、写真やLINEのやり取り、レコーダー、日記などを保管しておきましょう。

決定権を握っているのは自分自身!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

別れるか別れないかの決定権を握っているのは、Aさん自身です。今後どうしていくかを決めるのは自分にあることを忘れずに。

そして、将来は、どう展開するかわかりません。ご主人と不倫相手の関係が解消するかもしれませんし、Aさんの気持ちが変わるかもしれません。

子どものためだけに離婚しないのか。自分の夫に対する気持ちなど、いろいろな角度で検討することで自ずと答えが出てきます。

夫の不倫を許せないまま、恨みつらみを抱えながら長年ともに暮らしている妻もいますが、憎しみからは何も生まれませんし、決して幸せな人生とはいえません。

修復を目指すのなら、これまでの夫婦げんかばかりの結婚生活を振り返り、「ご主人がなぜ浮気に走ってしまったのか」「離婚したいと言ったのか」を含め、改めて考えてみてください。とても苦しい作業ですが、いまはそんな課題と向き合うために与えられた時間なのかもしれません。どうなるかわからない将来について必要以上に考えすぎず、自分と子どものためにも今を大切にして、納得の人生を過ごしてほしいと思います。

一人では不安でたまらない。誰かに聞いてほしい。自分の気持ちがわからなくなった。そんなときは、専門カウンセラーに頼ってください。すべてを一人で抱えることはありませんよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

「女性は家事ができて当然」なんて言われると、うんざりしませんか? 性別に関係なく、苦手なものは苦手だしできればやりたくない、と思うのは決して間違いではありません。とはいえ、やらなくちゃいけないのは変わらない。そんなときは、「家事代行サービス」を利用しましょう。気軽にお願いできる使い方について、ご紹介します。


アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

妊活にはパートナーの存在が欠かせません。しかし、現実問題、ツライ妊活生活の中で、パートナーと険悪な状態になってしまう夫婦もたくさんいます。そもそもパートナーがいるから子どもが欲しいと思っているはずなのに、パートナーと険悪になってしまっては元も子もありませんよね。そこで、パートナーとの関係について、相手を傷つけるようなことを言ってしまわないようにするにはどうしたらいいか、そして言ってしまった時の対処法についてお伝えします。


最近話題の「夫源病(ふげんびょう)」とは? 特徴と対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #81】

最近話題の「夫源病(ふげんびょう)」とは? 特徴と対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #81】

「夫源病」という言葉を聞いたことはありませんか? 夫が原因で起こる体調不良で、夫と一緒に居ると頭痛がしたり動悸が激しくなったり、ひどくなるとうつ病まで引き起こすことがあります。夫がいないときは平気なのに、夫がいると途端に発症する身体の不調、「夫源病」についてご紹介します。


オバサン化速度を鈍化する方法「セックスレスこそ“勝負下着デイ”」を設ける【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#17】

オバサン化速度を鈍化する方法「セックスレスこそ“勝負下着デイ”」を設ける【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#17】

勝負下着持っていますか?結婚して何年も経ち、生活に追われるようになるとついつい楽な方へ楽な方へ流れてしまって、勝負下着の存在なんて忘れてしまった…そんな人も多いのではないでしょうか。しかしそれこそがオバサン化の証であると三松真由美先生は警鐘を鳴らします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「白髪」の生える場所別原因と対処法 【大人の「品」は 艶髪でつくられる #5】

「白髪」の生える場所別原因と対処法 【大人の「品」は 艶髪でつくられる #5】

1万5000人以上の髪の悩みを解決してきた美髪アドバイザーの田村マナさんが「顔よりも、体型よりも最も手をかけるべきは髪の美しさ。」として出版した大人のためのヘアケア本『大人の「品」は艶髪でつくられる』の一部をご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

GUのワッフルニットワンピースはもうゲットしましたか。 着心地バツグンで可愛くて、お安いなんで嬉しいですよね。 GUの人気承認はすぐに品薄になってしまいますので、お早めのご購入を!


最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

今回は医学的にセクシー脳を蘇らせることはできるのか? というお話。夫婦仲相談所、所長として恋愛・夫婦仲コメンテーターとして多数の講演・テレビ出演、大活躍中の、三松真由美先生に教えていただきます。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


友だち追加






よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター