養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】子どものことは可愛がってくれる夫ですが、金銭に対してはシビアで、子育てにあまりお金をかけたがりません…。

【お悩み】習い事をさせてもらったり誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどをもらったことのない夫は、子どもたちにお金をかけることを嫌います。私には、幸せな誕生日やクリスマスの記憶があり、子どものイベントや行事は大切だと思っています。また、子どもがやりたがることはやらせてあげたいと思っています。どうしたら夫に子どもにお金をかける大切さをわかってもらえるでしょうか。(Kさん・37歳)

教育方針に「正しい・間違い」はない

Kさんのご主人は、我が子のことは可愛いがっているのですね。
それは、世界中どの親も同じ。自分の血を継いだ分身なのですから、可愛くて当たり前ですよね。

のびのびと育てたい。
習い事は何でもさせたい。
安心安全の環境で育てたい。
田舎で野生児のように育てたい。
洗練された刺激的な環境が大事。
本人にやりたいようにさせたい。


など、教育方針は家庭によっていろいろです。

夫婦問題カウンセリングを行っている私のところには、教育方針を巡って夫婦喧嘩が絶えず、相談に見える方も少なくありません。

「私の方が正しいと思うのですが」
「私の言っていることは間違っているでしょうか」


そう訴える方も多いのですが、教育方針に「正しい・間違いはない」というのが私の考えです。

人は、教育以外にも、家庭や学校の環境や家族、先生、友人など人との関わり、書籍、音楽など文化に接しながら、さまざまな影響を受けながら生きていきます。将来のことは誰にも予測できませんし、誰もジャッジはできないと思うのです。やり方に正否はなく、子ども自身が自分らしさを発揮して生きていくことができれば、それがいちばんなのではないでしょうか。

我が子を大切に育てたい思いは共通

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さて、Bさんのケースですが、お金の使い方に関して夫婦で意見が異なるのですね。

夫婦はもともと他人同士ですから、それまでの生育歴や環境によって、考え方が異なることは往々にしてあります。むしろぴったり同じ方が珍しいでしょう。金銭感覚や価値観もひとりひとり違います。

教育方針で意見が異なるときは、話し合いしかありません。
感情論で話し合うと、喧嘩になってしまいます。言い争いが始まると、ますますエスカレートして、本来の目的を見失ってしまいます。何にも代えがたい我が子の存在。大切に育てたいという思いは、ふたりとも共通しているのですから、お互いにそのことを認めた上で、我が子をどう育てていきたいのかを冷静に話し合ってほしいと思います。

どんな大人になってほしいと望んでいますか

Bさんが大切にしたいことを改めて考えてみてください。

子どもの頃、家族に誕生日を祝ってもらったり、プレゼントをもらったりすることが、Bさんにとって、とても幸せな時間だったのですね。具体的には、どのように嬉しく感じたのでしょうか。習い事をしたことで、どのようないい影響があったのでしょう。

Bさんが考える育児で大切なことを、ご主人に丁寧に説明することで、理解が得られるかもしれません。家族からの愛情を感じたのだとしたら、その幸せな思いを得るために、どのくらいのお金が必要なのか、それは、お金をかけなくてはできないことなのかなどを検討する必要があります。

「子どもがやりたがることはやらせてあげたい」という気持ちもわかりますが、お金には限りがありますし、子どもの言いなりになるのではなく、親の思いや限度額も明確にしたいところです。

お金をかけることが育児に最善ということはありません。目先のことだけに囚われるのではなく、我が子にはどんな大人になってほしいのか、親の気持ちの押し付けになっている部分はないかも含め、育児を長期的に捉えてほしいと思います。

夫婦の思いを一致させることこそ大切

理想は、夫婦で育児方針を一致させることです。そうでないと、子どもが混乱してしまうからです。そのためには、妥協しなければならないところもあるかもしれませんが、大きな目で見ると、そのことで大きな支障になることはないでしょう。むしろ、夫婦の意見が合わず、絶えず育児方針を巡って喧嘩ばかりしている居心地の悪い家庭の方が問題で、子どもに悪影響を与えてしまうでしょう。
夫婦で意見が違ってもいいのです。話し合って解決する姿を子どもに見せることこそが大事です。
今後も決めなければならないことがいろいろ起こりますが、子ども自身が、イキイキと楽しそうにしていること、集中していることは何かを知り、見守り応援するのが親の役割なのだと思います。

今は成人しましたが、私にとって、ふたりの子どもの子育て期はあっという間でした。子どもは、大きくなると、自ら意見や希望を話すようになります。本来育児は楽しいものです。夫婦が穏やかに話し合える関係性を維持することに意識を向け、親自身も楽しんで、のびのび大らかに子育てをしてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


悔しい!「夫の浮気は私のせい」と言われました【夫婦問題お悩み相談室 #30】

悔しい!「夫の浮気は私のせい」と言われました【夫婦問題お悩み相談室 #30】

夫の浮気、心がざわつきますよね。自分は悪くないのになんでわたしばっかり嫌な思いをしなければいけないの!?ただでさえ辛い思いをしているのに、姑から「そうなったのはあなたのせい」と言われたら、なおさら悔しいですよね。そんなやるせない思いを抱えている妻からのご相談です。


アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター