パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

Q.パートナーとは定期的にセックスがあります。ですが、一人の時間に楽しむ“セルフプレジャー”も好きです。40歳もすぎてこんなに性欲が強いなんておかしいのでしょうか?

パートナーとはセックスの相性もいいし、とても満足しています。それなのに、ほぼ毎日、セルフプレジャーをしています。以前から性欲は強かったのですが、40歳を過ぎてもこんなに性欲があるなんて、おかしいでしょうか?

どんな自分も愛することができる

パートナーとの関係性も満ちていて素敵なラブライフを送られているなんてとても素敵ですね!「セルフプレジャーが好き」ということは自分を愛でることに積極的である、と考えるのはどうでしょう?

私たちはついつい“他の誰かと比べたがる”本能を持っています。特に女性は【比較するのが本能】という部分があります。

ですが、もしも比べるならば【自分自身の過去】と比べることをお勧めします。自分がどんな状態であっても最後まで人生を添い遂げるのは自分だけなんです。ですから、どんな自分も愛すること、そして体を愛でているセルフプレジャーを否定しなくていいんです。

もしかしたら、若いときの方がもっと性欲が強かったかもしれませんし、逆に若い時よりも性欲が増えている…というケースもあります。自分の感覚に敏感になって自分の体の声に耳をすませて自分を慈しんでいきましょう。

性欲が40代になって強くなった…と感じる人へ

じつは40代から女性の性欲が強くなるというケースはあるんです。なぜかというと仕事や家庭生活のなかで周りを優先して、自分のことよりも大切なことと突っ走ているときよりも、子離れしたり仕事が落ち着くなどして、自分の事に目を向ける余裕が生まれると性欲が強くなる場合があります。

また、女性ホルモンが減少し始めることで、逆に男性ホルモンを感じるようになり、性欲が強くなるケースもあります。しかしこれらは個人差があるので、そう感じる女性がいればまったく逆の女性もいます。ですが、一つ言えることは「性欲が強いのは自分だけではない」ということです。

人それぞれ環境もDNAもメンタルも全員違いますから、自分自身の状況を自分が俯瞰してみられるような視点を持つことが一番大切です。

新しいパートナーシップの構築へ

Getty logo

今回のご質問はパートナーとの関係性が円滑なケースですが、パートナーシップもまた40代から変化していく場合があります。20代30代は授かりを待つようなセックスだったのが、一緒に愛する感覚を確かめ合い、楽しむプレジャーなセックスを楽しむことができる世代にもなってきています。

ここで大切なのが、もし授かりを希望しない場合はぜひIUS(子宮内挿入避妊具)などを使うバースコントロールをすることです。パートナーが決まっているならば感染症予防よりもバースコントロールを優位に考えて一緒にラブライフについて語り合うことができる関係性であってほしいと思います。たとえば、妊娠をすることの不安を抱えながらセックスをするのと、不安なくセックスするのではどちらがよりセックスを楽しみ快感を得ることができると思いますか?

以外かもしれませんが、中絶をしている数は10代よりも40代の方が多いのです。(H28年は1万7千人)中絶自体を否定しているのではなく、中絶というできごとがどれだけ女性の心と体を深い悲しみに沈めていくか忘れないでいてほしいです。

喜びと愛に満ちた関係性のためにバースコントールに積極的になってください。パートナーが避妊手術をするという選択肢だってあってもいいのです。なんでも語れる関係性で体だけでなく、心から信頼関係をもっていてほしいと思います。安心で心地よいラブライフをぜひこれからも楽しんでくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google