「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「からだが疲れやすくなった」「何だか仕事がはかどらない」以前と比べて何かが違う!と感じる事が増える女性にオススメなのが「体調日記」。毎日、どこか不具合を感じていて、なかなかスッキリ快適!とはいかない毎日…だからこそ、いち早く、体調の変化に気が付くために日記をぜひご活用ください!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「体調日記」って何?

更年期の体調管理のツールとして『体調日記』をつけることをおススメしたいと思います。心やからだの「今」をカンタンに記録していくのです。変化を記録していくと、自分の体調の変化の傾向を把握できるようになったり、からだが発するサインに気がつきやすくなります。

例えば、肌荒れや、だるさ、口内炎など、からだが発する小さなサインを早めに自覚できれば、たっぷり睡眠をとったり、栄養のある食事を食べたり、運動をしたりというように、早めに自分のからだを労わることができます。つまり、症状が重くなるのを防ぐことができるのです。

体調日記をつけたほうがいい理由

「からだが疲れやすくなった」「何だか仕事がはかどらない」など、30代後半になると、このように、以前と比べて何かが違う!と感じる事が増えるかもしれません。

「肌は荒れるし、関節は痛い、肩こり、頭痛、イライラ、鬱々…とにかくあちこちに不調が現れてきた」

そして、40歳を超えると毎日どこかしらの不具合を感じてなかなかスッキリしないという毎日を送っている方が多いのも事実です。

そんな変化の大きな原因の一つは、女性ホルモンの減少です。女性なら誰もが関係がある「更年期」の症状です。しかし、一方で更年期症状かと思いきや、生活習慣を変えたら劇的に体調が良くなったという方もいらっしゃいます。

いつも深夜0時に就寝していた方が、就寝時間を2時間早めただけで、肌荒れが治り、仕事の集中力も上がった。すると、自信がつき焦りやイライラも治まったそうなのです。また、眠りが浅くて、疲れが取れないことにお悩みだった方が、運動を始めてからぐっすり眠れて翌朝の目覚めも良くなり、ついでに肩こりと腰痛が治った、という声も聞きました。

女性ホルモンの低下は抗う事ができに体調に変化をもたらす一つの要因ではありますが、自分の体調を記録し客観的に把握して、生活習慣を変えることで多くの体調不良はカバーすることができるのです。

体調日記に書くべきこと

Getty logo

では、体調日記にはどんなことを書くといいのか。
一例をご紹介します。

1、自分のからだの状態を5段階評価する
例:からだの調子を5段階で評価、心の調子を5段階で評価

2、そのほかの気になることや症状、飲んでいる薬、人間関係、感じているストレスなどについて
例:むくみやすい、眠りが浅い、仕事の面談が心配、月経の記録

3、運動、食事、睡眠の時間や質など健康管理に気をつけたり工夫したこと
例:20分のウォーキングをした、寝る前にストレッチをしたらいつもよりよく眠れた

などです。客観的に自分の体調が把握できると、早め早めの対策ができるようになります。

スケジュール帳とセットにして手軽に

とはいえ、体調日記は日記をつけること自体が目的ではありません。目的は、体調の把握と体調が良くなる傾向を見つけ出すために行うので、日記自体は負担にならない形で、簡単な書き方にするようにしてください。

オススメは、スケジュール帳とセットにしておくことです。いつも使うものだと、確認もしやすいですし、続けやすいです。また、更年期には「忘れやすい」という症状もあります。大事なものはひとまとめにしておいて、“日記をどこへしまったのかわからない”という余計なストレス生まないようにしましょう。

生活習慣で体調が変わることもある

心とからだの不調を女性ホルモンの低下のせいにする“前向きな開き直り”はとても大切です。

その一方で、自分の心とからだを客観的に把握し、生活習慣を整える事で体調が好転するかもしれないということを覚えておいてください。

体調日記をつけるのは、寝る前の5分でOK!その5分間だけでも自分のからだと向き合う時間を作ってみてください。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。


閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経を“女性として終わり”とネガティブに捉えることがありますが、そんなことは全くありません!初潮を迎えた時にお祝いをしたように、閉経もお祝いで迎えましょう! 新たな人生のステージに立つ門出として、閉経や更年期を前向きに捉える考え方についてNPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんが教えてくれます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

なぜ40男が嫌われるのか?40男たちの生きづらさとは?『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者 大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんインタビュー!親との関係、学校教育、就職氷河期、どんどん変わる社会…40男が嫌われる理由について率直に語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター