35歳からは気にしたい!女性ホルモンと妊娠&更年期の関係

35歳からは気にしたい!女性ホルモンと妊娠&更年期の関係

女性にとって、「女性ホルモン」という言葉は非常になじみ深い物なのではないでしょうか。初潮を迎えてから30年以上にわたって、毎月の整理の訪れとともに女性ホルモンを意識するからです。今回は、この「女性ホルモン」に着目をして、「年を重ねた後の症状」などについて見ていきます。


35歳から女性ホルモンの分泌量は減少していく

女性ホルモンはずっと長くつきあっていくものです。初潮を迎えたタイミングからどんどん分泌量が上がっていき、30歳まで年々増加していきます。

30歳を頂点として、叙せホルモンの分泌量はだんだん減っていきます。特に35歳が一つの分水領となっています。それ以降は急激に下降していき、さまざまな症状を女性にもたらします。

また、肌の荒れ方やハリの失われ方も体感してくるように。老化を意識せずにはいられなくなるのです。アンチエイジングケア化粧品がもてはやされているのには、こういう理由もあります。

「対策をしっかり練れば大丈夫だろう」という人もいるかもしれませんが、若いときとまったく同じ生活をしていたとしても、残念ながら加齢による変化は完全に止めることはできません。

妊娠確率の変化について

30歳以降で特に気になる変化のうちの一つが、「妊娠」について。

現代は、第一子を出産する平均年齢は30歳を超えています。そのため、以前は「30歳以上で高齢出産」と言われていたのが、今は「35歳以上」となっています。

実際、30歳と25歳では、それほど妊娠確率などに差はありません。しかし、これが35歳以上になると話は別。自然妊娠確率が30パーセント程度であった30歳までとは違い、35歳では18パーセントにまで落ち込みます。40歳は5パーセント、45歳になるとわずか1パーセントとなり、自然妊娠は極めて難しくなります。

また、流産も30歳までは10例に1組であったのが、35歳では4例に1例、40歳では5例に2例、そして45歳では2例に1例となります。染色体異常は、若いときには300例に1例であったものが、35歳では134例に1例、40歳では40例に一例、45歳では11例に1例になります。

更年期障害も起きてくる

女性の場合、50歳くらいで閉経を迎えることが多いと思われます。ただその前から、女性ホルモンの分泌機能は衰えていっています。そのため、45歳くらいから更年期症状が出る人も多いと言われています。

この更年期症状が起きると、人はなかなか自分をコントロールできなくなります。突然イライラしたり、何の根拠もない不安にさいなまれたりしてしまいます。また、身体症状として、倦怠感がでたりのぼせたり、汗が増えたりする、という変化が見受けられます。時には頭痛やめまい、しびれなどが起きることもあります。

この更年期障害はしばしば、ほかの症状と間違われます。人生の過渡期のうちの一つですから、環境もめまぐるしくかわるでしょう。この「めまぐるしい変化」のなかでの体調不良だ……と思われてしまうこともあるのです。

女性ホルモン35歳以上の変遷とまとめ

妊娠確率が大きく下がり、リスクのある出産となる―――それが35歳以降の「リアル」だと言えます。もしあなたが30代前半で、妊娠出産を考えているのであれば、早めに行動にうつった方がよいでしょう。早期対策は、早期の解決に繋がります。

もう一つ注目したいのが、「更年期障害」です。更年期障害は閉経の前段階から起き始めることが多いもので、体のほてりやイライラ、発汗などをもたらしてしまいます。これらはストレスによって症状が悪化しますから、できるだけ穏やかな気持ちで過ごしていきたいものです。

私たちは、どれだけ努力をしても、若いときのままではいられません。ただそれをいたずらに嘆いていても状況は解決しませんから、「どのようにして折り合いをつけていくか」を考えることが大切なのです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

「まさか夫が?」今回は男性の更年期のお話です。更年期障害は女性だけに起ることではないのです。パートナーや周囲の人がなるかもしれない男性更年期について、気を付けなければいけないポイントや対処法とは?女性も知っておきたい男性の更年期についてご紹介します。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

「わたしには更年期はなかった」といった話を先輩方から聞いたことがあるかもしれません。その一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方もいらっしゃいます。全員が通る道なのに、いったいこの差はどうして起こるのでしょうか? できるなら更年期をラクに乗り切りたいですよね。その秘訣を教えていただきます!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

「幸せになりたい!」そう思うのはみんな同じ。そして某映画ではありませんが、誰にでも幸せになる権利があります。幸せになりたいと願っているのになぜか思い通りにならない…そんな人は自分に理由があるのかもしれません。コミュニケーション講師の吉井奈々さんに解説していただきましょう。


39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

せっかく好きな仕事につけたのに、人間関係でストレスを感じる。転職理由の多くは、「人間関係の悩み」というデータがあります。上手に気持ちを切り替えるにはどうしたらいいか。転職する前にできることはなにか?ロジかわ思考でお悩みを解決します!


食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

食事を変えればセックスが復活すると信じて!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#14】

前回、オッサン化予防は、まず筋力をつけるところから始まるとお伝えしましたが、同時に妻が気をつけなければならぬことは「食事」です。今回はその「食事」についてお話します。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれてから旦那の態度が冷たい… そんな時はどうしたら?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #76

子どもが生まれるまではラブラブだったのに、出産後、何だか旦那さんの態度が冷たい。育児にも参加してくれない。子どもが産まれてから、旦那さんの態度が変わったと悩む女性は多いですが、原因は環境の変化かもしれません。まず生活を見直してみることが大切です。改めて旦那さんへ愛情を向ける時間を持ちましょう。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター