“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】 | 大人のワタシを楽しむメディア
“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

今や珍しくない“ステップファミリー”という家族の形

ひと昔前までは、子どもを連れて離婚した場合、その後は一生シングルを貫くという女性も多かったと思います。子どもを連れての再婚は、本人同士だけでなく子どもの意思もないと難しいため、踏み切るのはかなりの勇気がいることです。

ですが、晩婚化が進む現代では、30代後半や40代になってからの結婚が珍しくなくなりました。それにともない、バツイチ同士であったりどちらかに子どもがいたりするケースも増え、“ステップファミリー”という呼び方も一般的になりつつあります。

大人は自分で環境を作っていけますが、まだ独り立ちのできない子どもの場合、再婚は精神的にも大きな影響を受けます。「血のつながらない人間が親になる」ことは、子どもにとってあまりにも変化が大きすぎ、受け止められなければ家に寄り付かなくなったり非行に走ったりと、間違った道を選んでしまう可能性もあります。

子連れ同士の再婚では、まず考えなければいけないのは子どものことです。どんな点に注意して進めていけば良いのでしょうか。

子どもの戸惑いをきちんと受け止める

Getty logo

一番やってはいけないのは、「私が決めた相手なんだから、子どもは黙って従うべき」のように子どもの意思を無視することです。母親がそれで良くても、再婚相手と親密度が低ければ子どもは抵抗を示すでしょう。いきなり「この人が父親になるから」と言われて、素直に受け入れる子どもなどそういません。

自分には本当の父親がいることを、子どもが一番知っています。どんな理由があって離婚したにせよ、再婚相手は「失った父親の代わり」と子どもの目には映り、その現実になじんでいくのは相当の時間がかかるはずです。

まず何より、子どもの戸惑いを無視しないこと。再婚を考える男性がいるなら、気持ちが決まった段階から少しずつ子どもにも会わせるようにし、「いま私(母親)が親しくしているのはこの男性」という現実を子どもにも知ってもらうようにします。いきなり「父親になるのよ」のような紹介は、子どもの心が追いつかずにパニックを起こします。そんな痛みだけは、避けたいものです。

「本当の父親」以外の男性の存在に、子どもはどう接すれば良いか悩むでしょう。その戸惑いや葛藤を母親がしっかり見て感じて、受け止めてあげることこそ、子どもが安心する一番の姿。自分の気持ちを母親に理解してもらっていることの実感が、「本当の父親以外の男性」の存在を少しずつ受け入れていく扉を開きます。

「本当の父親」の話を避けない

再婚すれば、当然ですが相手の男性と一緒に暮らすことになります。これまで血を分けた父親としか暮らしてこなかった子どもなら、新しく家族になった男性をどうしても「本当の父親」と比べることもあります。

「これ、お父さんの好きなおかずだったね」など、食卓を見てふと口にすることもあるでしょう。女性からすれば血の気が引くような場面かもしれませんが、そんなときこそ「そうだね」と肯定してあげましょう。「そんなことどうでもいいでしょ」と子どもの言葉を否定してしまうと、ただ意見を言っただけの子どもの心は大きく傷つきます。

「本当の父親」がいるのに、それを拒否してしまうのは子どもの反抗心を呼びます。そうなると新しい父親となった再婚相手を父親と認めるのは難しくなり、溝が深まるだけです。

最初は「本当の父親」の話題を持ち出していた子どもも、再婚相手との暮らしが落ち着いてくれば自然と「新しい父親」の存在を受け入れられるようになります。そのためにも、「本当の父親」の話は避けないことが肝心です。子どもの素直な気持ちを無視しないようにしましょう。

時間をかけて絆を作り上げていく

初婚同士なら、本人の心がけ次第で結婚生活は良くなっていきますが、ステップファミリーの場合は子どもの気持ちをしっかり考えてあげることが、幸せな家庭を作るために欠かせません。

未成熟な子どもの心は揺れやすく、敏感です。籍を入れる前に何度も接触を繰り返して同じ時間を共有し、「一緒にいること」が不自然でなくなるような距離感になるのが理想ですが、それには時間がかかります。

信頼は一朝一夕で得られるものではありません。「新しい父親」は、すなわち「大切な母親の好きな人」であるわけで、子どもにとっても手を伸ばしたいと思える存在でなければ、本当の意味で家族になるのは難しいのです。

時間を惜しまず、子どもの気持ちを汲んでいくこと。そんな姿が子どもの葛藤を消していきます。幸せなステップファミリーは、子どもの意思を尊重してこそかなうものだということを、忘れずにいたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子どもの教育について、夫と方針が食い違う。説明してもわかってもらえない。 子どもを大切に思う気持ちは同じです。ケンカになるのは、「どちらが正しいか」を競ってしまうから。「正解」ではなく「道」をふたりで見つけるには、何より子ども自身の幸せを考えることが大切です。 どうすれば意見を合わせることができるのでしょうか?


これでセックスレス解消! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】

これでセックスレス解消! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】

セックスレスを解消するにはどうしたらいい? 最近夫婦の夜の営みがの回数が減ってきたことには気づいていたけど、いつの間にかセックスレス状態へ。やっぱり寂しい・・・。セックスレスを解決のカギは「性欲」。性欲を呼び戻すために、食事やコミュニケーションなどを見直してみましょう。


セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

夫からの誘いを断って1年、すっかりセックスレスに。まったく私に手を出してこない夫だけど、もしかしてほかの女性と浮気している?そんな疑いを持ったときは、無理に浮気の証拠などを探すのは止めましょう。その前に、まずはあなたへの関心を取り戻すことが先!セックスレスから浮気を疑ったときの対処法についてお話します。


産後クライシスで離婚の危機⁉ そんな時は“両親”を上手に巻き込もう【幸せ夫婦コミュニケーション術 #69】

産後クライシスで離婚の危機⁉ そんな時は“両親”を上手に巻き込もう【幸せ夫婦コミュニケーション術 #69】

産後、心も体も不安定な時に子育てを手伝ってくれない夫。不満ばかり募って辛いけど、離婚するのはイヤ! そんな時は、自分の実家や夫の両親も育児に巻き込んで、味方になってもらいましょう。子どもが小さい頃からのお付き合いは、今後の生活にとっても大切です。両家との良いコミュニケーションについてお話します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

「このままでいいのかな...」と今の自分に「?」となることは誰にでもあることです。恋愛、仕事、人間関係etc.、とうまくいかない理由はさまざまです。自分では答えが見つからない、そんなときには映画に教えてもらうというのもひとつの方法です。欲しかった答えが見つかるかもしれないおすすめの映画をご紹介します。


懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

幼かったころ、お母さんやお父さんに読んでもらった絵本、大好きで何度も何度も読み返した絵本――。そんな絵本の思い出って誰にでもあるはず。そこで、忙しすぎて忘れていたあのころの気持ちを思い出させてくれるような絵本をピックアップしてみました。大人になった今だからこそ読み返して、ほっこり癒されてみませんか。


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

時間に日付など、あたりまえのように日々使っている数字。生活のなかに溢れている数は世界共通言語です。人生での様々な儀式も七五三、成人式、還暦、年忌法要と、死後も私たちは数と関わりあっています。数の力を知る事で世界は違った彩りをもち、興味深いものになります。そこで数秘の世界観とはいったいどんなものなのかご紹介します。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google